【スポンサードリンク】

« 天上の花園 | メイン | 彼女のスタイル »

2014年03月25日

冬のソナタ 第25話あらすじ(最終回)

サンヒョクは、もう一度やり直したいとユジンに告げる。父チヌにも協力を頼むが、チヌからチュンサンが自分の息子であることを告白される。 焦りを感じたサンヒョクは、ユジンと一緒にフランスに留学すると言い、チュンサンにもユジンを説得するように詰め寄る。 チュンサンはユジンを呼び出し、会うのは最後にしようと言って別れる。チュンサンが事故の後遺症で命の危険があり、 アメリカで手術を受けることを知ったサンヒョクは、ユジンを連れて空港に急ぐが間に合わない。--- 3年後、フランス留学から戻ったユジン。 以前に自分が設計した"不可能な家"が存在することを知り、そこを訪れてみることに。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第24話あらすじ

ユジンは、自分とチュンサンが兄妹であると聞かされ、急いでチュンサンのアパートに向うが、ミヒからもチュンサンのことは諦めるよう言われる。 チュンサンにも問いただし、兄妹であるという真実に絶望したユジンは、チュンサンとの別れを決意し、会社も辞める。一方、チュンサンは頻繁に倒れるようになり、精密検査の結果、事故が原因で脳内に血腫ができていることが判明。 一刻も早く手術を受けないと失明の恐れがあり、命の危険もあると宣告される。サンヒョクの父チヌは検査結果から、 チュンサンは本当は自分の息子であるという事実に気づく。チヌから事実を聞かされたチュンサンは、母親のねじれた母性愛の前に悔し涙を流す。 居てもたってもいられず、ユジンのアパートの前に来たチュンサン。しかし、そこではサンヒョクが「もう一度やり直そう」とユジンに告白していた。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第23話あらすじ

チュンサンはユジンと別れることを決意し、最後の思い出に二人で海へ出かけた。 チュンサンは電話をかけてユジンを迎えに来るようにサンヒョクに頼み、ユジンからプレゼントされたカメラやコインなどをすべて海に投げ捨て、ユジンのもとを去る。 一方、一度はチュンサンが自分の息子ではないかと疑ったものの納得したチヌだったが、まだ何かが引っかかっていた。 ひとり戻ったユジンの元へサンヒョクの母チヨンがやってきて、「兄妹だったのは気の毒だけど、もうサンヒョクと会うのは許さない」と言い、ユジンは真相を知ってしまう。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第22話あらすじ

サンヒョクの父チヌが二人の結婚を反対していることを聞き、自分のせいかと詰め寄るサンヒョクは、そのチヌから思いもよらない真実を聞かされる。 母から自分の父がユジンの父ヒョンスであると聞き出したチュンサンは思い詰め、ユジンに今すぐ2人だけで結婚式を挙げてしまおうと迫る。 チュンサンは神に背き、<妹>であるユジンと2人だけの結婚式を挙げようとする。そこへサンヒョクが現れ、ユジンを連れ去る。 ユジンに責められるサンヒョクだが、何も知らないユジンに本当の理由を言えるはずもなく、「君を結婚させたくなかった」とウソをつく。 チュンサンは母ミヒに「別れなければユジンに真実を話す」と詰め寄られる。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第21話あらすじ

ユジンとチュンサンは結婚の許しをもらうためユジンの母に会いに行くが、結婚を反対されすぐに追い返されてしまう。 ひとり残ったユジンは、母からチュンサンの母ミヒとユジンの父ヒョンスが、昔婚約していた仲だから二人の結婚は許されないのだと諭される。チュンサンにもその事実を伝えるユジン。様々な思いを振り切りチュンサンに対して友人として接することができるようになったサンヒョクは、 チュンサンを訪れ二人の結婚を祝福する。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第20話あらすじ

高校時代の記憶をほぼ取り戻しはじめたチュンサンだったが、まだ思い出せない記憶に漠然とした不安を感じていた。 自分の誕生日が明日であることを思い出したチュンサンは、10年分のお祝いをしようと大量に食料を買い込み、 キム次長だけをお祝いに誘っていた。本当は仲間を招待したいと思っているチュンサンの気持ちを察したユジンは、 仲間を集めチュンサンの誕生日を祝った。その頃ミヒは、ユジンの父が自分の高校時代の同級生ヒョンスであることを知り、 そしてチヌも、チュンサンとミニョンが同一人物で、その母がミヒであることをサンヒョクから聞く。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第19話あらすじ

退院したチュンサンは、アパートを借りてユジンとのつかの間の幸せを楽しむ。高校時代の恩師パク先生がソウルへやって来て、ユジンら生徒を呼び出す。 ユジンが先生を驚かせようとチュンサンを連れて現れると、険悪な雰囲気が漂ってしまう。 翌日、早く記憶を取り戻したいチュンサンは、ユジンを誘ってチュンチョン行き、二人の思い出の場所を巡るがはっきりとした記憶は戻らない。 ユジンは大晦日に待ち合わせした場所にチュンサンを連れて行く。そこで雪が降り出し、チュンサンは大事な記憶を思い出す。 それは大晦日にユジンに伝えたかった「愛している」という言葉だった。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第18話あらすじ

トラックにひかれそうになったユジンをかばいはねられるミニョン。 病院に運ばれるが意識不明の重体。 そんなミニョンのそばを離れようとしないユジン。しばらくしたある日、ミニョンは目を覚ましてユジンにこう呼びかけた「ユジン」。 目を覚ました時にはチュンサンだったのだ。昏睡状態から目覚めたミニョンは、自分がチュンサンだった記憶を取り戻すが、 ユジンのこと以外はあまり思い出せない。そんな二人をみてサンヒョクは、ユジンの幸せを願い、ユジンとの結婚を正式に諦める。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第17話あらすじ

ユジンはチェリンの店でウェディングドレスを試着中、偶然ミニョンに出くわす。その後、ポラリスへ出社したユジンは、 ミニョンからの「初めて」のCDと手紙を渡される。手紙を読んだユジンは、ミニョンがチュンサン本人であることに気付き、 アメリカに発つミニョンを追い空港へ急ぐ。ミニョンを見つけたユジンは「チュンサン」と呼び、二人は抱き合う。 二人はホテルに戻り話し合うが、ミニョンはチュンサンとしての記憶がない自分は、チュンサンではないと実感し、翌朝ユジンを置いて再び旅立とうとする。 目覚めたユジンはミニョンを追うが…。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第16話あらすじ

ミニョンは自分がチュンサンであることを告げるが、ユジンは信じようとしない。逆に、ユジンから自分と チュンサンの違いを突きつけられたミニョンは、記憶のないチュンサンという名前に意味はないと悟る。 ミヒから事故で記憶喪失となったチュンサンに、ミニョンとしての記憶を植え込んだ理由を告白されたミニョンは、母の苦悩を知る。 ミニョンはチュンサンの記憶を取り戻そうと、チュンチョンの家や高校でチュンサンの足跡をたどるが、記憶は戻らない。 そして、自分の記憶があるアメリカに帰り、二度と韓国に戻らないことを決意する。ミニョンはそのことをサンヒョクにだけ告げユジンを託す。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第15話あらすじ

ユジンからミヒがミニョンの母だと聞いたサンヒョクは、ある疑問が湧き高校にチュンサンの生徒記録簿を確認しにいく。 一方自分の過去を探るため、ミニョンもチュンチョンにあるチュンサンの家を訪れ、そこで何故か母ミヒと出くわす。 ミニョンがミヒにチュンサンのことを問い詰めると、ミヒは謝り、ミニョンを「チュンサン」と呼ぶ。 ミニョンは精神科医を訪ね、自分が事故で記憶喪失になり、ミヒの願いでイ・ミニョンとしての記憶を植え込まれたという真実を聞かされる。 ミニョンがチュンサンだと確信しはじめたサンヒョクは、ミニョンに「ユジンをあきらめてほしい」と懇願する。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第14話あらすじ

自分の過去の記憶に悩むミニョンを見かねたチェリンは、ユジンに助けを求める。ユジンはミニョンに会い、 ポラリスのネックレスを返し別れを告げる。偶然それを見てしまったサンヒョク。 翌日、偶然ミニョンがいる店にユジンと入ったサンヒョクはユジンを信じ切れずに怒りを爆発させ、 彼女を夜の町に置き去りにしてしまう。しかし、ユジンのサンヒョクを案ずる言葉に誤解も解け、 ユジンの亡き父の誕生日に、ユジンとサンヒョクはその墓前に結婚の報告に向かうが、 そこには新しい花が供えられていた。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第13話あらすじ

サンヒョクを見舞おうとしないユジン。ミニョンはユジンをサンヒョクが入院する病院へ送り届ける。 サンヒョクを見舞ったユジンは、本当に死のうとしている姿に良心がとがめ、 サンヒョクの元に戻ることを決める。 ユジンは最後にミニョンに愛を伝え、スキー場の仕事も辞め、ミニョンからのプレゼント、ポラリスのネックレスを つけたままソウルへ戻る。 サンヒョクとの結婚を選択したユジン。休暇をとり別荘を訪れた傷心のミニョンは、偶然湖で出会った男から、 20年前助けたチュンサンという子供の話を聞かされる。母ミヒから7歳の時にアメリカで溺れたと聞いていたミニョンは、 自分の記憶に疑問を感じ始める。ミヒのピアノ・リサイタルがソウルで行われ、取材のために会場へ出向いたサンヒョクは、 父チヌがミヒに「カン・チュンサンは君の息子ではないか」と問いただすのを立ち聞きしてしまう。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第12話あらすじ

突然の結婚宣言にユジンは「結婚はできない」と言いその場から逃げ出す。追いかけてきたミニョンはユジンをつかまえ、 「もう二度と離さない」と言い、ミニョンの別荘へ連れていく。 そこにはミニョンの母、ピアニストのカン・ミヒがいたが、 ミヒの様子はどうもおかしい。ミニョンと生きることを決めたユジンは、ミニョンにチュンサンから教えられたポラリスの話をし、 ミニョンはポラリスをかたどったネックレスをユジンにプレゼントする。 一方、ユジンから別れを告げられたサンヒョクは、生きる希望を失い体調を崩し入院していた。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第11話あらすじ

サンヒョクに連れこまれたホテルから飛び出したユジンは、探しに来たミニョンと一緒にスキー場へ戻る。 翌日、謝罪するサンヒョクに、ユジンは婚約解消を申し出る。そしてミニョンにも好きだと告白するが、 どちらかを選ぶことはできない、それが自分の選択だと伝える。一方、サンヒョクはユジンのいるスキー場からラジオ公開放送を企画。 自分の両親やユジンの母、友人らをスキー場に招待し、そこでユジンに断りなく、皆の前で一方的にユジンとの結婚を宣言する。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第10話あらすじ

ユジンは何とかサンヒョクとの関係を修復しようとするが、疑念の晴れないサンヒュクは取り合おうとしない。 一方、ミニョンに別れを告げられ、ユジンへ怒りを向けるチェリンは、サンヒョクの母チヨンの元を訪ね、 自分の恋人ミニョンとユジンの仲が疑わしいと吹き込む。サンヒョクは嫉妬と疑念から、酔った勢いで無理矢理ユジンをホテルへ連れ込みベッドに押し倒そうとする。 そんなサンヒョクから、泣きながら逃げるユジン。 ユジンを傷つけたことで、サンヒョクは自己嫌悪にかられる。 ミニョンはユジンの窮状を察し、ユジンを捜しにソウルへ。彼女のところに駆けつけ、思わず自分の腕に引き寄せる。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第09話あらすじ

ミニョンは、ユジンのチュンサンに対する深い想いを知るにつれ、ますますユジンに心惹かれていく。 ミニョンとユジンは、山頂のレストラン改装の下見に出かけるが、吹雪が強まりゴンドラが運転を停止、 二人は山頂に取り残され一夜を過ごすことになる。ミニョンは、そこで思わず自分の想いをユジンに告げてしまう。 その頃、山のふもとには、二人を心配してサンヒョクたちが駆けつけていた。翌朝、ミニョンはユジンに誰を愛しているのかと詰め寄るが、 そこへサンヒョクが現れ、答えることができないユジンを無理やり連れて行く。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第08話あらすじ

本当に自分がチュンサンとそっくりなのだと知ったミニョンは再びスキー場へ向かう。 しかし、たどりついたミニョンの上に工事の資材が倒れてきて、ミニョンをかばったユジンが下敷きになる。 ユジンは軽症ですんだものの、駆けつけたサンヒョクとチェリンは複雑な思いにかられる。 ミニョンに似たユジンの初恋の相手が本当にいたことを秘密にしていたチェリンの嘘を知ったミニョンは、 チェリンに別れを切り出す。そして、ユジンに今までの誤解を謝り、もう一度初めからやり直そうと提案する。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第07話あらすじ

ユジンとポラリスの同僚と、ミニョンとキム次長がバーで偶然会い合流する。 告白ゲームで「初恋の人は」 と責められたユジンは、飲めない酒を飲み泥酔。メンバーが帰り、ミニョンは仕方なく 泥酔したユジンを自分のホテルへ連れて帰る。 目が覚めたユジンは、眼鏡を外したミニョンを見てつい「チュンサン」と言ってしまう。 チェリンから聞いていた通りの作り話しで男を誘惑するユジンを嘲笑するミニョン。酔いがさめたユジンは、ミニョンの発言に激怒して帰る。 そんな中、スキー場での工事が始まる。お互いに失望したままのユジンとミニョンは、仕事と割り切って接することにするが、 職人たちやユジンの同僚から聞くユジンの人柄が、チェリンから聞かされたものとかけ離れているため、ミニョンはユジンの真の姿がどちらなのか混乱しはじめる。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第06話あらすじ

チェリンは恋人ミニョンとユジンの仲が心配になり、ミニョンに「ユジンは昔から服も恋人も、 何でも自分のマネをする」と吹聴する。ユジンがミニョンとの仕事を隠していたことを知ったサンヒョクは、 一度は仕事を辞めるようユジンを責めるが、後に「それでは自分がチュンサンに負けたことになる」 と思い返し仕事を続けるようユジンを励ます。ある日、ユジンは<マルシアン>の創立記念パーティーに招待される。 着ていくドレスがなく困っていることを知ったチェリンは、ある画策を思いつき、そして更に追い打ちをかけるように、 「ユジンはあなたが初恋の人に似てるって言うかもしれないわ。それが彼女の手なの」とミニョンに告げる。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第05話あらすじ

スキー場改装の担当になったユジンは、できるだけ事務的に接しようとするが、ミニョンの笑顔や言動に チュンサンの面影を重ねてしまい心を揺らした。ある日、ミニョンとユジンは改装するスキー場の視察へ 出かけることになったが、サンヒョクにはミニョンと仕事をすることを言えず、嘘を重ねてしまう。 更に、そのことを知ったチェリンが、偶然を装い、二人が食事をするレストランに現れ、 ミニョンとユジンが一緒に仕事をしていることをサンヒョクに暴露してしまう。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第04話あらすじ

ユジンはチュンサンにそっくりの男性の後を追い街中をさまよう。婚約式は中止になってしまい、後日、 婚約式を同級生の計らいで故郷の高校でやり直すことになる。しかし、そこにフランス帰りのチェリンが 連れてきた恋人のイ・ミニョンはユジンが街で見かけたチュンサンに似た男性だった。ミニョンは、 ユジンが担当することになったスキー場改装の取引先<マルシアン>の新しい責任者だった。 動揺するユジンだったが、ユジンに興味を持ちはじめたミニョンは、ユジンを担当者に付けることを契約条件に入れてくる。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第03話あらすじ

ユジンの家でアルバムを見て自分の母とユジンの父の関係を知ってしまったチュンサンは、その衝撃から韓国を離れようとするがユジンとの約束を思い出し引き返すが…。 チュンサンと約束したデートに待ちぼうけを食わされた翌日、学校へ行ったユジンは、 チュンサンの事故死を知らされ愕然とする。そんなユジンの元に、チュンサンが弾く「初めて」が録音されたテープが遅いクリスマス・プレゼントとして届けられていた。--- 10年後、ユジンは設計事務所<ポラリス>で働き、 ラジオ局のディレクターとなったサンヒョクと婚約していた。婚約式の当日、ユジンは街でチュンサンそっくりの男性を見かける。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第02話あらすじ

授業をサボり湖畔に遊びに行った翌日、チュンサンとユジンがクラスで噂になる。面白くないサンヒョクは、 チュンサンが自分の父チヌに会っていることを知り、「自分への嫌がらせのためにユジンに近づいたのか」とチュンサンに詰め寄り、 思わずそうだと答えてしまった会話を聞いたユジンは深く傷つく。気まずい関係のまま、週末はチュンサンも加わり仲間6人で山小屋へキャンプに行くことになる。 先日の誤解を解こうとするチュンサンに聞く耳をもたないユジンは、口論の末逃げ出し、山の中へ入り迷子になってしまう。そんなユジンをはじめに探し出したチュンサンは 「山で道に迷ったら、まずポラリス(北極星)を見つける」と教え二人の手は結ばれる。戻ってきた二人の様子に傷ついたサンヒョクは、だまされているとユジンに忠告するが、 逆に「自分がチュンサンを好き」と言われてしまう。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。

冬のソナタ 第01話あらすじ

チョン・ユジンは天真爛漫で成績優秀な高校2年生。 同じクラスの幼なじみで正義感の強いクラス委員長のキム・サンヒョク、 美しさが自慢のオ・チェリン、おっとりとして愛嬌のあるコン・ジンスク、 お調子者のコン・ヨングクら、放送部の仲間と楽しい高校生活を送っている。 ある日、カン・ジュンサンという陰を帯びた大人しい青年が転校してくる。 チュンサンは、国際的ピアニストのカン・ミヒを母に持つ数学の天才。 一人孤立しているような態度のチュンサンは、ある1枚 の古い写真を手がかりに、名前も知らない自分の父を探しているのだった。 はじめはチュンサンのことを冷たいと思っていたユジンは、 夜道で酔っ払いに絡まれたところを助けられる。

以前・以後のあらすじは、冬のソナタ 韓国ドラマデータベースから見れます。