【スポンサードリンク】

« 愛もお金になりますか? | メイン | 愛を信じます »

2014年07月14日

愛よ、愛 第88話あらすじ(最終回)

スンヒの容態が急変し、危険な状態に。ミョンジュは取り乱して病室に向かう。スンアはスンヒの部屋で自分の記事を集めたスクラップを発見。スンヒの手を取り「姉さん」と呼びかけるのだが…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第87話あらすじ

ミョンジュはなぜ手術を拒否するのかを問うノギョンに、スンヒとの関係を明かす。一方、事情を知ったスンアがスンヒの決断を支持。断固反対するヤンジャを説得する。そして手術の日が決まった。
テボムが病院に現れた。スンヒは自分の身を案じる夫の姿を喜び、手術台に向かう。テボムは手術の成功を見届けると検察に出頭。一方、スンアは記者会見を開き、真実を話して引退を宣言する。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第86話あらすじ

スンヒの呼びかけで目を覚ましたミョンジュ。ようやく母子としての対面を果たすが、直後にミョンジュが発作を起こす。スンヒは臓器移植をすれば治る可能性があると知り、医師に提供を申し出る。
スンヒは黙って消えたことを責めるテボムに、ノギョンが兄だと明かして誤解を解こうとする。スンヒが腎臓を提供しようとしていると知ったヤンジャはミョンジュを見舞い、手術を断ってほしいと頼む。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第85話あらすじ

ミョンジュは腎臓移植が必要なほど容態が悪いと判明。無意識にスンヒの名を呼ぶミョンジュに、ユンシクは心を痛める。そこへ、テボムと日本に行くことを決めたスンヒから別れの電話がかかってくる。
スンヒが病院に現れた。スンヒが実の孫だと知ったジョンスンはスンヒに会い、これまでのことを詫びる。一方ヤンジャは、夫とスンヒが自分よりもミョンジュを心配することに憤り、不満をぶつける。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第84話あらすじ

マンボク堂に現れたミョンジュに問われたユンシクは、すべてを明かし、ミョンジュはこれまでの態度を悔いて涙を流す。一方、テボムはスンヒを連れて釜山に潜伏、2日後に密航する手はずを整える。
ミョンジュが意識を失って入院する。スンヒは夫が日本へ密航する気だと知って反対するが、逆に僕を愛するなら一緒に行ってくれと懇願される。ノギョンは医師から母の容態が深刻だと聞かされて…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年07月07日

愛よ、愛 第83話あらすじ

スンヒはすべてを知ったヤンジャに会うためにタミウルへ戻った。ノギョンはテボムが現れるのではないかと、スンヒを追う。一方、スンヒが聞慶生まれと聞いたミョンジュにある疑惑が生まれる。
ヤンジャが家を出て行った。ノギョンがテボムを守るために逮捕を急いでいると知ったスンヒはこれまでの誤解を詫び、必ず自首させると告げる。意を決したスンヒはテボムとの待ち合わせの場所に向かう。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第82話あらすじ

コプタンから赤ん坊の特徴を聞いたヤンジャは、スンヒらに黙ってタミウルに戻った。元気のないヤンジャを気遣いながらも、子供は死んだと言い続けるユンシクらに、ヤンジャは怒りを爆発させる。
ヤンジャは20年間騙されていたことの憤りと悲しみから、マンボク堂を出るとユンシクに告げる。ついに指名手配されたテボムは、スンアの手引きでスンヒに再会すると「一緒に逃げよう」と言う。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第81話あらすじ

テボムはスンヒから帳簿を受け取ると、議員を呼び出して脅迫する。業を煮やした議員はノギョンに接触し、捜査協力を申し出た。息子が犯罪者と信じたくないマルニョンは、スンヒのせいだと責め立てる。
サムチュはテボムの病のことをマルニョンに告げ、スンヒを責めるなと頼む。夫とミョンジュの間に子供がいたことを知ったヤンジャは、偶然ミョンジュが刺繍した産着を見て、胸騒ぎを覚える。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第80話あらすじ

テボムが召喚状を無視して姿を消した。スンヒはテボムが心の病気にかかっていることをノギョンに告げ、善処を頼む。一方テボムは議員に裏帳簿の存在を明かし、ノギョンを消すように脅す。
テボムがスンヒの前に現れた。スンヒは一緒に検察に連れて行こうとするが、自分で解決する、と再び姿を消した。ユンシクは、ヤンジャにもスンヒが実子と告げようと考えるが、クムニョらが反対する。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第79話あらすじ

議員から圧力がかかり、テボムは釈放された。ジョンスンから、なぜ子供は死んだのか?と問われたヤンジャは困惑する。ユンシクは、相手は認知症だととぼけるが、ヤンジャはクムニョにも相談する。
テボムに出頭命令が届いた。ノギョンから捜査のことを聞いたシム社長はテボムに解雇を告げるが、逆に会社も無事では済まないと脅される。クムニョはユンシクからスンヒが実子だと告げられて…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年06月30日

愛よ、愛 第78話あらすじ

祖母を迎えに行ったノギョンは、ミョンジュとユンシクの間に赤ん坊がいたことを知ってしまう。テボムは工房にノギョンの名札が落ちているのを見つけ、再びノギョンとスンヒの間を疑い始める。
ノギョンはテボムを収賄容疑で連行する。クムニョはスンヒに電話し、ミョンジュと会うことを禁じる。娘が不憫で一人で酒を飲むユンシクは、偶然居合わせたサムチュに、スンヒは実子だと告げる。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第77話あらすじ

ノギョンはスンアに、スンヒの出生を確かめるが、自分なら別れなかったと言われ気落ちする。ヨンホンは会社の会計報告書に疑問点を見つけ出す。一方、遂に外交使節団用工芸品の審査会の日がやってきた。
ミョンジュとスンヒの韓服対決は引き分け再審査となった。そんななか、ジョンスンが行方不明となる。心配するノギョンのもとにスンヒから連絡が入り、ノギョンはスンヒの工房に祖母を迎えに行く。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第76話あらすじ

テボムは、スンヒがノギョンと会っているところを目撃。帰宅したスンヒを激しく責める。その頃、スンヒが捨て子だと夫に知られたことを心配したユンシクはミョンジュに真実を話そうと上京する。
工房でユンシクと遭遇したミョンジュの母は、コプタンに頼んでユンシクを呼び出し、赤ん坊のことを聞こうとする。テボムは議員との癒着を指摘するノギョンに、スンヒが実子ではないこと明かす。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第75話あらすじ

スンヒとミョンジュが一緒の姿を見たマルニョンは激怒、工房を閉めろと言い出した。テボムもスンヒへの不信からスンヒに冷たい態度を取り続ける。一方、ノギョンは苦しい胸の内を母に告白する。
帰省したスンアはノギョンが好きだと家族に告げた。ユンシクは娘を応援できなくてすまないが、今回は諦めてほしいとスンアに頼む。テボムは議員への政治資金を用意してさらに関係を深めていくが…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第74話あらすじ

ヤンジャは会見でうそをついたスンアを心配して上京するが、スンアからノギョンが好きだと告白され困惑する。ノギョンは、元検事の議員から平和建設に対する捜査中止の圧力をかけられてしまう。
ミョンジュとスンヒは韓服をテーマに競うことになった。ノギョンはテボムに会い、スンヒのために捜査を中止するが次はないと伝える。ノギョンとの過去に疑いを抱くテボムは酒に酔って帰宅する。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年06月23日

愛よ、愛 第73話あらすじ

ミョンジュが審査を棄権すると聞きつけたスンヒは工房へ。スンアは自分の生い立ちについて記者会見をする。平和建設を訪れたノギョンは、社長からテボムが入札のすべてを担当していると知る。
ノギョンは検事としてテボムの前に現れ、贈収賄の被疑者になる前に捜査協力しろというが、テボムは復讐のつもりかと一蹴する。マルニョンは言うことをきかないスンヒに対し怒りが募るようになる。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第72話あらすじ

テボムはスンヒの工房からノギョンが出ていくところを目撃し、気分を害する。一方、スンアが養護施設出身だという記事が新聞に載った。スターになりたいスンアは、嘘を突き通したいと家族に言う。
ミョンジュとスンヒの作品が外交使節公式記念品の最終審査に残り、2人は競い合うことに。ノギョンの元に平和建設の汚職の情報が入り捜査が始まる。マルニョンはスンヒが実子ではないことを知り…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第71話あらすじ

スンヒがテボムと結婚して1年。スンヒは復学を辞めて小さな工房を営み、スンアは売れっ子タレントに成長する。そんなとき、米国研修を終えたノギョンが、母と祖母が暮らす家に戻ってくる。
ノギョンは街でスンヒとすれ違うが、素知らぬふりをして去る。一方、テボムはヨンホンからノギョンの帰国を知らされ不安を抱くように。ヨンホンは父がテボムに頼りすぎていることを危惧する。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第70話あらすじ

高熱を出したノギョンが緊急入院。ノギョンはうわごとでもスンヒの名を呼び続ける。一方、テボムは社長から業務復帰を許された。スンヒはテボムが精神疾患を患っていることを知り、責任を感じる。
ソウルから戻ってきたスンヒが、いきなりテボムと結婚すると言い出した。ユンシクは道理が通らないと反対するが、スンヒの決心は固い。噂を聞きつけたノギョンとミョンジュがタミウルにやってくる。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第69話あらすじ

スンヒはノギョンに、自分たちは許されない仲だ、と告げて去っていく。飲み屋でケンカしているノギョンを、偶然スンアが発見。一晩介抱したスンアは不憫に思い、スンヒにノギョンの居場所を告げる。
ノギョンから最後のお願いだと言われたスンヒは、一緒に海へ向かった。思いつめたノギョンは「母とも縁を切るから2人だけで結婚しようか」と言い出す。心を痛めたスンヒはミョンジュに連絡する。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年06月16日

愛よ、愛 第68話あらすじ

スンヒはミョンジュを追って真実を明かそうとするが、ちょうどヤンジャが通りかかり、話を止めて改めて別れを告げた。家に戻ったミョンジュはノギョンに、自分のせいだと詫び、泣き続ける。
テボムから、結婚したい、と聞かされたスンヒは「今の話は忘れる」と告げる。療養所ではミョンジュの母の記憶が奇跡的に回復、母子の再会を祝う。スンヒを諦めきれないノギョンは、タミウルに向かう。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第67話あらすじ

スンヒは、自分がミョンジュの娘であり、ユンシクの実子だと知ってしまった。スンヒは訪ねてきたノギョンの前からも姿を消してしまう。みんなでスンヒを捜すなか、見つけたのはテボムだった。
スンヒは「愛してるけどつらい」と別れを告げ、サボテンを返す。シム社長は、テボムが戦争の後遺症を患っていることを知る。マンボク堂を訪ねたミョンジュはスンヒに、愛をあきらめるなと告げるが…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第66話あらすじ

療養所で、ミョンジュの母から赤ん坊のことを聞かされたスンヒは、コプタンに真実を確かめようとするがはぐらかされる。一方、極端な人事を行い、社長の怒りを買ったテボムは自宅待機を命じられる。
スンヒは、コプタンから赤ん坊をユンシクの家に置いてきたと聞き、自分がミョンジュの娘なのではないかと考え始めて、ノギョンとのデートを断りふさぎ込む。一方、テボムはマンボク堂を訪ね…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第65話あらすじ

ノギョンに、結婚を反対する理由をすべて話したクムニョ。スンヒにも育てた恩返しのつもりで結婚をあきらめろと告げる。出社したテボムは、婚約を断り社長を怒らせたうえに、手の震えを指摘される。
ミョンジュは、ノギョンがすべてを知ったことを知り心を痛めるが、それでも自分の二の舞にはしたくないとノギョンを応援する。一方テボムは深刻なPTSDに悩まされるようになっていた。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第64話あらすじ

タミウルに戻ったスンヒは父から衝撃の事実を知らされた。ノギョンから、スンヒへの愛を貫くと涙ながらに訴えられたヤンジャは急いで帰宅。結婚をあきらめるべきかと言い出した娘を慰める。
テボムはノギョンに、これからは自分がスンヒを守ると宣言。マルニョンにも、スンヒが諦められないと告げる。ノギョンはマンボク堂を訪ね、結婚の許しをもらおうと土下座を続けるが…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年06月09日

愛よ、愛 第63話あらすじ

ヤンジャは工房を訪ね、結婚を白紙にできないかと告げるが、ミョンジュから一緒に2人を応援しようと言われ涙をこぼす。スンアは、家を訪ねてきた母が酒を飲みながら苦しむ姿に胸を痛める。
スンアから父の過去を知らされたスンヒ。さらに、ミョンジュとヤンジャが話す様子を聞き、ショックで一人泣き続ける。一方クムニョは、スンヒとテボムを見合い結婚させるのはどうかと考える。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第62話あらすじ

クムニョはソウルに出向き、ミョンジュに婚約破棄を宣言して帰っていく。ヤンジャはミョンジュの手紙を発見して、夫の浮気を疑いだす。そして姑と夫の会話を聞き、ショックで寝込んでしまう。
ついにヤンジャがミョンジュとユンシクの過去を知った。ミョンジュの母が記憶を回復し始め、コプタンは真実が明らかになることを恐れる。一方、テボムから婚約を延期したと聞いたヨンホンは…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第61話あらすじ

クムドンは、ユンシクとミョンジュが会っているところを目撃し、浮気と誤解する。婚約話とスンアの提案に悩み帰省したテボムは、父親の反対に傷つき涙を流しているスンヒを見て心が揺れる。
ユンシクは、クムニョらにミョンジュがノギョンの母だと告白する。悪縁に気づいたクムニョは、マンボク堂に現れたノギョンの前で、婚約破棄を支持。突然の変化にヤンジャもスンヒも戸惑ってしまう。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第60話あらすじ

自分たちの二の舞にはしたくないと語るミョンジュだが、ユンシクの決心は変わらない。契約の件で窮地に立たされたスンアはコプタンを訪ね、偶然にもユンシクとミョンジュの関係を知ってしまう。
ソウルでノギョンとミョンジュから励まされたスンアは、タミウルに戻った。一方スンアはテボムに、2人は結婚できないからスンヒを取り戻せ、とけしかける。ユンシクはミョンジュを説得に向かうが…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第59話あらすじ

ユンシクはミョンジュに電話をし、結婚を白紙にしたいと告げた。そして家族にも同様に宣言し、一同を困惑させる。一方スンアは、映画に出演するなら専属モデル契約を解除するとテボムに言われる。
タミウルにやってきたノギョンはユンシクの決定に驚くが、従えないと言い切り、スンヒにも「乗り越えられるはず」と励ます。テボムはシム社長からヨンホンとの婚約を提案され、考えてみると言う。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年06月02日

愛よ、愛 第58話あらすじ

再びミョンジュを訪ねたユンシクは、ミョンジュが赤ん坊は死産だと信じていることを知り、コプタンに真相を聞く。マルニョンは、ウィジュが再婚を認めたことをサムチュに伝え、サムチュを喜ばせる。
両家顔合わせの場で再会したユンシクとミョンジュは、初対面のふりをしてその場を取り繕う。一方、スンアはテボムに内緒で映画の撮影を続けていた。ところが、テボムに台本が見つかってしまい…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第57話あらすじ

コプタンの後を追ってきたユンシクが、ミョンジュと再会する。ユンシクはミョンジュの産んだ赤ん坊(スンヒ)の話をしようとするが、ミョンジュは「今の幸せを壊したくない」と話を止めてしまう。
コプタンは、スンヒがユンシクの娘と知り驚く。一方テボムが優しく接してくれた、とヨンホンは喜ぶ。スンアはテボムに内緒で映画に出演する。ウィジュは、自分を捜すマルニョンを見て、家に戻ってきた。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第56話あらすじ

ノギョンとスンヒの、両家顔合わせの日付が決まった。コプタンにユンシクと会ったことを告白されたミョンジュは動揺が隠せない。ユンシクはコプタンを呼び出し、ミョンジュと会わせてほしいと頼む。
喫茶店で待つユンシクのもとにコプタンが現れ、ユンシクとは会わない、とミョンジュが書いた手紙を渡す。一方、タミウルでは、マルニョンが再婚を断ったことを知らないウィジュが家出をする。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第55話あらすじ

ノギョンとスンヒがマンボク堂に挨拶へ。ミョンジュはスンヒのウェディングドレスのデザインを始める。ユンシクを見かけたコプタンはミョンジュにユンシクのことを思い出すか、とつい聞いてしまう。
再会を喜ぶユンシクに、コプタンはミョンジュの娘の行方を聞く。言葉を濁すユンシクは、ミョンジュの連絡先を聞こうとする。一方、仕事に復帰したテボムは、以前に比べるとすぐカッとするように…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第54話あらすじ

ユンシクはノギョンの気持ちを確認すると、2人のために一計を案じる。スンヒとの愛を確信したノギョンは帰京する。テボムはPTSDに悩まされていたが、隠したまま仕事に復帰しようとする。
スンヒはミョンジュに呼ばれソウルへ。スンヒの気持ちを確かめたミョンジュは、ノギョンとスンヒを療養所の母に正式に紹介し、交際を認める。タミウルを訪れたコプタンは意外な人物を見かけ…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年05月26日

愛よ、愛 第53話あらすじ

タミウルに来たノギョンをスンヒは頑なに拒む。スンアはテボムにエリとして接してほしいと頼む。ノギョンは、エリ(スンア)がスンヒの妹と知ると、マンボク堂を訪れ、スンヒの恋人だと名乗る。
ノギョンはスンヒとの交際を認めてほしいと言うが、スンヒから「別れた」と聞かされていたユンシクたちはいい顔をしない。一方、サンチョルはテボムとヨンホンを婚約させる、とコプタンに宣言する。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第52話あらすじ

スンヒは工房を辞め、ノギョンにも別れを告げた。酔って帰ったノギョンはミョンジュと口論になる。タミウルに戻ったスンヒを、両親は温かく迎えた。スンアはノギョンとスンヒが別れたと知り…。
療養中のテボムがスンヒと再会、無事を喜びあう。スンアは傷心のノギョンを慰めようとする。スンヒは家族に、これまで育ててくれたことを感謝し、これからも家族として受け入れて欲しいと頼む。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第51話あらすじ

スンヒが両親に「自分は本当の娘か」と問いただす姿を見たクムニョは真実を話す。ショックを受けたスンヒは部屋に閉じこもる。一方、コプタンは療養所の電話で、ミョンジュの母が生きていると知る。
ソウルに戻ったスンヒは、ノギョンとスンアが一緒にいる姿を見て声をかけるのを躊躇。さらにスンアからノギョンをあきらめてほしいと言われる。テボムが無事に帰国し、ヨンホンはテボムに会う為会社へ行く。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第50話あらすじ

サンチョルのもとにテボム生存の連絡が入る。ノギョンから連絡を受けたスンヒも安堵する。スンヒとスンアの誕生日の朝、スンアが帰省。ノギョンも、スンヒに会いにタミウルへやってくる。
スンアは、スンヒとノギョンが親しそうにする姿を目撃し衝撃を受ける。そこでスンアは、スンヒにノギョンを愛していると宣戦布告。さらには、スンヒが捨て子だったこともばらしてしまう。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第49話あらすじ

スングは、ソマン病院で輸血を受ける。予備の血液のためにマンボク堂の家族の採血をしたサムチュは、スンヒの血液型に疑問を持つ。一方サンチョルのもとに、テボム捜索打ち切りの連絡が来て…。
ノギョンはテボムからのエアメールを読み、スンヒの誕生日が近いと知る。スンアは、ノギョンに本気で惹かれている自分に気づく。その頃スンヒは、家族の献血カードを見て自分の出生に不安を抱く。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年05月19日

愛よ、愛 第48話あらすじ

マルニョンがベトナムに行くと言い出し、サムチュは困惑。一方、テボムが死んだと知らされたスンヒは、自責の念を募らせる。そして、決心がつくまで実家に戻るとノギョンに告げてソウルを離れる。
ノギョンは、介抱してくれたお礼に食事の約束をしてスンアを喜ばせた。実家に戻ったスンヒは、母にテボムに対する罪悪感を告白し涙を流す。そんな中スングがめまいを起こして倒れてしまう。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第47話あらすじ

ノギョンをかばったスンアが車にはねられ、ノギョンは病院に付き添う。ヤンジャはスンヒを訪ねて工房に一泊し、スンアの家に向かう。テボムの一件を知らされたマルニョンは、ショックで気を失う。
ミョンジュやコプタンにスンヒと一緒にいるところを見られたノギョンは、交際宣言をしてしまう。サンチョルはマルニョンに、テボムを絶対に見つけると伝えるが、生存者はいないとの連絡が入り…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第46話あらすじ

スンヒは、ノギョンに距離を置きたいと言ったことをミョンジュに伝え、考える時間が欲しいと頼む。一方、全従業員をサイゴンに避難させ、ベトナム支社に一人残っていたテボムは戦闘に巻き込まれる。
テボムが行方不明となり、サンチョルは頭を抱える。マンボク堂に電話が通った。家族は喜ぶが、ユンシクは気が気ではない。一方コプタンは、ミョンジュが生んだ娘の行方を捜そうと考える。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第45話あらすじ

頑なに交際を反対するミョンジュに、スンヒもノギョンも戸惑いを隠せない。一方、クムニョとユンシクがスンアを家に入れないことに業を煮やしたヤンジャは、スンアを連れて旅館に泊まる。
バンスンからスンヒが捨て子だと知らされたスンアは、ユンシクに事実かどうか確かめようとする。一方、ノギョンか工房かの選択を迫られたスンヒは、ノギョンにしばらく会わないほうがいいと伝える。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年05月13日

愛よ、愛 第44話あらすじ

ノギョンとスンヒの交際を知ったミョンジュは怒り、別れろとノギョンに命じる。スンアは、無事に平和建設の専属モデルとして採用された。サムチュは、ウィジュにマルニョンと結婚したいと伝えるが…。
ヤンジャは、ユンシクがスンアを除籍できないように印鑑を隠す。一方ウィジュは、父にもマルニョンにも反抗的になる。王冠を持って帰省したスンアだが、ユンシクは顔を見るなり追い出すのだった。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第43話あらすじ

ミス・コリアの前夜祭でノギョンと再び出会ったスンアは翌日、万年筆を返しにノギョンのもとを訪れる。一方タミウルでは、ミス・コリア大会に出場しているスンアをテレビで見つけ、騒動になる。
スンアをテレビで見たクムニョは、驚いて倒れてしまう。スンアは入選こそ逃がしたが、チュンボンは平和建設に専属モデルとして売り込もうと考える。ミョンジュは、ノギョンとスンヒの関係を怪しむ。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第42話あらすじ

ノギョンの祖母はスンヒをミョンジュと勘違いして名前を呼び、ノギョンを驚かせた。スンアは無事本大会出場を決める。そして、ノギョンが落とした万年筆をお守りのように大切にしていた。
韓服の採寸にやってきたスンアはスンヒを見て驚くが、自分を思うなら知らないふりをしろと告げた。スンアを心配するチュンボンは、スンアのチャンスを潰さないでほしい、とスンヒに頼みに行く。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第41話あらすじ

平和建設の前でばったり出会ったスンヒとスンア。話がしたいと言うスンヒに、「過去は捨てた」とスンアは立ち去る。辞表まで提出したテボムに根負けしたサンチョルは、ベトナム行きを承諾する。
スンアの言葉が気になったスンヒは、両親に自分たちは本当に双子かと聞く。テボムは、スンヒのことを頼むとノギョンに言ってベトナムへ飛び立った。スンアはついにミス・コリア予選の日を迎える。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第40話あらすじ

ソジンは、自分が留学することで結婚を白紙にしたと、ノギョンに別れを告げる。クムニョは、スンアを逃がしたとヤンジャを責める。テボムは、上京してきた母に優しく接することができないでいた。
ノギョンは、スンヒとの交際を母に告げようとするが、スンヒはもう少し待とうと止める。そんなとき、コプタンからテボムがベトナム行きを志願していると聞いたスンヒはテボムのもとを訪ねるが…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第39話あらすじ

ソジンが地検正の父を利用してノギョンを脅すところを聞いてしまったスンヒは、自分がノギョンの将来を壊してしまうと心を痛める。スンアは、ハン・エリの名でミス・コリア出場の準備を進める。
憂鬱な気持ちでタミウルに来たテボムは、母と院長の親密な姿を見てその場を離れる。マンボク堂では、クムニョがスンアを捜しにソウルに行くと言い出した。スンヒはノギョンに、私を捨てて、と告げる。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年05月04日

愛よ、愛 第38話あらすじ

ノギョンとスンヒが一緒にいるところを目撃したテボムは、2人の親密さにショックを受ける。一方タミウルでは、サムチュがマルニョンに愛を告白、クムドンとユンシクは緊張関係が続いていた。
テボムはノギョンとスンヒが同じ気持ちと知らされ憤るが、スンヒに会い「絶対に諦めない」と告げる。バンスンはクムニョとクムドンの会話からスンヒが実子ではないと気付いてしまう。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第37話あらすじ

スンヒはノギョンの愛を受け入れ、ソジンにも「以前から好きだった」と正直に伝える。一方、平和建設のダナン工場がゲリラ軍に襲撃されたという連絡が入り、社長とテボムは対応に追われる。
ソジンが結婚を急ぐ一方で、ノギョンは別れたいと母に告白。落ち込むミョンジュの姿を見て、スンヒも弱気になってしまう。一方スンアは、父と大叔父の会話から、自分は実子ではないと思い込む。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第36話あらすじ

ノギョンは、「君が好きだ」とスンヒに告白。ユンシクは、スンアが料亭にいると知って怒鳴り込むが、すでにスンアは出て行ったあとだった。ヤンジャは、サムチュの想い人がマルニョンと気づいてしまう。
ノギョンはソジンに好きな人がいることを告げた。ショックを受けたソジンは、バザーを欠席する。スンヒを食事に誘い指輪を用意するテボム、一方ノギョンは、スンヒに「来るまで公園で待つ」と告げ…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年04月30日

愛よ、愛 第35話あらすじ

顔合わせの帰り、スンヒを思い出しながら公園にやってきたノギョンは、スンヒの姿を見て驚く。客から歌を罵倒され、覚悟を決めたスンアは接客に同意。ユンシクは、スンアを捜して鍾路を歩きまわる。
自分が贈ったサボテンの植木鉢を壊され涙するスンヒを見て、ノギョンは困惑する。ユンシクは、スンアを見つけるがすぐ見失ってしまった。バンスンに怒られたクムドンは、サムチュに仕事探しを頼む。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第34話あらすじ

ノギョンは、ミョンジュを傷つける縁談は止めたいとこぼす。ノギョンが義理の息子と知ったスンヒは、口論したときにノギョンを傷つけたと後悔する。サムチュは、マルニョンを亡き妻の墓参りに誘う。
ソジンの尽力で、予定通り顔合わせを行うことになった。工房で作業するスンヒも気落ちしてしまう。妊娠したバンスンに子供部屋を譲ることにしたヤンジャだが、スングが自分の部屋を譲ると言い出す。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年04月27日

愛よ、愛 第33話あらすじ

クムドンに愛想を尽かしたバンスンが故郷に帰ると言い出し、マンボク堂は再び騒動に。一方、ノギョンとミョンジュが実子ではないことを知ったソジンの実家が、両家の顔合わせを延期する。
ソジンから事情を聞いたミョンジュは、自分のせいだと心を痛める。一方、マンボク堂では、バンスンの妊娠が発覚する。料亭「明月(ミョンウォル)館」で歌うスンアは、チュンボンからミスコリアへの出場を薦められる。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第32話あらすじ

ユンシクは、スンアを逃がしたのがヤンジャと知り憤るが、ヤンジャが自分が嫁いだときの気持ちを伝えたことから理解を示す。ミョンジュは、スンヒと2人で会ってはいけないとノギョンに注意する。
ノギョンはソジンの両親に会うことをミョンジュに告げる。平和建設が慈善バザーをすることになり、コプタンが責任者、テボムが実務を引き受けた。コプタンは、セゴルム工房に後援を頼むことにする。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第31話あらすじ

スンヒは、ソジンがミョンジュに両家の顔合わせをしたいと伝えるのを聞き、胸を痛める。一方、ノギョンは療養所の祖母を訪ね、「僕には好きな人がいる」と、誰にもいえない胸の内を語りかける。
スンヒは、これ以上迷惑をかけてはいけないと、ノギョンに親切にしないでほしいと伝える。ユンシクはヤンジャが借金した相手がサムチュだと知って怒り、ヤンジャは2度と病院に行かないと誓う。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年04月23日

愛よ、愛 第30話あらすじ

テボムは上京しないという母に寂しさを募らせる。ソウルに出てきたチュンボンは、スンアに料亭の仕事を薦め、スンアを怒らせた。一方ユンシクは、スンアを籍から除くと言い出し、ヤンジャと争う。
サムチュはソウルのテボムを訪ね、マルニョンを家族のように大切にすると伝えるが、自分が家族だと言われてしまう。一方、工房でスンヒが泣いている姿を見たノギョンは、昼食に呼び出し励ます。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第29話あらすじ

スンヒは、ノギョンがプレゼントしたサボテンを大切に育てる。ヤンジャは、スンアが逃げ出さないようにと一緒に寝ることにするが、スンアはこのままでは息苦しいからソウルに行かせてと懇願する。
結納が届く日、ヤンジャはスンアを逃がす決心をし、お金をもたせてこっそり送り出す。スンアが消えたため、結婚は破断となる。一方、マルニョンはタミウルに残ると言って、院長親子を喜ばせた。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年04月19日

愛よ、愛 第27話あらすじ

ノギョンは、先日工房を訪ねてきた女性が見合い相手と知って戸惑う。ユンシクとヤンジャは、なんとかクムニョからスンヒの上京を許してもらう。スンアはスンヒに「死んでも姉とは認めない」と告げる。
ミョンジュは工房へやってきたスンヒを歓迎、ノギョンはスンヒが働くと知って驚く。マンボク堂には、ソン社長が嫁入り道具の目録をもってきた。その額とソンの態度に、ヤンジャは不満を高めていく。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第28話あらすじ

ノギョンに好意を抱いたソジンは、積極的にノギョンにアプローチ。一方、ノギョンはスンヒの部屋の壁紙の張り替えを手伝い、楽しい時間を過ごす。結婚問題で頭が痛いスンアの元にチュンボンが現れた。
スンヒはソジンがノギョンの恋人と聞き、ショックが隠せない。一方、愛を告白することを決めたサムチュは、マルニョンを呼び出す。ヤンジャは、スンアがチュンボンと会っているところを目撃する。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第26話あらすじ

ミョンジュが、スンヒを雇いたいとタミウルに訪ねてきた。スンヒは喜び、父の許可をもらうとソウルへ戻る準備をする。一方、ソンから支度金をもらったと知ったスンアは、スンヒの休学を家族にばらす。
両家顔合わせの席で、美容師になることを禁じられたうえに、学歴のことでも嫌味をいわれるスンア。一方、休学の理由を知られたスンアは、クムニョからソウルに戻ることは許さないと宣言される。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年04月16日

愛よ、愛 第25話あらすじ

スンヒに会って自分の気持ちを確かめようとしていたノギョンだったが、スンヒに対して、「俺を頼れ」と必死なテボムの姿を見てすべてを封印。スンヒと束の間の時間を楽しむとソウルに戻る。
スンヒが休学したいきさつをユンシクに話すところを、スンアが聞いてしまう。ソウルでは、ノギョンが上司に見合いする意思を伝え、ヨンホンはテボムが片思いと知り、興味を抱くようになっていた。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第24話あらすじ

大学でノギョンを見つけたテボムは、「スンヒは自分が守る」と声を荒げる。亀尾のソン社長から正式にスンアを嫁にほしいと言われたユンソクは、クムニョらの賛成を得ると、話を進めようとする。
嫌がるスンアを横目に、結婚話が進んでいくマンボク堂。ユンシクは偶然、スンヒが家庭教師を辞めたと知る。スンヒが心配なノギョンはタミウルへ。ミョンジュは、息子が自分を偽り休暇をとったと知る。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年04月13日

愛よ、愛 第23話あらすじ

行くあてもないままシム家を出たスンヒは、ミョンジュに工房で働けないか頼むが断られる。その後、スンヒはノギョンに会い、これまでのことを改めて礼をいうと、大学に休学届を出してソウルを去る。
スンヒが休暇だとマンボク堂へ帰ってきた。ユンシクはスンアが美容院の先生だと紹介した男が詐欺師の作曲家と知り、家族を騙したスンアをひっぱたいて怒る。一方、テボムはスンヒが休学したと知る。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第22話あらすじ

ソウル行きを目指すスンアは、チュンボンが作った偽の推薦状で父を騙す作戦を開始。一方、ミョンジュはスンヒを雇うことにしたが、コプタンからサンチョルがスンヒをクビにした理由を聞いてしまう。
ミョンジュからスンヒが家庭教師を辞めたと聞かされたノギョンは、サンチョルのもとを訪ねるが、もう終わったことだと断られる。スンヒは仕事が見つからず、2学期の学費の工面ができないでいた。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年04月09日

愛よ、愛 第21話あらすじ

ソンから再び求愛されたスンアは、テボムがスンヒを好きだと知り深く傷つく。一方、サンチョルに検察の一件を訊かれたスンヒは事実を話すが、サンチョルは部下を使って詳細を調べさせる。
テボムと会ったスンヒは、まだ恋はわからないと交際をやんわり断る。マンボク堂では、スンアの部屋を賭けてヤンジャとバンスンがハングルの書き取りで争うことになり、ヤンジャは初めて文字を習う。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第20話あらすじ

スンヒはノギョンを訪ねて工房へ。ノギョンが外出していたため、ミョンジュの染色を手伝いながら待つことにした。一方、帰省したテボムに会ったスンアは、テボムがマルニョンの子と知り失望する。
スンヒはノギョンに誤解を謝罪するが、テボムを気にしてノギョンは冷たく接する。一方、テボムは院長に、母をソウルへ連れて行くことを告げた。そんな中、ソン親子がスンアを訪ねてやってくる。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第19話あらすじ

テボムは、ヨンホンの話からノギョンが職務停止になったことを知り、ノギョンを訪れ謝罪する。タミウルでは、バンスンらからサムチュとマルニョンの噂を聞いたウィジュが、父の様子を疑うようになる
テボムから愛を告白されたスンヒは戸惑いを隠せず、その場を去る。ノギョンもテボムから報告され、複雑な気持ちに。そんな中、スンヒは、ヨンホンの話からノギョンが職務停止になったことを知る。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年04月05日

愛よ、愛 第18話あらすじ

拘束の件を誤解するスンヒから、「あなたが怖いから2度と会いたくない」と言われたノギョンは、ショックを受ける。ヤンジャはサムチュに、町内でサムチュとマルニョンの仲が噂になっていると忠告する。
スンヒが検察に捕まっていたらしいと知ったヨンホンは、つてを使って詳しく調べ始める。一方、防潮堤入札に成功したテボムは、課長に昇進。サンチョルは、本格的にテボムとヨンホンとくっつけようと考える。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第17話あらすじ

ノギョンはスンヒを助けたいと考えるが、スンヒは厳しく接するノギョンを誤解する。タミウルでは、バンスンにそそのかされたユンシクが、ヤンジャとサムチュの関係を誤解し一騒動を起こす。
スンヒを嫌疑無しとして釈放したノギョンは、無期限の職務停止処分となってしまう。ユンシクはソマン病院との交流の禁止を宣言。スンアは、再会したチュンボンに映画女優にならないかと薦められる。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年04月02日

愛よ、愛 第16話あらすじ

ミョンジュはノギョンから改めてスンヒのことを頼まれ、もう1度スンヒと会ってみようとする。タミウルでは、マルニョンに惹かれるサムチュが、ヤンジャの持ってきた見合い話を断っていた。
スンヒは、学報に書いた評論が反共法違反の疑いがあると拘束される。取り調べを担当したのはノギョンだった。一方、テボムはスンヒが連絡なしにシム家に戻ってないと知り、探し始める。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第15話あらすじ

コプタンの家を訪れたノギョンは、ヨンホンの家庭教師がスンヒと知って驚く。コプタンから改めて工房でのアルバイトをお願いされたスンヒは、店がセゴルムと知り、喜んで工房を訪問するが…。
工房に現れたのがスンヒだったため、ミョンジュは採用を断ったばかりか、ノギョンとの関係を疑ってスンヒを傷つける。テボムの手腕を気に入ったサンチョルは、テボムを娘婿にしたいと考えるように。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第14話あらすじ

チュンボンを問いただすスンアを見て事情を知ったテボムだが、目を離した隙にスンアが姿を消す。ノギョンは大学までスンヒを訪ね、人捜しを手伝うと言うが、逆に二度と会いたくないと言われ困惑する。
ユンシクとスンアは一緒にタミウルに戻る。スンヒはコプタンから染色工房のアルバイトを頼まれるが、家庭教師に専念したいと断る。ヤンジャはサムチュに借りたことは黙って、ユンシクにお金を渡す。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年03月29日

愛よ、愛 第13話あらすじ

スンヒはスンアが上司にセクハラされているところを助けたものの、逃げられてしまう。テボムはノギョンに人捜しの協力を求めるが、事情を知らないノギョンは私的なことに特権は使えないと断る。
ユンシクはスンアを捜しにソウルへ。タミウルでは、今週中に借金を払えなければ、家を売り払うと脅されたヤンジャがサムチュに相談する。スンアがテボムと会っていると、チュンボンが現れ…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第12話あらすじ

スンヒは勉強せずに出歩いてばかりのヨンホンを迎えに明洞の店へ。そこで男に絡まれているところをノギョンに助けられる。一方、借金の返済が滞っていたマンボク堂には借金取りがやってくる。
スンヒと食事したノギョンは、スンヒが漢方薬店の娘と分かり、好感を抱くようになる。テボムからスンアがバス乗務員をしているようだという話を聞いたスンヒはバス会社に確認に行こうとする。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年03月26日

愛よ、愛 第11話あらすじ

1970年。ス ンヒはテボムの紹介でコプタン家の住み込み家庭教師になった。スンア はバスの乗車員をしながら歌手デビューを目指す日々。マンボ ク堂は営業再開するも客足は遠のき借金の返済が滞る。
取締中にスンヒを見かけたノギョンは、かつて泥棒扱いしたことを謝罪する。スンヒはノギョンがハンカチの男だと気づき、親近感を覚える。スンアは初給料でテボムへのプレゼントを買うのだが…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第10話あらすじ

スンヒは未だにスリ扱いするノギョンのすねを蹴って工房を出て行く。コプタンの家族と外食に出たミョンジュは、コプタンが口を滑らせたため、死んだ赤子が娘だったと初めて知り、激しく動揺する。
スンアは騙されたお金を取り返そうとチュンボンを捜す。テボムが薦める家庭教師の職を断ったスンヒだが、なかなか仕事は見つからない。字が書けないヤンジャはサムチュに頼み、家出人届けを出す。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第09話あらすじ

スンアはソウルで働く親友のヨンシムの部屋に転がり込む。ユンシクはスンヒの学費を工面してスンヒを喜ばせる。そんなとき、クムニョの弟クムドンがバンスンという女性を連れて家に戻ってきた。
スンアが意気揚々とチュンボンの事務所に行くと、知らない男が「ここは自分の事務所だ」とスンアを追い出す。一方、アルバイトを探しにソウルにきたスンヒは、ノギョンとばったり会うが…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年03月22日

愛よ、愛 第08話あらすじ

ユンソクは家を担保に作った入学金をスンヒに渡す。チャンボンから制作費を催促されたスンアは、真剣に歌手になりたいと伝えるが、ユンソクは結婚しろの一点張り。スンアは父の態度に深く傷つく。
スンアがスンヒの入学金を盗んで家出する。そして、チュンボンに会い、すぐデビューできると信じてお金を渡す。自分の入学金が借金だったと知ったスンヒは、韓国大学を断念することを決心する。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第07話あらすじ

営業停止に加え罰金を命じられたユンソクは、スンヒの入学資金を充てることにする。一方、母ミンジュが頻繁に療養所に行くことが気になったノギョンは、療養所を訪れ祖母の存在を知る。
スンアは帰省したテボムに会いに行くが、テボムは早々にソウルに戻ってしまう。スンヒの入学金が必要なユンソクは借金を決意する。一方、テボムはサンチョルから娘の家庭教師を探すよう頼まれる。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年03月19日

愛よ、愛 第06話あらすじ

薬材店の前でミョンジュの財布を拾ったスンヒを、ミョンジュらはスリと誤解する。テボムがその場を取りなし、スンヒに内緒でノギョンにお金を返す。スンアはどうにかお金を用意しようと考える。
マンボク丸がニセの鹿茸が検出されたと店が営業停止処分に。歌手教室に通っていることも明らかになり、怒ったユンソクはスンアの見合いを決めてしまう。一方、スンヒは韓国大学に無事合格する。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第05話あらすじ

スンヒはクムニョから美大進学を反対され、勉強を続けるべきか悩む。テボムは平和建設に就職。スンアは歌手教室で作曲家のキム・チュンボンに出会い、「ソウルに来てみないか」とスカウトされる。
入試に向かうスンヒに付き添いスンアもソウルへ。ユンシクは鍾路の薬材店へ買い物を頼む。入試日、テボムはスンヒに会いに試験場へ。スンアはチュンボムと会うが、レコード制作費を要求される。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第04話あらすじ

ユンシクは鹿茸を使ってマンボク丸という万病に効く丸薬を売り出した。ノギョンのおかげで指名手配を解かれたテボムは、復学を諦め就職を決意、そして本屋で見つけたピカソの画集をスンヒに贈る。
ノギョンが薬材店に忘れたハンカチが手紙とともに届き、スンヒだとは知らないノギョンは送り主に好感を抱く。マンボク堂では、クムドンが賭博をしていることがクムニョにばれて一騒動となる。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年03月15日

愛よ、愛 第03話あらすじ

テボムに壊された石膏像を買いに画材店に行ったスンヒは、テボムとばったり出会う。ところが、テボムはデモに参加したせいで刑事に追われており、スンヒも巻き込まれて逮捕されてしまう。
警察に捕まったテボムを助けるためノギョンがソウルからやってくる。ユンシクから鹿茸の買い出しを頼まれたスンヒは、露天で安売りされていた鹿茸を買い、余ったお金を歌手教室の入学金にする。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

愛よ、愛 第02話あらすじ

1969年。ユンシクの長女スンヒは、隣の病院を訪ねてきたテボムと知り合い、テボムはスンヒに好意を抱く。ミョンジュはソウルで染色工房を営みながら、息子で検事のノギョンと暮らしていた。
スンアは姉の美大進学は応援するくせに、自分の歌手になる夢を父親に怒られ憤る。一方、ソウルでは検事のノギョンと近づきたいと画策するコプタンのせいで、夫サンチョルが恥をかかされる。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2014年03月12日

愛よ、愛 第01話あらすじ

1950年、漢方薬店マンボク堂は結婚式の準備で賑わっていた。ところが新郎ユンシクは妊娠中の恋人ミョンジュのところ。母が危篤と聞かされて戻ったユンシクは、自分の結婚式が始まると知り驚く。
ユンシクの結婚を知ったミョンジュはショックで早産。ミョンジュ家の手伝いコプタンは、赤ん坊をユンシクの家の前に置く。折しも朝鮮戦争が勃発、ミョンジュは娘の生存も知らないまま時が流れ…。

以前・以後のあらすじは、愛よ、愛:韓国ドラマあらすじ極から見れます。