【スポンサードリンク】

« 屋根部屋のプリンス | メイン | 華麗なる遺産 »

2013年04月20日

家門の栄光 第54話「春の訪れ」あらすじ(最終回)

久々に酒を飲んで帰って来たチュジョンにマンギが「しばらくの間、酒を絶っていたのに、なぜまた飲み始めたのか」と問いかける。するとチュジョンは、「滅びた家門を立て直すために、一生を費やしたことを、後悔していないのか」、とマンギに質問し返した。すると、マンギが家族全員を集めて、自分の生い立ちについて話し始め…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第53話「交際申請」あらすじ

検察の要請を受けて出頭したガンソクが心配で仕方ないだダナは、気を紛らわすために家事をし始めた。食事もせず家事をするダナを、ヨンジャとチョンガブは心配そうに見つめていた。
ヘジュはダナに食事をとるように説得するが、ダナは両親にはき然とした姿をお見せしなければならないのに、こんな姿を見せて申し訳ないと言い…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月17日

家門の栄光 第52話「誤った生き方をしたから」あらすじ

帰宅したガンソクを、ダナは家の前で待っていた。ガンソクは、ダナに老人専門の病院に勤務している友達にもらった薬を差し出し、サムウォルが薬を飲むことを忘れないように注意してほしい、と告げた。
ダナは、ガンソクの手を握り、そんなに気を使わないでほしい、と申し訳なさそうに告げるが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第51話「予期せぬ訃報」あらすじ

サムウォルは、生きている間、ハ家に迷惑だけはかけずに生きようと思っていたのに、神様が恨めしい、自分がどうかしている、とダナに苦しい胸の内を明かした。ダナはサムウォルの手を握り、今まで私たち家族のために頑張ってきたのだから少し休んでほしい、調子が悪いだけ、とサムウォルに優しい言葉を掛けて、安心させた。
家族は、サムウォルがなぜ突然そんな風になったのか、心配するが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月13日

家門の栄光 第50話「出生の秘密」あらすじ

マンギ会長の妹チュジョンは、自分が捨て子だったという事実をサムウォルから聞き、胸を痛めていた。ソクホを訪ねたチュジョンは、自分がソクホの叔母になった経緯を聞かされる。チュジョンは、亡くなった父への恋しさから、一度だけでいいから父に会いたいと言って泣いた。
一方、サムウォルはマンギ会長を訪ね、チュジョンがすべての事実を知ってしまったと告げる。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第49話「時にはケンカも」あらすじ

浮気疑惑をかけられたチョンガブは、家に入って来るやいなや、妻ヨンジャに激しく追及される。とっさに言い訳をしたチョンガプだったが、その言い訳がまた他の誤解を生み、窮地に立たされた。
ヨンジャは嫁のダナに向かって、「息子ガンソクも、父に連れられて大学時代からクラブに行っていた。私のようになりたくなければ、ガンソクを今から捕まえておきなさい」と忠告する。
翌日、ヨンジャは事の真相を明らかにしようと、チョンガブとともに浮気疑惑の女を訪ねるが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月10日

家門の栄光 第48話「可愛いお嫁さん」あらすじ

朝起きたヨンインは、急にお腹が痛いとその場所に座り込んだ。慌てたソクホはヨンインを連れ、ヨンインの友達ウンジュが勤める病院に駆け付けた。ウンジュはヨンインに、過労のため流産の恐れがある、と入院を勧め…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第47話「縮まる距離」あらすじ

ガンソクはダナの傷あとを見て、冬になって傷あとが痛みダナが苦しむ姿を見たら心苦しいだろうが、傷あともダナの一部なので、一緒に痛みを分かち合うと誓った。
ガンソクが、ダナの肩の傷あとにキスをすると、ダナの目から涙が流れた。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月07日

家門の栄光 第46話「誓いを立てる日」あらすじ

ガンソクはマンギ会長に、この状態でダナと結婚するのは自分のエゴだ、と結婚の延長を申し出た。するとダナは、自分に相談もせずマンギ会長に先に話をしたことを怒り、予定通り結婚しようと言う。しかしガンソクは、ダナがまたそのような目に遭うかもしれず恐ろしいから、犯人がつかまったら結婚しようと告げた。
一方、バイト中に店内で泣き出した子供をあやすヘジュを目撃したヒョンギュは、優しくほほ笑んでヘジュを眺め…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第45話「乗り越えるべき壁」あらすじ

何者かに刺され、重傷を負ったダナが手術室に運ばれた。ヨンインは、ガンソクが事故を起こしてやっと助かったのに、ダナまでこんな目に遭ったと号泣する。ガンソクは魂が抜けたような表情で、手術室のドアを眺めていた。ソクホは、腕から血が出ているガンソクに治療をするよう言うが、ガンソクは大丈夫だと言い切り、いら立ちながらダナの手術が終わるのを待っていた。
一方、ドンドンはマンギ会長に、ダナを助けてくれるよう自分が高祖父に祈ると言う。すると、マンギ会長は涙ぐみ…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第44話「思いがけない事故」あらすじ

ダナはガンソクに別れを告げた。納得のいかないガンソクは、逃げようとする理由を言えとダナに詰め寄る。するとダナは泣き崩れながら、「ガンソクが事故で意識がなかった時、自分の運命を握っている誰かに、愛する人がまた死ぬのは見たくない。二度とガンソクとは会わないと誓うからガンソクを助けてほしい。」と祈ったと語った。ガンソクはダナのほおを強く殴り、ガンソク自身が作った悪縁のせいで起きた事故だから、ダナは逃げるな、と説得した。
一方、ヒョンギュはヘジュに、自分の心が少しずつヘジュに動いていると告白する。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月03日

家門の栄光 第43話「終わらない犯行」あらすじ

ソンテは、バイトを終えて家に帰るヘジュを拉致した。ひどくおびえながらソンテの車に乗るヘジュを偶然見かけたヒョンギュは、その車を追跡する。
ソンテはチョンガプに電話をかけ、ヘジュの身代金として現金30億ウォンを要求した。失意の中、チョンガプとヨンジャは、この件についてガンソクと相談するため病院へ向かう。
そんな中、ジナが誕生日を迎えた。家族たちはジナに内緒で、びっくり誕生日パーティーを準備するが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第42話「私の運命のせいで」あらすじ

病院の応急室に運ばれたガンソクの横で涙を流すダナに、看護師は患者が危ない状況なので急いで保護者に連絡しなさいと言う。手術室ではガンソクが心拍停止の状態に陥り、医者たちは急いで電気ショックを与えた。急いで駆けつけた家族たちは、ガンソクが腸破裂で危険な状態だと聞かされる。失意のダナに向かってヨンジャは、「夫を亡くす運命を持った女」と冷たく言い放った。
手術を終え手術室から出てきた医師は、ガンソクの出血があまりにもひどいため、経過を見守る必要があると言うが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月31日

家門の栄光 第41話「運命のいたずら?」あらすじ

ガンソクの事務室に乗り込んだソンテは、ミョンソングループを滅ぼし、家門までも滅ぼした張本人のガンソクは過ちを認めろ、と迫るが、ガンソクはソンテを追い払う。
一方、ダナを家に呼んだチョンガプは、再び家系図を渡してほしいと催促するが、ダナは家系図と言うものはお金で売買する品物ではなく、それよりは新しく家門を立てるのはどうか、と提案をした。すると、チョンガプもそれに納得する。
そんな中、ダナとのデート中にコーヒーを買いに行ったガンソクに、猛スピードで車が突進してきて…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第40話「1本の電話」あらすじ

チョンガプはダナに、ガンソクの嫁になるのだから保管している家系図を渡して、私の恨みを晴らしてほしい、と言う。ガンソクは、チョンガプとヨンジャの息子に生まれたことだけで満足していると言って、チョンガプを止めるが、チョンガプは成金という肩書きから抜け出したい、とダナに泣きついた。
一方、スヨンがジナに通帳を渡したという話を聞いたマルスンは、テヨンに私にも通帳を渡してほしいと頼むが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第39話「うれしい知らせ」あらすじ

ガンソクが、マンギ会長と深刻な表情で碁を打っていると、ソクホが「疲れているだろうから、今日はこの辺でやめておこう」と止めた。マンギ会長の妹チュジョンも、マンギ会長は恐ろしいほど勝負にこだわる人だから、適当に負けてあげて、とガンソクに言う。するとガンソクも、勝負ごとにおいては自分も絶対に負けられない、と言って碁を打ち続ける。見かねたダナが「適当に終わらせて」、とガンソクに頼み、ガンソクはダナの機嫌を伺ってわざと負けることに。
一方、テヨンと新婚旅行に行ったマルスンは、緊張のあまりお酒を飲み続けて…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月27日

家門の栄光 第38話「別れの時」あらすじ

ダナはヨンジャの病室を訪ね、隠れてガンソクに会ったりしない、これ以上自分のせいでガンソクが苦しむ姿を見ていられないから彼とは別れる、と告げた。そしてダナは、ガンソクへの自分の気持ちが本物だったことだけは分かってほしいと話し、今までチョンガプやヨンジャを悩ませたことに対して許しを求めた。
ガンソクをあきらめると言い残してダナが帰った後、ヨンジャは心が痛んだ。そんなヨンジャを見て、チョンガプは、運命というものは考え方次第だと彼女をなぐさめる。
一方、ダナと別れたガンソクは、つらさに耐え切れず毎日酒に溺れるが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第37話「俺の人生を邪魔するな」あらすじ

結婚のあいさつをしに、マンギ会長と家族に会いに来たジナとマルスンは、緊張していた。マンギ会長は、今の世間から見ると古くていなかくさい家柄だが、孫たちと結婚する気持ちになってくれてありがたい、とジナとマルスンに告げる。マンギ会長はジナに、宗孫のスヨンと結婚をすれば宗婦になるため、責任重大だと言うと、ジナはスヨンが導くとおりに着いて行き、宗婦としての責任を果たしたい、と答えた。
一方、マルスンは緊張のあまり、マンギ会長との会話中にしゃっくりが出始めて…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月23日

家門の栄光 第36話「子を思う父の愛」あらすじ

日曜に朝早く出勤したガンソクは、会社でテヨンに会い、複雑な心境でお互いにコーヒーを飲む。
そんな中、ヘジュはチョンガプとヨンジャに、ガンソクとダナの結婚を承諾してくれれば、自分もちゃんと治療を受けて頑張って生きて行くと、告げる。
一方、娘のダナが哀れで仕方ないソクホは、チョンガプに会い、結婚を許してくれるなら、無条件で会社から手を引くと頼み込む。
ソクホと別れた後、自宅に向かっていたチョンガプだったが、ダナに会おうと思い立って宗家を訪れる。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第35話「息子の裏切り?」あらすじ

カンカンに怒ったチョンガプは、ガンソクのほおをなぐり、自分と縁を切るか、ダナと別れるか、どちらかを選ぶよう求めた。
そんな中、村老ピョンチョンが宗家を訪ねて来た。ピョンチョンがスヨンに結婚を勧めると、スヨンは心に留めている人がいると言う。
一方、テヨンに会ったマルスンは悲しみに耐えながら別れようと告げ、背を向けて出て行ってしまった。
そんな中、マンギ会長は、「スヨンが子どもを持つことができない身」という言葉を耳にして、ショックのあまり倒れそうになり…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第34話「結婚への障害」あらすじ

ガンソクの家に、結婚のあいさつをしに来たダナ。しかし、チョンガプとヨンジャは、数奇な運命のダナが、ガンソクと結婚するなんてあり得ない、と怒鳴る。落ち込むダナを見て、ガンソクはケンカばかりして生きて行くのはもうウンザリだ、人間らしく生きていきたいと両親に言い放った。チョンガプはガンソクのほおをなぐり、女のために仕事を台無しにするつもりなら、父の顔につばをはけ、という。
そんな中、ガンソクはチョンガプの名義を勝手に借りてM&Aを撤回し、今後も共同経営体制を確固たるものにするつもりで株主に支持を求める、と公表するが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月20日

家門の栄光 第33話「お孫さんをください」あらすじ

ガンソクは、マンギ会長に、私のことを気に入らないことは承知しているが、ハ家の一員として、ダナの夫として生まれ変わる、と告げた。マンギ会長は、結婚を決めたのは会社のためなのか、とダナに問い掛ける。するとダナは、ガンソクとなら、人としてお互いを哀れみながら生きていけると確信したから結婚を決めた、と答えた。
一方、ジナへの思いが日に日に大きくなっていくスヨンに、ヨンインは、「宗家の後継ぎでなくても、人なら誰でも自分の子供がほしくなるもの。これ以上ジナを苦しめる前に別れてはどうか」と提案するが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第32話「さようなら、ジンハさん」あらすじ

ガンソクは、これからは風が冷たくなる季節だから、厚着をして通いなさい、とダナにきれいなコートをプレゼントした。さらに、ガンソクはダナを宝石店に連れて行き、結婚指輪を買おうと提案する。大きなダイヤが付いた指輪だけを見せるガンソクに、ダナは「ハ家では結婚指輪にダイヤがついているものはしない。金でできた丸い指輪にしよう」と言った。
そんな中、ガンソクはマンギ会長を訪ね、ダナと結婚したいと申し出るが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月18日

家門の栄光 第31話「テソン建設の危機、再び」あらすじ

ガンソクは、ダナがいないと生きるのがとてもつらい、ダナの心の中にジンハの記憶があっても、ただあなたをそばに置いておきたい、と正直な思いを伝えた。一方のダナは、自分を助けるために死んだジンハがかわいそうで、そんなことはできないと、自分の本当の気持ちを隠そうとする。しかし、ガンソクはダナなしでは生きていけない、お願いだからそばにいてほしい、と続けた。
そんな中、ヘジュは、ダナを忘れることができず毎日お酒を飲むヒョンギュを切なく眺めていたが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第30話「偶然か運命か」あらすじ

マンギ会長と一対一で話をするため、ハ家を訪ねたガンソク。見苦しくなく去る機会を差し上げたい、と告げたガンソクは、テソングループの株価を言い値で引き取るとマンギ会長に提案する。そのやりとりを部屋の外で聞いていたテヨンは、たまらず部屋に飛び込み、ガンソクの胸ぐらにつかみかかった。ガンソクのせいで家族たちが怒り、その様子をダナはつらい気持ちで眺めていた。
一方、ヨンインはジナを事務所に呼び、最近スヨンが仕事で大変だから横でなぐさめてあげてほしい、と頼むが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月08日

家門の栄光 第29話「お互い違う道を」あらすじ

ガンソクはヒョンギュに、「君が勝ったようだ、ダナが泣いているときはいつもそばにいてやってくれ」と頼んだ。するとヒョンギュは、ダナを愛しているのかと尋ね、「愛しているのになぜマンギ会長の会社をあのようにしたのか、愛より金の方が大事なのか?」と、ガンソクを問い詰める。
家に帰って来たガンソクは、妹ヘジュにヒョンギュとうまくいってほしかったが、そうできなくて申し訳ない、と告げた。ヘジュは、幼いころの優しかったガンソクがとても懐かしい、その時に戻って欲しいと言う。
一方のダナは、ヒョンギュに今日一日だけ、亡くなった夫ジンハになってほしいと頼み…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第28話「剣を抜くとき」あらすじ

酒を飲んでダナを訪ねたガンソクは、ダナに「何をしようとしているのか分からないが、するなと止めてくれ」言う。するとダナは、自ら止めなければ誰も止めることはできない、何もしてあげられず申し訳ない、と答えた。ガンソクはそんなダナを見て寂しげに笑った。
一方、スヨンとジナが一緒にいるところを見たヨンインは、スヨンにジナをどう思っているのか問い詰めるが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月06日

家門の栄光 第27話「記憶の奥」あらすじ

ガンソクに、「どうしてそんなに自分に残酷なのか」と尋ねたダナは、もっと自分を大切に思って生きた方がいい、と忠告する。ダナの言葉に、ガンソクは涙を浮かべていた。日が昇るのを見ながら、ガンソクはダナの手を握る。その後、二人は食堂にヘジャンクック(韓国料理・スープ)を食べに行き、ガンソクはダナを学校まで送り届けた。
一方、ダナが車から降りるところを見ていたヒョンギュは、朝早くからガンソクと一緒だったことに腹を立て、ダナを問い詰めるが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第26話「楽しい時間」あらすじ

宗家の前までダナを送って来たガンソクは、ダナのマフラーを直しながら「たとえ一時でも、僕があなたの恋人だったということ覚えておいてほしい」と告げた。帰宅したダナにヨンインが、お見合いの話を持ちかけると、ダナは亡き夫のことを忘れることができないと断る。
そんな中、妊娠中のヨンインは、ハ家の男たちに掃除や洗濯をさせていた。ちょうどその時、マルスンからの電話を受けたテヨンは、「友達の弔問」とウソの言い訳をして家を抜け出す。しかし、テヨンとマルスンが、コーヒーを買いに家の前のスーパーに立ち寄ると、息子のトンドンと鉢合わせしてしまい…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月01日

家門の栄光 第25話「初めてのプレゼント」あらすじ

テソン建設のリゾートが竣工し、グランドオープン式が行われる。雪ぞり場では、ダナがそりに乗ったまま、滑るのをためらっていた。そんなダナをガンソクが後ろから押すと、ダナはバランスを崩して転んでしまう。結局、ガンソクはトンドンと一緒にそりに乗ることに。
そんな中、ガンソクは、会社のエレベーターの前で、ヨンインがダナのお見合いについて電話で話しているのを耳にする。その後、ダナを訪ねたガンソクは、ゲームが終わる前にやれることはすべてやってみよう、とダナに提案する。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第24話「自分が罠に?」あらすじ

ヒョンギュが働いているカフェを訪ねたガンソクは、ヘジュの心を変えてくれてありがとう、とヒョンギュに告げた。一方のヒョンギュは、ダナを傷つけないでほしいとガンソクに頼む。
その後、ガンソクはダナに会いに博物館に行った。ガンソクは、お互い詮索しないという当初のルールが破られていて、ゲームはもう成立しないのに、これからどうやってこのゲームを続けるのか気にならないか、とダナに問いかける。その質問に、ダナは返事をしなかった。その後ダナは、ナム教授に「自分が、とても遠くに来てしまったようで怖い」と胸の内を明かす。
そのころ、退院することになったマルスンに、テヨンは携帯電話を買ってプレゼントする。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月27日

家門の栄光 第23話「カップル芸自慢」あらすじ

ダナにキスをしたガンソクは、今夜一緒にいてくれないかと頼むが、ダナはお互いもっと悲しくなるだけ、と言って断った。
帰宅したガンソクは、チョンガプと酒を飲みながら、父のつらい人生話を聞く。チョンガプは、人生は奪われるやつと奪うやつ、二種類しかない、とガンソクに話す。
一方、友人との忘年会で、ダナはガンソクとデュエットをして、ダンスまで踊ることになるが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第22話「そんなの愛じゃない」あらすじ

友人との忘年会を言い訳に、カラオケに来たガンソクとダナは、ダンスをして歌も歌う。ダナの心は、次第にガンソクに傾いていた。
一方、ヘジュは、お見合いをして結婚する、と両親に告げた。驚いて理由を聞いたガンソクに、ガンソクがダナと芝居で付き合うのをやめさせるには、そうするしかないとヘジュは言い放ち…。
そんな中、リストラで解雇され、不満のたまった会社の幹部たちが、ガンソクの家に押しかけて乱暴を働いた。落ち込むガンソクを、ダナが飲みに誘って慰める。帰り道、チラチラと舞う雪の中でガンソクが 「今日一度だけ堪えてくれますか?」という言葉とともに、ダナに甘い初キスをする。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第21話「ヘジュがアルバイトを?」あらすじ

ガンソクと登山をしたダナは、足の痛みが一層ひどくなる。帰宅してからもダナのことが頭から離れないガンソクは、ダナの足が心配で、明け方まで眠ることができずにいた。一方のダナも痛みに苦しみ、サムウォルとヨンインはそんなダナを心配そうに見つめる。
翌日、ダナが出勤していることを知ったガンソクは、仕事の合間を縫ってダナを訪ねた。ダナは、幼いころの青鶴洞(チョンハクドン)での暮らしや死んだジンハとの思い出をガンソクに話す。
一方、スヨンは会社の屋上で、ジナを抱きしめようとする元恋人ミンジュンを目撃し、思わず彼のあごをこぶしで殴ってしまう。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月22日

家門の栄光 第20話「兄さんのせいで」あらすじ

家の前にスヨンの車が止まるのを見たジナは、家の中から飛び出して来て、車の窓に両手をついて涙を流す。
そのころ、入院したマルスンは、テヨンとともに病室でマンガを読んでいた。すると、そこに実家の金銭問題で母親から電話がかかってくる。こらえきれなくなったマルスンは、テヨンの肩に顔を埋めて泣いてしまう。
そんな中、ガンソクの車に乗っていたダナは、ガンソクからの問いかけに、「ヒョンギュに隙を見せた罪で、こんな芝居をしているだけだ」と答える。その時、車が割り込んで来てガンソクは急ブレーキを踏んだ。横にいたダナのあ然とした表情に驚いたガンソクは…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第19話「愛する人は寒いところに」あらすじ

遊園地でガンソクはダナに「愛は中毒になるもの。それならば解毒剤として自分を利用するのはどうか」と問いかける。すると、ダナはガンソクのほおをたたこうとした。ダナの腕をつかんだガンソクは、二人の芝居がますますおもしろくなってきた、と言い残して去っていく。
そのころ、ジナはスヨンに、同じ会社で会うのがつらい、と別れを告げた。
一方、宗家のドキュメンタリーの制作を拒否するチュジョンに、局長は地方へ発令を出すと脅す。
そんな中、ダナとカラオケに行ったガンソクは、ダナに歌を歌わせるが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第18話「彼を苦しめないで」あらすじ

朝5時に目を覚ましたヨンインは、あくびが止まらない。毎朝韓服で、マンギ会長のご機嫌伺いをしなくてはいけないと教えるサムォルに、ヨンインは見逃してくれと頼んだ。さらに、朝食を済ませたヨンインは、男女が分かれて食事することは男女差別だ、とマンギ会長に訴える。
一方、長時間の講義で足が痛くなったダナは、車で送ると追って来るヒョンギュを振り払い、ガンソクに電話をかけて迎えに来てもらった。ガンソクの車に乗り込んだダナを、怒りをあらわににらむヒョンギュ。そんなヒョンギュを、ヘジュが遠くから眺めていた…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第17話「なんであいつと?」あらすじ

ガンソクは、ダナに正式に恋愛をしようと提案する。ヒョンギュへの片思いに苦しむヘジュのために、兄として何かしてあげたいというガンソクに対し、ダナはその提案を受け入れた。
翌日さっそく、ダナに会うため博物館にやって来たガンソク。ヒョンギュが現れると急にダナと親しげに接し始める。そんな二人を見て、ヒョンギュは怒りながら出て行ってしまった。
ソクホとヨンインの結婚式の日、宗家の庭先では伝統婚礼が行われていた。紗帽と冠帯で礼装をして「雁(がん)」を持つソクホと、ほお紅を取ったヨンインが花みこしに乗って入場するが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月16日

家門の栄光 第16話「ヘジュのために」あらすじ

家族全員が集まった席でマンギ会長は、ソクホとヨンインを結婚させなければならないようだと話した。しかし、二男のテヨンだけが、重病にかかっているヨンインとの結婚は絶対にダメだと騒ぎ立てる。
そんな中、ヨンジャは、ダナが新婚旅行中に事故に遭い、夫に先立たれたことを、チョンガブとガンソクに話した。
一方、韓定食屋では、じっと黙ってソクホとヨンインが座っていた。その向かいには、目をつぶってマンギ会長が座っている。ようやく口を開いたマンギ会長はヨンインに、これからは、自分のことより相手のことを気遣ってくれ、と頼んだ。
そのころ、ヒョンギュにストーカー扱いされて傷ついたヘジュは、ショックで倒れているところをガンソクに発見され、病院に運ばれるが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第15話「交換条件」あらすじ

ヨンジャに歴史を教えるため、イ家にやって来たダナは、家族と一緒に夕飯を食べることに。そこでガンソクは、家系図を渡さない張本人はダナだと話し、さらに、金ではどうすることもできないこともある、ということを知らせるという使命感だけを持って生まれた、おかしな性格の持ち主と、ダナに対して皮肉を言った。
一方、酒に酔って屋台を出たマルスンは、女性を殴っていた男と路上でけんかになる。すると、マルスンがやられている姿を偶然目撃したテヨンが応援に入り…。
そんな中、ヨンインが妊娠をしたから結婚する、とソクホから告げられたマンギ会長は、驚きのあまり言葉を失って…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第14話「あなたしか見えない」あらすじ

イ家を訪れたダナは、ヨンジャにまず歴史の勉強に対する意見を聞くと、ヨンジャは、骨董(こっとう)品の勉強をしたいと話す。ダナは、それは自分の専攻ではないため、役に立てるかどうか分からないと答えると、ヨンジャは大声で騒ぎ始めた。さらに授業が終わると、ヨンジャはどこかに電話をかけ、授業内容を誇らしげに話し始め…。
一方、ガンソクが経営に参加することに不満を抱くテヨンは、父ソクホと三人で飲みに行こう、と双子の兄スヨンを誘った。しかし、ソクホを呼びに来た二人は、事務室でソクホがヨンインを抱きしめているところを目撃してしまい…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第13話「自慢の娘」あらすじ

宗家で行われる法事の様子が気になるチョンガプは、マンギ会長の家を訪ねた。一通り法事の様子を見学すると、村老たちがチョンガプの家門について質問をする。しかし、チョンガプは、家柄を自慢しているようになるので話したくない、と言ってごまかした。
一方、ガンソクのことを気に入った、マンギ会長の妹チュジョンは、気を引こうとわざとガンソクの服に水をこぼす。すると、ダナがそのぬれた服をアイロンで乾かしてくれた。ガンソクは、そんなダナを熱い視線で眺めるが…。
そんな中、ヨンジャが、ダナから歴史を習いたいと言い出した。夫チョンガプがソクホのもとを訪れ、ヨンジャの意思を伝えるが、会社の資金繰りのこともあり、ソクホはその依頼をなかなか断れない。結局、マンギ会長がダナを呼び出し、気持ちを聞いてみることになり…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第12話「俺の命、手に負えますか」あらすじ

歴史の勉強会に参加できないという連絡を受け、ショックを受けるヨンジャ。そんな母にガンソクは、他の会員がヨンジャの美ぼうにやきもちを焼いて参加させてくれないのではないか、と言って慰めた。
そんな中、ヨンインは、ソクホに電話をかけて食事に誘った。しかし、ソクホは嘆きながらもその誘いを断る。
そのころ、ダナはマンギ会長に、チョンガプ親子と手を組むことは危険が伴う可能性があるので考え直してはどうか、と提案する。しかし、マンギ会長は、私たちが始めた事業で故郷の人たちの血税が無駄使いされるのを見過ごすことはできない、ガンソクにはその気持ちだけでも分かっていてほしい、と語った。
一方、亡くなった曽祖父の位牌(いはい)の前で、三国志を読んであげているトンドンを見たマンギ会長とダナは、思わずその姿にほほ笑んで…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月10日

家門の栄光 第11話「家系図の代価」あらすじ

ダナは、退院してきた広報室長ヨンインにワカメスープを作ってあげようと、家を訪ねた。ヨンインは、上品で穏やかなダナを見て、「宗家で育つと、みなそのようになるのか」と尋ねる。ダナは、祖父が真心を込めて名前をつけてくれたので、それに反しないように生きようと思っているからではないか、答えた。するとヨンインは、ダナの父ソクホと結婚できない理由を正直に話した。独りにしてほしいと、ダナを帰らせようとするヨンインに、それはできないとダナは黙々とスープを作り続けた。
そんな中、ダナが勤める学校を訪れたガンソクは、テソン建設が倒産の危機にひんしていることを知っているのか、とダナに尋ねる。そして、家系図を渡せば、テソン建設を助けることができると持ち掛けるが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第10話「完璧主義」あらすじ

お見合いをすることになったガンソク。しかし、相手を紹介したチェ先生が、ガンソクの母ヨンジャを粗末に扱う様子を見て、ガンソクは、「先生が従うべき人は誰なのか良く考えるべきだ」と声を荒げる。チェ先生がその勢いに圧倒されていると、ガンソクはさらに「二度と自分の規格に満たない女を紹介しないように」と続けた。
そのころ、マンギ会長と二人きりで部屋にいたテヨンの息子トンドンは、退屈になってコンピューターゲームをしたいと騒いでいた。マンギ会長は、健康にもっと良いことをしろ、そのまま部屋でコロコロと転がり回りなさいと言う。そんなトンドンのために、ダナが三国志のマンガを買ってあげると、マンギ会長とトンドンがマンガの取り合いを始めて…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第09話「マンギの覚悟」あらすじ

マンギ会長は、ガンソクを誘いだし、二人で話し合いの場を作った。会長はガンソクに、自分の会社を守るためだけではなく、故郷の人たちの血税が投資されている事業だから、その人たちに迷惑をかけないよう何とか手を組みたい、と頼み込む。ガンソクが、自分と手を組めば多くの危険を引き受けることになるが、それでも手を組むのか、と問うと、マンギ会長は、選択の余地はないと答えた。
一方、ダナはヒョンギュに、亡くなった人とあまりにも似ていてつらいので、これ以上自分に近付かないでほしいと頼むが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月06日

家門の栄光 第08話「家系図は渡さない」あらすじ

不渡りのウワサが広まり、テソン建設は苦しい状況に陥っていた。ソクホの事務室では、テヨンとスヨンがチョンガプのたくみな駆け引きに頭を悩ませる。
同じころ、チョンガプは、「交渉事では相手を強く追い詰め過ぎるな」と息子のガンソクにアドバイスしていた。その時、スヨンから、業務提携についての話し合いを求めて、電話がかかってくる。しかし、その電話にガンソクは、あえて出なかった。
そんな中、どうしても「李氏」の家系図を手に入れたいガンソクは、「李氏」の家系図をノ教授に預けたというイ氏のもとを訪ねていた。息子が病気で入院費も払えなくなって苦しい状況のイ氏に、ガンソクは入院費を出す代わりに家系図を売れ、と迫る。そこにノ教授に頼まれて入院費を払いに来たダナとヒョンギュが現れた。するとダナは、「家系図は、売買する品物ではなく、最善をつくして守るもの」と言い放ち、入院費の不足分を自分の預金から援助することを宣言する。さらに、ダナはなおも攻撃的にケンカを売ってくるガンソクのほおを打ち、ヒョンギュも、ガンソクの胸ぐらにつかみかかる。すると、ガンソクは、ヒョンギュの顔をこぶしで打ち…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第07話「テソン建設の危機!?」あらすじ

ダナはヨンインに会い、父ソクホとの結婚に対する考えを問うが、ヨンインは、自分のことには構わないでほしいと告げる。
一方、ヒョンギュは、大学のキャンパスでサッカーをしているダナを見つめていた。ダナへの思いがなかなか届かずにいるヒョンギュに、ナム教授は、こういう時は、まともにぶつかってみなさいと、ヒントを与える。サッカーを終え、顔を洗って出てきたダナに、ヒョンギュは、一生ダナの忘れられない人の振りをしながら生きることもできる、自分は身代わりでもいいと言うが、ダナは「そんなことはできない」ときっぱりと言い切った。
そんな中、サムォルは、夜遅くにダナの部屋に明かりがついていることに気付き、ダナを訪ねた。すると、ダナの足にはひどい傷あとが。サムォルは、ひざに顔を埋めたダナの肩を優しく抱いた。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第06話「伝わらない想い」あらすじ

広報室長ヨンインの電話を受け、駆けつけたソクホは、倒れているヨンインを見つけて急いで病院に運んだ。
一方、女性警官のマルスンとジナはサウナで会い、意気投合した二人は、一緒に暮すことになる。しかし、マルスンは家事をジナ任せて出勤してしまい…。
そのころ、テヨンは妻ヒョノクと二人、駅のホームに並んで立っていた。ヒョノクはテヨンに「あなたは、そんなに悪い人ではない」という言葉を残して汽車に乗る。遠ざかる汽車を眺め、テヨンは今までの感謝と謝罪の気持ちを心の中でかみしめていた。
そんな中、ダナとガンソクはホテルの廊下で会い…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第05話「私の大切なものあらすじ

ソクホは、父であるハ・マンギ会長に、「結婚を承諾してほしい」と頼み込んでいた。しかしマンギは、妻の三回忌が過ぎてからにしろ、と言い放つ。それでも続けるソクホに、「相手は、どんな家柄の人なのか?」と尋ねたマンギ。ソクホが、イ・ヨンイン広報室長だと言うと、マンギは聞かなかったことにしようと告げた。そのやりとりを廊下で聞いていたほかの家族も、ソクホの結婚相手が会社の広報室長だと言う話を聞き、驚きを隠せない。
一方、離婚した妻ヨンヒがアメリカに出発するのを見送ったスヨンは、空港の車道に急に飛び出してきたジナに驚き、急ブレーキを踏むが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年01月30日

家門の栄光 第04話「ヘジュのお兄さんは・・・」あらすじ

テヨンのドタバタに巻き込まれ、宗家に住むことになったトンドン。ハ・マンギ会長は、大人と一緒の部屋で過ごし、いろいろと学ぶようにとトンドンに忠告する。さらに、マンギは、テヨンの妻ヒョノクを訪ね、何とかテヨンと離婚しないよう頼みこんだ。しかしヒョノクは、テヨンの連れ子トンドンを我が子のように育てようとしたが、テヨンの浮気ぐせには耐えられなかったと謝った。
ガンソクの妹ヘジュは、大学で史学を教えるダナの授業で、レポートを発表しなければならず、プレッシャーに押しつぶされそうになっていた。ヘジュは失神して倒れ、ダナはヘジュを病院へ連れて行く。すると連絡を受け駆け付けたガンソクが、ヘジュが倒れたのはダナのせいだと責め立てて…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第03話「ハ家には戻りません」あらすじ

ソクホは、娘のダナにハ・マンギ会長を頼む、と言い、出勤していく。ハ・マンギ会長が、宗家の位牌(いはい)堂でお辞儀をし、位牌を念入りに磨きながら、「生きて二度とこの部屋に立ち入ることはできない」と話すのを聞き、ダナは唇をかみしめ泣くのをこらえた。
一方、テヨンは息子トンドンとともに妻ヒョノクを訪ね、「愛している」と言って離婚を思いとどまるように頼むが、ヒョノクは「あなたがモーテルに行った時に、すでに関係は終わった」と言い放った。
そのころ、ガンソクは妹のヘジュが、同じ大学の学生ヒョンギュの捨てた紙コップを、ごみ箱から拾う姿を偶然目撃して…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年01月28日

家門の栄光 第02話「宗家のお葬式」あらすじ

宗家に集まった家族たちは、伝統の葬儀の順序に従い、喪服に着替え弔問客を迎えた。弔問に来たガンソクの父イ・チョンガプは、香典を受け取らない宗家の対応を不思議に思う。一方、裏庭でダナに会ったガンソクは、ダナに皮肉を言った。その無礼な態度に怒ったダナは、ガンソクのほおを思い切りたたく。
そんな中、弔問に訪れたテソン建設の広報室長イ・ヨンインが、つわりで吐き気をもよおした。社長のソクホは、そんなヨンインの背中をなでるが、ヨンインは手術をすると言う。そんな二人を、ダナは心配そうに見つめていた。さらに、テソン建設のハ・マンギ会長は、頼りない息子ソクホに愛想をつかし、居間でソクホに枕を投げ付ける。すると、ソクホの頭から血が流れて…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。

家門の栄光 第01話「曽祖父の危篤」あらすじ

パンツ一枚でモーテルにいたテヨンは、警官と妻ヒョノクに部屋に乗り込まれ、連れて行かれそうになる。その時、テヨンは、若い男と部屋から出てきた兄嫁ヨンヒと、廊下でばったり出くわした。ヨンヒをとがめたテヨンが、相手の男と言い争いになり、テヨンは警察へ連行されることに。
連絡を受け、警察署へやって来たテヨンの双子の兄スヨンは、妻ヨンヒにそのことを問いただした。離婚したいというヨンヒの前にひざまずき、別れたくないとすがるスヨン。その時、曽祖父が亡くなったという連絡が入り…。
一方、済州(チェジュ)島へ出張していたダナは、曽祖父の危篤の連絡を受け、空港へ駆けつけた。しかし、チケットを買うことができず、偶然出会ったガンソクにチケットを譲ってほしいと頼むが…。

以前・以後のあらすじは、家門の栄光 韓国ドラマデータベースから見れます。