【スポンサードリンク】

« 負けたくない! | メイン | 武神 »

2013年09月04日

武人時代 第158話「武人たちの時代」あらすじ(最終回)

チェ・チュンホンが病床に就き、側近らは後継者争いを憂慮する。チェ・ウが跡を継いだら、現在の軍部は刷新されると言いふらして、味方を集めるチェ・ヒャン。目を覚ましたチェ・チュンホンは、チェ・ウの権力者としての器を確かめて自分の後継者に決め、一方のチェ・ヒャンはチェ・ウを倒そうと挙兵するが、敗北して追放される。そんな中、再び倒れたチェ・チュンホンの前に、大義を胸に抱いた若き日のチェ・チュンホンが現れる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年08月31日

武人時代 第157話「蒙古の影」あらすじ

チェ・チュンホンに苦言を呈したイ・ギュボが投獄されるが、民心の離反を憂慮したノ・イヌの進言によって放免される。一方、チャウンソンに恨みを持つ楊水尺(ヤンスチョク)が契丹(きったん)軍に協力していると知ったチェ・チュンホンは、チャウンソンを追放する。1219年、蒙古軍と連合軍を結成して契丹軍の討伐に成功し、高麗は蒙古と兄弟国になる。そんな中、戦場から帰ったチェ・ヒャンは、宴席で兄のチェ・ウを公然と非難し、兄弟間での後継者争いが再燃する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第156話「僧侶の反乱」あらすじ

都城の固い防備に疲弊した契丹(きったん)軍は退却するが、なおも続く戦乱に、チェ・チュンホンは僧侶を兵士として徴発し、寺院の財産を奪う。これに反発した僧侶たちが、チェ・チュンホンの暗殺を図るが失敗に終わり、反乱を扇動したとしてチョン・スクチョムが罪に問われてしまう。新たにキム・チリョらが討伐軍として出陣するが、自らの権勢を守るため、精鋭軍である都房(トバン)の兵を出陣させないチェ・チュンホンに、民の不満は高まっていく。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年08月28日

武人時代 第155話「脅威」あらすじ

父の誤解を解くため、チェ・ウはチョン・スクチョムの策略によって刺客を捕らえる。一方、骨肉の争いを防ぐため帰京したと言うチャウンソンは、チェ・チュンホンに、チョン・スクチョムを警戒するよう言う。そんな中、康宗(カンジョン)が病死し、高宗(コジョン)が即位する。1216年、契丹(きったん)が国境を越えて侵攻してくる。チェ・チュンホンは邪魔なチョ・チュンやチョン・スクチョムを先鋒として出陣させるが敗退し、都の直前まで契丹軍の進撃を許してしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第154話「確執」あらすじ

廃太子となっていた明宗(ミョンジョン)の長男が康宗(カンジョン)として即位する。康宗は国政をチェ・チュンホンに一任し、チェ・チュンホンは教定都監(キョジョンドガム)を設置する。ホンニョナは、王室の権威を失墜させ国を危機に陥れているとしてチェ・チュンホンを非難し、俗世を離れる。一方、チェ・ウとチェ・ヒャンの間で、後継者の座をめぐる確執が表面化し始める。そんな中、チェ・チュンホンの屋敷が放火され、犯人はチェ・ウとチョン・スクチョムだという噂が流れる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第153話「王の罠」あらすじ

熙宗(ヒジョン)は頻繁に宴会を催し、毒を警戒して酒を口にしないチェ・チュンホンを愚弄する。熙宗のチェ・チュンホン暗殺計画は嘘だということが明らかになるが、そんな中、チェ・チュンホンは、宴席で熙宗が倒れたという知らせを受けて、急ぎ王宮に向かう。その場で刺客に囲まれたチェ・チュンホンは、熙宗の面前で大逆罪を認めるが、駆けつけた都房(トバン)の兵に助けられ、無事に逃亡する。そして熙宗は、チェ・チュンホンによって廃位させられる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年08月24日

武人時代 第152話「毒入りの酒」あらすじ

ホンニョナから暗殺計画を聞かされたチェ・チュンホンは、王宮を掌握した上で熙宗(ヒジョン)に面会し、これに対して熙宗は立太子をチェ・チュンホンと相談する。熙宗は国政をチェ・チュンホンに一任するが、同時に王室が南宋の毒薬を買い求めているという噂を流させる。一方、過去に虐待された恨みを晴らすため、楊水尺(ヤンスチョク)たちに無意味な工事をさせているチャウンソン。チャウンソンはチェ・ウに対して、弟のチェ・ヒャンに警戒するよう言う。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第151話「豪邸」あらすじ

脚の腱を斬られ流刑となるパク・チンジェは、キム・チリョに対して、蛮族の脅威から国を守るため、チェ・チュンホンの権勢には立ち向かわないよう忠告する。一方、平服姿で王宮に出入りし、国王並みの権勢を誇るチェ・チュンホン。新居で宴会を開くチェ・チュンホンに対して、ノ・イヌは強い非難の声を浴びせる。そんな中、熙宗(ヒジョン)はチェ・ウを重用し始めるが、離間策だと見抜いたチェ・チュンホンは、チェ・ウを都から離れさせる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年08月21日

武人時代 第150話「救国の剣」あらすじ

国を救うため乱臣を処断すると言うパク・チンジェ。幸い手傷を負っただけで済んだチェ・チュンホンは、パク・チンジェの背後に王室がいるのではと睨み、熙宗(ヒジョン)の廃位を画策する。逃亡先で潔く自害しようとするパク・チンジェだが、そこに現れたキム・チリョから王が廃位されそうだと聞かされると、自らチェ・チュンホンのもとに向かい、大義を忘れて乱臣に成り下がったチェ・チュンホンを諫め、挙兵は王室とは無関係であると証言する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第149話「木像の誓い」あらすじ

パク・チンジェに罪があっても許すようチェ・チュンホンに頼む熙宗(ヒジョン)。一方、収奪に苦しむ民の姿を目の当たりにしたパク・チンジェは、夢の中でトゥドゥウルから、乱臣チェ・チュンホンを斬れと言われる。そんな中、監門衛(カンムニ)将軍のキム・チリョは、パク・チンジェが謀反とは無関係だと証言する。帰京したパク・チンジェを歓迎するチェ・チュンホンだが、パク・チンジェはわずかな決死隊を率いて、チェ・チュンホンの屋敷を襲撃する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第148話「軍部の不満」あらすじ

パク・チンジェの追及にチェ・チュンホンは、大義を果たすためには、人材が育ち国庫が豊かになるまで待つべきと諭し、自分が乱臣になったならば進んで命を差し出すと言って剣を与える。一方、熙宗(ヒジョン)はこれ見よがしにパク・チンジェを重用する。そんな中、不公平な人事に不満を抱いた金吾衛(クモウィ)将軍のイ・グァンシルが、チェ・チュンホンを討とうと企むが、熙宗がその計画をチェ・チュンホンに知らせたため、イ・グァンシルは捕らえられる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年08月17日

武人時代 第147話「大義を信ずる者」あらすじ

私兵の養成を問いただすチェ・チュンホンに対して、乱臣を処断し挙兵の大義を守るための私兵だと答えるパク・チンジェ。チョン・スクチョムはチェ・チュンホンに、民を救うという大義を盲信する者が、いずれ剣を突きつけてくるだろうと警告する。一方、チャウンソンは、チェ・チュンホンに権勢を握らせるため、自ら身を引く。そんな中、チェ・チュンホンの封侯立府(ポンフイップ)を祝う宴席で、パク・チンジェが公然とチェ・チュンホンを非難する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第146話「恩門相国(ウンムンサングク)」あらすじ

チェ・チュンホンは朝廷の最高位である門下(ムナ)侍中(シジュン)に任命され、同時に恩門相国(ウンムンサングク)の称号を与えられる。文人として名高いイ・ギュボはこれを非難し、それを聞きとがめたノ・イヌによって、チェ・チュンホンのもとに紹介される。一方、チェ・チュンホンの屋敷に住み着いた易者のイ・ジシクは、チェ・チュンホンに対して、熙宗(ヒジョン)と相剋(そうこく)の関係であると警告する。そんな中、枢密使(チュミルサ)ウ・スンギョンが熙宗に願い出て、チェ・チュンホンの暗殺を図る。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年08月14日

武人時代 第145話「譲位」あらすじ

意識を回復し譲位の意向を明らかにした神宗(シンジョン)は、チェ・チュンホンにひざまずいて太子のことを頼む。一方、天候を自在に操るトゥドゥウルの神通力を恐れ、士気の下がった鎮圧軍は、ペジャの軍勢の奇襲を受けて敗退する。しかし、パク・チンジェがトゥドゥウルの首を斬ると、ようやく反乱の鎮圧に成功する。そんな中、神宗の譲位を受けて熙宗(ヒジョン)が即位する。即位式で熙宗は、自分を王座に就けた恩人として、チェ・チュンホンに礼を尽くす。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第144話「迫る嵐」あらすじ

栄枯盛衰を見届けるため、再びチェ・チュンホンに仕えると言うホンニョナ。そんな中、神宗(シンジョン)が背腫で危篤になる。動揺の広がる朝廷に、ノ・イヌは太子に譲位することを提案し、チェ・ウの義父であるチョン・スクチョムは、チェ・チュンホンに王座に就くつもりなら協力すると申し出る。一方、ペジャの農民軍の奇襲で敗走した鎮圧軍に代わり、ペク・チョニュの率いる精鋭軍がやって来る。だが、出陣の直前、突然の嵐に見舞われてしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第143話「金剛夜叉の亡霊」あらすじ

徐羅伐(ソラボル)一帯でイビとペジャの反乱が起こる。彼らの背後にトゥドゥウルがいると知ったチェ・チュンホンは、パク・チンジェを問いただし、鎮圧軍の先鋒に任命する。新羅の復興を目指すトゥドゥウルは、パク・チンジェに面会を申し出て、挙兵の大義を失った乱臣を斬り、鶏林(ケリム)の大義を果たそうと誘惑する。パク・チンジェは鶏林の民に兵糧米を分け与え、それに憤慨して民を皆殺しにしたイビが、民の密告によって捕らえられてしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年08月10日

武人時代 第142話「貴賤のない世の中」あらすじ

マンジョクを救うため、再びチェ・チュンホンに仕えると言うホンニョナ。チェ・チュンホンに面会したマンジョクは、貴賤のない世の中を作るために蜂起したと言って、チェ・チュンホンに別れを告げる。奴婢たちは最後までマンジョクと共に戦うが、捕らえられて処刑され、奴婢は人ではないとして、その遺体は川に投げ捨てられる。一方、朝廷ではマンジョクの反乱に対して、その主人であるチェ・チュンホンを問責する意見が出される。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第141話「マンジョクの乱」あらすじ

チェ・チュンホンに対し、乱臣となるのは避けられない運命と言い放つホンニョナ。また、刑部(ヒョンブ)官憲(クァノン)となったノ・イヌも、権勢を手放さなければ、挙兵の大義もやがて腐敗すると忠告する。一方、マンジョクは奴婢たちを集めて、蜂起の計画を立てる。そんな中、チャウンソンが反乱計画を告発し、スンジョンが捕らえられ、自白させられる。そして蜂起の当日、進撃しようとする奴婢たちは軍部の奇襲を受け、マンジョクは普済(ポジェ)寺に敗走する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年08月07日

武人時代 第140話「人間らしく」あらすじ

ホンニョナのもとで、マンジョクが刺客たちと一緒にいると聞かされたチェ・チュンホン。チェ・チュンホンはマンジョクに、かつてチョ・ウィチョンの乱で、自分を助ける際にマンジョクが受けた矢の矢尻を見せながら、奴婢の身分から解放して良民にしてやると提案する。だが、マンジョクはそれを拒絶し、人を貴賤で分ける世の中を覆すため、スンジョンやミジョイらと契りを結ぶ。そんな中、ホンニョナは太子に呼ばれて王宮を訪れる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第139話「奴婢の反乱」あらすじ

刺客の正体が奴婢だと知ったチェ・チュンホンは、マンジョクを問いただすが、マンジョクは潔白を主張する。その夜、奴婢たちの砦が襲撃され、負傷したミジョイはマンジョクに助けられて、ホンニョナのもとで手当を受ける。チェ・チュンホンはマンジョクを鞭打ちにして尋問し、チャウンソンは使用人のヨンボクにマンジョクの様子を探らせる。これに対してマンジョクは、スンジョンに協力を申し出て、反乱の先頭に立つ決心をする。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第138話「太子の屈辱」あらすじ

密書を偽造したのが太子だと知ったチェ・チュンホンは、太子を問い詰める。初めは容疑を否認する太子だが、宦官のワン・ジュンミョンが捕らえられ、太子は土下座してチェ・チュンホンに謝罪する。王位に就けばこの屈辱を晴らすと誓う太子。一方、太子妃がチェ・チュンホンによって復位される。そんな中、チェ・チュンホンが自分の欲望のために弟を殺害したという貼り紙が街中に貼られ、また、チェ・チュンホンが刺客に襲われる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年08月03日

武人時代 第137話「兄と弟」あらすじ

都に進撃すると息巻くチェ・チュンスに対して、勝ち目がないことを悟った六衛(ユグィ)の将軍たちは、チェ・チュンホンのもとに投降する。自分を捕らえに来た六衛の将軍たちを返り討ちにしたチェ・チュンスだが、そこへノ・ソクスンらの軍勢が襲いかかり、敗走を余儀なくされる。追い詰められたチェ・チュンスは、ここで生き残っても兄の足かせになるだけと、パク・チンジェに自らの首を斬らせ、チェ・チュンホンは弟の首に嘆き悲しむ。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第136話「婚礼当日」あらすじ

チェ・チュンスの娘の輿入れの行列を、チェ・チュンホンの軍勢が阻む。王の密書を見せて婚礼の正当性を訴えるチェ・チュンスだが、密書は偽造であることが判明する。撤退を命じるチェ・チュンホンだが、側近らの主張によって、チェ・チュンスは王宮に進撃する道を選び、王宮前でチェ・チュンホンとチェ・チュンスが剣を交える事態となる。母のユ氏はチェ・チュンスを許すよう懇願するが、チェ・チュンホンは私情を挟めないと言う。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年07月31日

武人時代 第135話「兄弟の絆」あらすじ

功績を独り占めしていると責めるチェ・チュンスに、土下座をして縁談を思いとどまらせるチェ・チュンホン。これに対してチャウンソンは、チェ・チュンスが思い上がって、挙兵の大義を台無しにするかもしれないと忠告する。そんな中、太子から縁談を予定通り進めるよう言われ、再びその気になったチェ・チュンスは、母やパク・チンジェらの説得にも耳を貸さない。ついにチェ・チュンホンは、神宗(シンジョン)にチェ・チュンス殺害の王命を受ける。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第134話「弟の野望」あらすじ

いつ政治から手を引くつもりかと問い詰めるチョ・チュンに、王権が安定し朝廷が刷新されるまでだと答えるチェ・チュンホン。その頃、流刑先のトゥ・ギョンスンは、明宗(ミョンジョン)に許しを請いながら自決の道を選択した。一方、そんな中、チェ・チュンスは、自分の娘を太子妃の座に就けるため、今の太子妃を強引に連行し、廃位を宣言する。それを知ったチェ・チュンホンは、チェ・チュンスの屋敷に乗り込んで、婚礼品を燃やしてしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第133話「雨の中の廃位」あらすじ

新王の擁立に賛同するか、正統性のない愚かな王に忠誠を捧げて死ぬかの選択を迫るチェ・チュンホンに、トゥ・ギョンスンは明宗(ミョンジョン)の身の安全を保障させた上で、連行されていく。チェ・チュンスが王宮を掌握し、明宗に廃位を突きつける。チェ・チュンホンと談判した明宗は、挙兵の大義に同意して自ら王宮を去り、太子と太子妃、そして太孫もそれぞれ流刑となる。チェ・チュンホンの推戴によって、平凉公(ピョンニャンゴン)が20代王・神宗(シンジョン)として即位する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年07月27日

武人時代 第132話「愚かな王」あらすじ

王命を受けたトゥ・ギョンスンは、チェ・チュンホン殺害のための計略を練り、明宗(ミョンジョン)はチェ・チュンホンとチェ・チュンスに功臣の称号を与えて、興王(フンワン)寺の行幸に功臣としてチェ・チュンホンを同行させる。ペク・チョニュから、トゥ・ギョンスンが万全の準備をしていると密告を受けたチェ・チュンホン。行幸の間は何事も起こらず、その帰り道、都に来たところで民が愚かな王は退位しろと投石するが、チェ・チュンホンは明宗を保護する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第131話「封事十条」あらすじ

兵を率いて進撃してくるチェ・チュンスと、それを阻むチェ・チュンホン。対峙する兄弟のところへ母のユ氏が止めにやって来る。チェ・チュンホンは明宗(ミョンジョン)に“封事十条”を献じ、悪徳官吏や悪商人が処罰されて、民は万歳を叫ぶ。一方、ホンニョナはチャウンソンに妓房を託して都を去り、マンジョクはなぜホンニョナを見捨てたのかとチェ・チュンホンに問い詰める。そんな中、明宗はトゥ・ギョンスンにチェ・チュンホンの殺害を命じる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第130話「粛清」あらすじ

ホンニョナのもとを訪れ、よりを戻そうと言うチェ・チュンホン。その頃、チェ・セボら重房(チュンバン)の長は、チェ・チュンホンの部下に粛清され、チェ・チュンスは宦官や女官らを拷問して、イ・ウィミンとの内通を調査する。明宗(ミョンジョン)は、官職を望んで挙兵したわけではないと主張するチェ・チュンホンに対し、わざと将軍のまま昇進させずにおく。この扱いにチェ・チュンスは激怒し、チャウンソンも王に捨てられるくらいなら、王を廃位すべきと言う。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年07月24日

武人時代 第129話「一家の末路」あらすじ

イ・ジヨンの首がイ・ウィミンと共にさらされる。チェ・セボをはじめとする重房(チュンバン)の長は、イ・ジスンを味方に付けてチェ・チュンホンの殺害を決議するが、イ・グァンジョンがそれを密告する。王宮に進撃するイ・ジスンだが、既にチェ・チュンホンは王宮を掌握しており、重房会議を招集して朝廷と重房の和合が宣言される。イ・ジスンとイ・ジグァンはチェ・チュンホンに降伏して処刑され、イ・ウィミンの遺体も荼毘に付されるのだった。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第128話「金剛夜叉の首」あらすじ

イ・ジスンが明宗(ミョンジョン)を保護して王宮に戻ったと聞いたトゥ・ギョンスンは、チェ・チュンホンと手を結ぶ。一方、父の首がさらされていると知ったイ・ジスンは、トゥ・ギョンスン討伐のため重房(チュンバン)の兵を動員する。密かに明宗に謁見したチェ・チュンホンは、イ・ウィミン殺害が王命だったと表明するよう懇願するが、明宗はもはや武人の忠誠を信じられないと言い放つ。トゥ・ギョンスンは事態の収拾を命ずるが、チェ・チュンホンは納得しない。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第127話「黄龍の最期」あらすじ

イ・ウィミンが鶏林(ケリム)の黄龍として昇天できるよう天に祈っているところへ、チェ・チュンホンの軍勢が襲いかかる。ブルとチェ・ブは壮絶な戦死を遂げ、イ・ウィミンもまた、チェ・チュンホンの手によって斬首される。一方、異常事態に気付いたイ・ジスンは、兵を集めて王宮と都を占領する。そんな中、都ではイ・ウィミンの首がさらされる。トゥ・ギョンスンはイ・ウィミンの首を下ろすように命ずるが、ノ・ソクスンはそれを拒絶する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第126話「再起を賭けて」あらすじ

トゥ・ギョンスンは、明宗(ミョンジョン)が普済(ポジェ)寺に訪れる日を狙ってイ・ウィミンを討つ計画を練るが、いざ当日、イ・ウィミンは病気を理由に現れなかった。計画の中断を命ずるトゥ・ギョンスンに対して、チェ・チュンホンは独断でイ・ウィミンの屋敷を襲撃するが、イ・ウィミンは不在であった。その頃、弥陀(ミタ)山を訪れたイ・ウィミンは、廃墟となった軍営に愕然とし、残った兵を集めて再出発を誓う。そこへチェ・チュンホンの軍勢が奇襲してくる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年07月17日

武人時代 第125話「栄華の陰り」あらすじ

欲のせいで全てが水の泡になったとイ・ウィミンを叱責し、絶縁を宣言するトゥドゥウル。イ・ウィミンは、栄華のために黄龍の大業を忘れたのかと自責する。一方、刺客の黒幕だと決めつけられたことに対し、自らイ・ウィミンを訪ねて弁解するチェ・チュンホン兄弟の態度に、イ・ウィミンは不問に付す。そんな中、泥酔したイ・ジヨンが明宗(ミョンジョン)の側室を暴行する事件が起こる。明宗はトゥ・ギョンスンに、イ・ウィミンを倒すよう血書を送る。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第124話「功臣の涙」あらすじ

自分に何の罪があるのかと斧を振り上げるイ・ウィミンの気勢に、明宗(ミョンジョン)は内通疑惑の調査の中止を宣言する。一方、ホンニョナは、奇襲の最中に重傷を負ったチェ・ウを助け、縁はこれで最後とチェ・チュンホンに別れを告げる。壁上功臣に封じられ、朝廷の最高位である門下(ムナ)侍中(シジュン)となったイ・ウィミンは、ホンニョナを功臣閣に連れ込み、これまでの苦労に涙を流す。そんな中、イ・ジヨンは、刺客の黒幕がチェ・チュンスだと突き止める。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年07月14日

武人時代 第123話「性急な挙兵」あらすじ

乱を鎮圧して帰還するイ・ウィミンは、天罰を与えろと息巻く民を皆殺しにする。イ・ウィミンの横暴に明宗(ミョンジョン)は、トゥ・ギョンスンを壁上功臣として、イ・ウィミンを武装解除させ、敵との内通疑惑を調査させるが、確かな証拠を掴めないまま時が過ぎる。そんな中、大勢がイ・ウィミン討伐に傾くまでは挙兵しないと言う慎重なチェ・チュンホンに対して、しびれを切らしたチェ・チュンスは単独で挙兵を図り、イ・ウィミンの屋敷を奇襲する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第122話「悲しき裏切り」あらすじ

都に進撃してくるキム・サミの軍勢に対し、イ・ウィミンは討伐軍を出陣させる。そんな中、ホンニョナは、孤立無援となったイ・ウィミンを気遣ううちに、いつしかイ・ウィミンに心を奪われてしまっていた。一方、自ら鶏林(ケリム)の王室を建てると宣言したキム・サミだが、そこへチェ・ブの軍勢が襲撃し、チャソンは自決する。敗走したキム・サミも、イ・ウィミンの前にひざまずき、黄龍の大業とは民を救うことだと言い残して、斬首される。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第121話「犯人捜し」あらすじ

明宗(ミョンジョン)は新たな鎮圧軍の編成を命ずるが、重房(チュンバン)は首長のイ・ウィミンが不在では何も決議できないと態度を一変させる。一方、イ・ウィミンはアランを殺害した犯人捜しを命じる。現場に落ちていた短刀から、ブルはイ・ジヨンを犯人と睨んで自白を勧めるが、息子の代わりに犯人だと名乗り出たチェ氏は、逆上したイ・ウィミンによって追放される。キム・サミは、アランを失った悲しみで挙兵を拒むイ・ウィミンを、黄龍と認めないと言い放つ。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第120話「高麗の武人」あらすじ

窮地を脱するにはイ・ジスンを殺すべきというアランに対し、イ・ウィミンは激怒して部屋に閉じ込める。一方、チョン・ジョンゴルは、チェ・ブから挙兵に同調するよう脅されて苦悩する。そんな中、チェ・チュンホンの部下たちは都に戻って合流し、イ・ジヨンはアランが産まれてくる子のために自分を利用したと知ってアランを殺害する。チョン・ジョンゴルはイ・ジスンに対して高麗の武人として自負心を貫くよう言い残して毒を飲む。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第119話「王命」あらすじ

今こそ挙兵すべき時だと宣言するイ・ウィミンは、黄龍の兵に都への進撃を命ずる。一方、チョン・ジョンゴルはイ・ジスンに内通の事実を問いただし、罪を認めるイ・ジスンの処分を明宗(ミョンジョン)に託す。明宗はトゥ・ギョンスンにイ・ウィミン逮捕の王命を下し、将軍に就任したチェ・チュンホンが兵を率いてイ・ウィミンを捕らえに来る。アランの口添えで逮捕を免れるイ・ウィミンだが、明宗はキ・ホンスら文臣にイ・ウィミンを弾劾させる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年07月06日

武人時代 第118話「内通」あらすじ

イ・ウィミンの前にトゥドゥウルが現れ、大義を忘れて権力に溺れたのかと怒鳴りつける。同じ頃、アランのもとにはプヨンが現れ、黄龍を堕落させているとなじる。一方、援軍が来ないことで、イ・ウィミンがまだ黄龍の大業を忘れていないと悟ったキム・サミは、イ・ジスンを解放する。討伐軍の相次ぐ敗北に、朝廷ではイ・ジスンが敵と内通しているという噂が出回る。そんな中、チョン・ジョンゴルはイ・ジスンの内通現場を押さえる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第117話「キム・サミの乱」あらすじ

イ・ウィミンはチョン・ジョンゴルとイ・ジスンを討伐軍として派遣するが、明宗(ミョンジョン)は反乱軍がイ・ウィミンの兵だという噂に不安を覚える。一方、ホンニョナはイ・ウィミンにチャウンソンを引き合わせるが、イ・ウィミンは傾国の美女だと言ってチャウンソンを拒み、イ・ジヨンは息子の女を奪ったと言ってイ・ウィミンに反抗する。そんな中、討伐軍が反乱軍の奇襲を受け、イ・ジスンが反乱軍の追撃中に殺害されたという知らせが届く。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年07月03日

武神 第08話あらすじ

うなされながらウォラの名前を口にするキム・ジュン。
一方、腹心のイ・ギュボを都から追放したチェ・チュンホンは、金剛(クムガン)山の道人がくれたという不思議な丸薬をキム・ヤクソンに見せる。
高麗23代王・高宗(コジョン)の同席のもと、撃毬(キョック)の最終戦が行われる。
敵軍の卑怯な攻撃に倒れたキム・ジュンに、必死で声援を送るソンイ。
見事、最後の勝者となったキム・ジュンは、ウォラをスボプのもとに送ってくれるよう頼む。

以前・以後のあらすじは、武神 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第116話「忘れられた大義」あらすじ

チェ・チュンホンは成長したアジにチャウンソンという名を与える。一方、数年ぶりに都へ来たチャソンとキム・サミは、イ・ウィミンが黄龍の大義を忘れて挙兵の意志を失っていることに失望し、弥陀(ミタ)山に戻るや、黄龍の命令が下りたと言って挙兵する。そんな中、チャウンソンがホンニョナの引き合わせでイ・ジヨンの妾になり、アランはイ・ウィミンの子を身ごもる。キム・サミは東京(トンギョン)周辺の官庁を掌握し、挙兵の知らせが朝廷に届く。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第115話「父子の絆」あらすじ

重房(チュンバン)はファウォノクを捕らえて今回の騒動の責任を負わせようとする。イ・ジヨンはファウォノクを脱獄させようとするが、それを阻もうとするイ・ジスンに対して、イ・ジヨンは実の兄ではないと罵る。それを聞きつけてチェ氏を問い詰めるイ・ウィミンだが、もし事実ならイ・ジスンの首を斬るというその気迫に、チェ氏はイ・ウィミンの子で間違いないと答えてしまう。イ・ウィミンは、権勢を握って道を見失い、そして数年の時が経つ。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第114話「高笑い」あらすじ

明宗(ミョンジョン)はイ・ウィミンよりもトゥ・ギョンスンを上位に置き、両者に権力が二分される。イ・ウィミンは、民のことよりも、自分の権威が脅かされることに自分の関心が向いていると気付き、不安を覚える。そんな中、イ・ジヨンは、自分が目を付けた芸妓ファウォノクの情人だというパク・コンスプを襲撃する。イ・ウィミンはイ・ジヨンを鞭打ちにするが、重臣らがイ・ジヨンの罪の赦免を願い出ると、明宗はついにその脅しに屈してしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年06月29日

武人時代 第113話「滅私奉公」あらすじ

イ・ウィミンの息子たちの出仕を祝う宴席に現れ、醜態をさらすチェ・チュンホン。だが、実はそれは自分に対する疑いの目を避けるための演技だった。臣下たちが宴会に参加するため朝廷や重房(チュンバン)を空ける中で、トゥ・ギョンスンだけは明宗(ミョンジョン)に忠誠を誓い、イ・ウィミンを乱臣と非難する。一方、イ・ジヨンはアランからイ・ジスンが父の実子ではないと聞かされ、トゥドゥウルは黄龍の昇天に長男が逆らうという言い伝えを残して旅立つ。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第112話「我が子」あらすじ

正義感の強い将軍チョン・ジョンゴルを処罰するイ・ウィミンに対して、乱臣と変わらないと非難するイ・ジスン。アランはチェ氏から、イ・ジスンがイ・ウィミンの実子でないことを聞き出す。そんな中、チェ・セボの息子チェ・ビが、女官と密通している現場が目撃される。激怒する明宗(ミョンジョン)だが、イ・ウィミンはチェ・ビの赦免を強引に認めさせてしまう。ムン・グッキョムが死去し、イ・ジヨンとイ・ジグァンも龍虎(ヨンホ)軍校尉(キョウィ)として出仕する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第111話「文臣の挙兵」あらすじ

国を救うため、トゥ・ギョンスンらと手を組んで挙兵を企むムン・グッキョム。これに対してイ・ウィミンは、挙兵に関わった武臣たちを残らず捕らえさせる。チェ・チュンホンは、ホンニョナの知らせで一度は都を離れようとするが、挙兵に加わるよう話を持ちかけてきた文臣のキ・ホンスを捕らえて王宮に戻ってくる。明宗(ミョンジョン)は、ムン・グッキョムを呼んで重房(チュンバン)に逆らわないと約束させ、今回の挙兵を不問に付すようイ・ウィミンに命ずる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第110話「木彫りの顔」あらすじ

妓房で出くわしたチェ・チュンホンにホンニョナとの関係を問いただすイ・ウィミンだが、借金をしに来たと言い逃れるチェ・チュンホン。そんな中、トゥドゥウルの庵が火事に遭ったと知らされたイ・ウィミンは、焼け跡から見つかった木彫りの人形を見て、トゥドゥウルの言葉を思い出しながら嘆き悲しむ。一方、イ・ジヨンとイ・ジグァンの護衛を任されたチェ・チュンスは、街で暴れる兄弟を叩きのめしたオ・スクピという男に注目する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年06月22日

武人時代 第109話「女の野心」あらすじ

チェ・チュンホンは、マンジョクが連れてきた娘たちの中で、王に仕える女になりたいと豪語する娘に興味を抱く。娘たちを芸妓見習いとして預かったホンニョナは、アジと名乗るその娘が国を滅ぼす妖婦になると見抜く。一方、ムン・グッキョムは軍部出身者に偏った人事刷新案に反対するが、イ・ウィミンは苦労を経験した武臣こそ、国に対する忠誠心が強いと主張する。気分良く酔ったイ・ウィミンは、ホンニョナの妓房で一夜を過ごす。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第108話「時を待つ」あらすじ

チェ・チュンホンは同志を集めてイ・ウィミンの首を取ると誓いを立てる。ホンニョナの忠告で家に帰るチェ・チュンホンだが、妻のソン氏は家長としての責任を持てと非難する。一方、トゥドゥウルから10年あまりは時を待つよう言われるイ・ウィミン。そんな中、アランはトゥドゥウルにイ・ウィミンのもとを去るよう警告するが、トゥドゥウルはその野心に激怒する。アランはイ・ジヨンに命じて、トゥドゥウルの庵に火を付けさせる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年06月19日

武人時代 第107話「恥辱」あらすじ

賄賂を贈って弟の助命を願うチェ・チュンホンだが、イ・ウィミンはそれを拒絶して糾弾する。必死でイ・ウィミンへの忠誠を訴えるその姿に、イ・ウィミンはチェ・チュンホンが天下を取るような器ではなかったと判断する。チェ・チュンホンがイ・ウィミンに頭を下げたと知ったチェ・チュンスは、怒鳴り込んで勝負を申し込み、イ・ウィミンはその気概に免じて許してやる。チェ・チュンホンは、忠犬のふりをしながら時を待つと誓う。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第106話「チョ・ウォンジョンの乱」あらすじ

チョ・ウォンジョンが挙兵する。殿閣に放火して王宮に侵入するソク・リンの軍勢をトゥ・ギョンスンが守り、大殿に向かうチョ・ウォンジョンの前にイ・ウィミンが立ちはだかる。そんな中、王宮前で待機しているチェ・チュンスのもとにチェ・チュンホンが駆けつけ、挙兵への加担を止めさせる。敗色濃厚な二人は逃亡するが、やがて捕らえられて処刑され、イ・ウィミンが権勢を握る。一方、チェ・チュンスは乱の残党として目を付けられる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第105話「挙兵前夜」あらすじ

イ・ウィミンは朝廷を動かしてチョ・ウォンジョンを弾劾し、官職を剥奪させる。チョ・ウォンジョンは仲間を集めて挙兵の準備をするが、ソク・リン以外の大将軍は乗り気でない。ホンニョナはチェ・チュンホンとイ・ウィミンに、チョ・ウォンジョンの挙兵が近いことを伝え、それを聞いたイ・ウィミンは挙兵に備え始める。そんな中、チェ・チュンホンの弟チェ・チュンスは、チョ・ウォンジョンのもとを訪ねて、挙兵に協力する旨を伝える。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年06月15日

武人時代 第104話「実録編纂」あらすじ

チョ・ウォンジョンはイ・ウィミンに挙兵を持ちかけるが、イ・ウィミンは政争に巻き込まれたくないと断る。実録編纂を任されたムン・グッキョムは、武臣の非道を厳しく記録しようとするが、軍部の激しい反発と、王室を守るべきイ・ウィミンの失脚を憂慮した明宗(ミョンジョン)は、軍部出身のチェ・セボを実録編纂に参与させる。一方、アランを追い出そうとするイ・ジヨンだが、アランは一国の太子にもなれる身だと言って、イ・ジヨンを手懐ける。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第103話「黄龍の女」あらすじ

鶏林(ケリム)の牟梁(モリャン)部出身の娘アランがイ・ウィミンのもとに現れ、去ったプヨンの代わりに自分がやって来たと言う。アランは、プヨンが去ったことに衝撃を受けるイ・ウィミンを慰め、夜を共にする。一方、チェ・チュンホンは、イ・ウィミンの世になると予想しながらも時機を待つ。3年の月日が経ち、1186年。チョ・ウォンジョンは息子の官職をめぐって王の面前で声を荒げる。明宗(ミョンジョン)は、先王の実録編纂を通じて、軍部を牽制しようとする。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年06月12日

武人時代 第102話「太后の遺言」あらすじ

家僕のマンジョクの密告により、チェ・チュンホンがイ・ウィミンの密偵として捕らえられるが、全てはチェ・チュンホンの策略によるものだった。一方、チェ・ブとイ・ジスンを連れて都に戻ってきたイ・ウィミンは、城門で六衛(ユグィ)の軍と対峙するが、チョ・ウォンジョンと互いに危害を加えないことを約束しあう。王宮でイ・ウィミンを迎えて喜ぶ明宗(ミョンジョン)だが、そんな中、恭睿(コンイェ)太后が危篤に陥り、明宗の必死の祈りも虚しく、息を引き取る。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第101話「胸の野心」あらすじ

都に戻り王室を保護せよとの王命を、イ・ウィミンに伝えに来たトゥ・ギョンスン。悩むイ・ウィミンに、プヨンは都へ行くべきと勧める。一方、明宗(ミョンジョン)がイ・ウィミンを連れ戻そうとしていると知ったチョ・ウォンジョンは、都房(トバン)に従っていた中郎将(チュンナンジャン)らを味方に引き込む。その頃、高麗一の芸妓と謳われたホンニョナのもとに戻ったチェ・チュンホンだが、ホンニョナはチェ・チュンホンに、イ・ウィミンのもとを去るべきではなかったと言う。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第100話「悲惨な末路」あらすじ

キョン・デスンの刺客と疑われたチェ・チュンホンだが、イ・ジヨンとイ・ジグァンがプヨンに乱暴したという事実をイ・ウィミンに暴露し、都行きを許される。そんな中、チョ・ウォンジョンは、軍部の威光を取り戻すためにキム・ジャギョクを懐柔するが、都房(トバン)の兵はみな悲惨な最期を遂げ、キム・ジャギョクも廃墟と化した都房(トバン)で自害する。一方、恭睿(コンイェ)太后は明宗(ミョンジョン)に、王室の権威を高めるには、イ・ウィミンの力を借りるしかないと言う。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年06月08日

武人時代 第99話「遺訓」あらすじ

キョン・デスンの葬儀が執り行われ、トゥドゥウルは都房(トバン)を解散するというキョン・デスンの遺訓を読み上げる。キョン・デスンの死に喜んだ明宗(ミョンジョン)は祝賀宴を催すが、その場に現れた恭睿(コンイェ)太后は、明宗に苦言を呈し、官僚らに声を荒げた末に、倒れてしまう。一方、チョ・ウォンジョンら軍部は、都房の討伐を推し進める。そんな中、キョン・デスンの死を知ったチェ・チュンホンは、これ以上ここにいる意味はないと、弥陀(ミタ)山を出ようとする。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第98話「折れた翼」あらすじ

弥陀(ミタ)山の木に自分の名前を刻んで、その根元に短剣を埋め、天下を臨むチェ・チュンホン。そんな中、山中で傷だらけのプヨンが発見される。一方、都房(トバン)の兵を引き連れて王宮に入るキョン・デスン。しかし、明宗(ミョンジョン)は謁見を拒んで宴会に興じ、最後までその忠義を受け入れようとしない。吐血して倒れたキョン・デスンは、病床でチョン・ジュンブの夢を見る。翌朝、清々しい心で目覚めたキョン・デスンは、都房の兵たちを呼び集めるが…。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年06月05日

武人時代 第97話「引き裂かれた心」あらすじ

民の熱望を裏切ることができず、都房(トバン)の大義を守るために毒を盛ったと白状したキム・ジャギョクを、キョン・デスンは追放する。それを知った軍部は、キョン・デスンを倒す絶好の機会と見て、キム・ジャギョクを捕らえ、都房が謀反を図ったことを自白させようと、激しい拷問にかける。一方、イ・ウィミンのもとにチェ・チュンホンが身を寄せ、別抄都令(ピョルチョドリョン)となる。そんな中、イ・ジヨンとイ・ジグァンはプヨンを連れ去ってしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第96話「裏切りと忠誠」あらすじ

鷹揚(ウンヤン)軍摂郎将(ソムナンジャン)のチェ・チュンホンが、キョン・デスンのもとを訪ねてくる。朝廷の要職に就き、官僚が優れた人材になる土壌を築くべきと言うチェ・チュンホンに対し、野心家と一蹴するキョン・デスン。一方、キム・ジャギョクは蜂起軍の訓練を続けるが、キョン・デスンを騙す行為に、オチョクは気が重い。そんな中、病状が回復しないことに疑問を抱いたソランは、キム・ジャギョクの腹心のチェ隊正(テジョン)が煎じ薬に毒を入れるのを目撃する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第95話「毒」あらすじ

見舞いに来たトゥドゥウルは煎じ薬に毒が入っていると忠告するが、キョン・デスンは都房(トバン)の兵が相互不信に陥るのを恐れ、事実を隠蔽する。一方、都を去るという約束を守らないことに怒った明宗(ミョンジョン)は、軍部にキョン・デスンの排除を命じるが、キム・ジャギョクの裏工作によって、兵士たちはみな都房に従うようになっていた。キョン・デスンの意に反し、重房と強硬に対立を深めてゆくキム・ジャギョクに対し、心配の声があがり始める。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年06月01日

武人時代 第94話「吐血」あらすじ

王宮に行こうとして突如吐血したキョン・デスン。病身を押して明宗(ミョンジョン)に謁見し、都房(トバン)の解散と都落ちの意向を明らかにしたキョン・デスンだが、王室を倒して王座に就くべきと言うキム・ジャギョクに逆上して、倒れてしまう。キョン・デスンが病床にいる間、キム・ジャギョクは都房の兵を率いて悪徳商人から米を略奪するが、それを知った明宗は、都落ちを慰留しなかったことに対して、キョン・デスンが恨みを抱いているのだと思い込む。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第93話「泥水」あらすじ

弱気なキョン・デスンに代わって、民を救うという大義を実践するため、官吏から略奪を繰り返すキム・ジャギョク。キョン・デスンはキム・ジャギョクを処刑しようとするが、民が止めに入る。大義を果たすという野心がなければ、これまでの苦労が水の泡になると言うキム・ジャギョクの言葉に悩むキョン・デスンだが、都房(トバン)の兵を詐称して官吏に暴行を加える民を目撃すると、王への忠誠心は捨てられないとして、都房の解散を命ずる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年05月29日

武人時代 第92話「崩れた名分」あらすじ

賄賂を配ったキム・ジャギョクを鞭で打つキョン・デスン。水が清すぎると魚が住めないというトゥドゥウルの言葉に、キム・ジャギョクを許し、略奪をやめて根本的な解決を目指すと宣言するキョン・デスンだが、恭睿(コンイェ)太后は彼に、民を救うという大義は王か反逆者のものだと釘を刺し、都落ちを勧める。一方、弥陀(ミタ)山に到着し、戦死した兵士の家族たちの前で許しを請うイ・ウィミンは、黄龍の大義を叶えるよう説得され、万歳を受ける。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第91話「済民の大義」あらすじ

徐羅伐(ソラボル)に着いたイ・ウィミンは、成長した3人の息子と再会するが、次男のイ・ジヨンと三男のイ・ジグァンはプヨンに暴力を振るい、長男のイ・ジスンがそれをたしなめる。一方、キョン・デスンは、“済民”を大義に建て、兵らと寝食を共にする都房(トバン)政治を開始するが、イ・ヨンジンの家財を奪いに行ったヤンピョらが返り討ちに遭う。憤るキョン・デスンだが、都房に提供されるソン・ソクの米が賄賂だったと知らされ、衝撃を受ける。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第90話「決意」あらすじ

都房(トバン)の兵が略奪を行い、官吏を殺害したことが、物議を醸す。略奪行為を責めるキョン・デスンに対して、キム・ジャギョクは民の期待を裏切るなと訴えて自害しようとするが、都房の兵がそれを止めに入る。思い詰めてトゥドゥウルのもとを訪ねたキョン・デスンは、為政者たちに民の恐ろしさを教えてやるよう勧められる。翌朝、キョン・デスンは私兵を率いて王宮に乗り込み、明宗(ミョンジョン)が善政を行うのを邪魔する者は始末すると宣言する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年05月25日

武人時代 第89話「届かぬ忠誠」あらすじ

追明宗(ミョンジョン)と太子の和解が成立し、今こそ朝廷と軍部を刷新すべきと言うキョン・デスンだが、明宗はキョン・デスンの介入に対して、不快感を露わにする。民は王よりもキョン・デスンを信頼するようになり、キョン・デスンは明宗に善政を敷くよう訴えるが、聞く耳を持たない。民の窮状を目の当たりにしながら、何もできないもどかしさに、キム・ジャギョクは都房(トバン)の兵を率いて、民から田畑を奪った奸臣から穀物を奪い、民に分け与える。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第88話「臨津江(イムジンガン)を渡れ」あらすじ

追い詰められたイ・ウィミンだが、そこへ無言の行を破ったブルが現れて窮地を脱し、南の臨津江(イムジンガン)へと向かう。その途中で待ち伏せていたトゥ・ギョンスンが見逃してやったことで、無事に臨津江を渡りきるイ・ウィミン。明宗(ミョンジョン)は、キョン・デスンがイ・ウィミンをわざと追い出したと誤解する。一方、トゥドゥウルは、キョン・デスンがイ・ウィミンを斬れば、朝廷と軍部はキョン・デスンに迎合し、民の生活は変わらないと忠告する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年05月22日

武人時代 第87話「挙兵の夜」あらすじ

キョン・デスンとイ・ウィミン、どちらに付くべきか悩むチョ・ウォンジョンは、イ・ウィミンを訪ねてその腹の内を探ろうとする。イ・グァンジョンから、国への忠誠さえ一貫していれば、派閥を乗り換えても責められる筋合いはないと説得されるチョ・ウォンジョン。その夜、文臣や武臣の家を襲おうとした刺客や進撃するチェ・ブの軍勢を、都房(トバン)の兵士や六衛の軍が撃退する。挙兵失敗を知ったイ・ウィミンは、北界(プッケ)を目指して逃亡する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第86話「太子廃位」あらすじ

キョン・デスンの屋敷に単身で乗り込んだイ・ウィミン。対戦するも決着が付かず、酒を酌み交わす中で、イ・ウィミンはキョン・デスンに、廃王の殺害は王室の意向だったと告げる。一方、明宗(ミョンジョン)は、太子の廃位を決議しない朝廷を責め、またイ・ウィミンも、軍部を集めて太子の廃位をたきつける。そんな中、トゥドゥウルは、キョン・デスンを訪ね、イ・ウィミンの反逆機密を教える代わりに、イ・ウィミンの首を確実に斬るよう要請する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第85話「二匹の虎」あらすじ

都に戻ってきたイ・ウィミンは、王宮の前でキョン・デスンと一戦を交える。イ・ウィミンは、明宗(ミョンジョン)からキョン・デスンの専横を阻むよう依頼され、武臣出身の文官であるチェ・セボとムン・ジャンピルからも、武臣政変以前の体制に戻そうとするキョン・デスンを、阻むよう頼まれる。キョン・デスンはイ・ウィミンに対する監視を強化するが、その隙を突いてイ・ウィミンは、都の近郊に到着したチェ・ブとチャソンの軍勢と合流する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年05月16日

武人時代 第84話「信望」あらすじ

キョン・デスンがイ・ウィミン討伐軍の派遣を要請したのに対し、自分たちの不在中にキョン・デスンが都を掌握するのではと警戒する軍部。だが、キョン・デスンに対する兵士たちの厚い信望に、軍部もうかつに手出しができない。そんな中、明宗(ミョンジョン)は、ホ・スンが誰を王に擁立しようとしたのかと太子を問い詰め、父子間の不和はますます深まる。さらに明宗は、キョン・デスンの威勢を抑えるため、イ・ウィミンを朝廷に迎えようとする。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第83話「野望の敗北」あらすじ

都房(トバン)で酒を酌み交わすキョン・デスンとホ・スン。気弱な王を変えなければ朝廷や軍部を倒しても無駄だと言うホ・スンに対して、大逆罪人と断ずるキョン・デスン。二人の対決に敗北したホ・スンは、ついに自決の道を選ぶ。ホ・スンとキム・グァンニプの処断を報告するキョン・デスンに対し、明宗(ミョンジョン)は黒幕を暴くよう命ずる。さらにキョン・デスンは、重房(チュンバン)で朝廷と軍部への不信感を述べ、民の立場から朝廷と軍部を監視すると宣言する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第82話「都房(トバン)」あらすじ

明宗(ミョンジョン)と太子の対立を利用して、ホ・スンが反逆を狙っていると聞かされるキョン・デスン。一方、北界(プッケ)では、泥酔するイ・ウィミンの姿に幻滅した兵士たちの脱走が相次ぎ、チェ・ブは幼い弟を斬ってイ・ウィミンの目を覚まさせる。そんな中、キョン・デスンの屋敷に壮士たちの詰め所が完成し、キョン・デスンはこれを“都房(トバン)”と命名する。キョン・デスンは、その完成祝賀宴にホ・スンを呼び、その席でホ・スン斬ろうと決心する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第81話「骨肉の争い」あらすじ

御前会議の最中にホ・スンが現れ、太子と宴席を設けて騒いだ件の処罰を請い、また明宗(ミョンジョン)に太子を慰めるよう願うが、明宗と太子の葛藤を骨肉の争いと表現したことについて、朝廷と軍部ではホ・スンに対する非難の声が高まる。ホ・スンが太子擁立の野望を抱いていると聞かされたキョン・デスンは、ホ・スンに身を引くよう忠告する。一方、恭睿(コンイェ)太后は太子にホ・スンを遠ざけるよう忠告するが、これを拒否した太子に明宗は激怒する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年05月10日

武人時代 第80話「百人の壮士」あらすじ

キョン・デスンのもとに、全国から壮士たちが集まってくる。今はまだ軍を集めてホ・スンを刺激すべきでないと、彼らを追い返すキョン・デスンだが、帰ろうとせずに居座り続けるトソンを受け入れる。一方、太子府指諭(チユ)別将(ピョルチャン)となったホ・スンは、明宗(ミョンジョン)に代わって朝廷を掌握するよう太子に勧める。そんな中、明宗は、自分が病床のスンジュを見舞っている最中に、太子が王宮内で宴席を設けて騒いだことについて、不快感を露わにする。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第79話「奸臣一掃」あらすじ

ホ・スンの計略によってキョン・デスンとスアン姫の縁談は撤回され、明宗(ミョンジョン)はヨニ姫とスアン姫を王族のもとに嫁がせることを決意する。奸臣の一掃を宣言するホ・スンに対して、チョ・ウォンジョンら軍部は排除を試みるが、逆にホ・スンの気勢に阻止され、奸臣の排除に協力させられてしまう。そんな中、キョン・デスンが逆心を抱いているという檄文が再び出回る。キョン・デスンの親族のソン・ソクは、立ち上がるべきだと主張する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第78話「正しき政治のため」あらすじ

イ・ウィミンの刺客としてキョン・デスンを襲ったブルは捕らえられるが、そこにトゥドゥウルが現れる。トゥドゥウルはキョン・デスンに、イ・ウィミンが挙兵する名分を奪うため、正しい政治を行って民の窮状を救うよう求める。基盤のない自分に正しい政治ができるのかと悩むキョン・デスンのもとに、恭睿(コンイェ)太后からスアン姫との縁談が再び舞い込む。一方、イ・ウィミンは、トゥドゥウルの裏切りと、届いたブルの遺髪に嘆き悲しむ。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年05月07日

武人時代 第77話「権力者」あらすじ

キョン・デスンは重房(チュンバン)で宴会を催している軍部に乗り込み、イ・ウィミンの鎮圧軍を送るべきと憤慨する。一方、ホ・スンはキョン・デスンの命令と称して、チョン・ジュンブに従った将軍らを始末する。キョン・デスンはホ・スンに都を離れるよう忠告するが、国を正すという大義を貫くため、聞く耳を持たないホ・スン。明宗(ミョンジョン)はキョン・デスンの横暴を警戒し始める中、キョン・デスンが逆心を抱いているという檄文が街に貼られる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第76話「権勢の最期」あらすじ

逃げる途中で気を変えて、王宮に戻ってきたチョン・ジュンブ。朝廷や軍部の一同を集めた尋問の場で、人事を操り王室を脅していた事実が露呈したチョン・ジュンブは、素直に大逆罪を認め、武人らしく自害することを請うが、明宗(ミョンジョン)はそれを許さず斬首刑を言い渡す。だが、キョン・デスンは、慈悲を施さない明宗の姿に疑念を抱き、自分も用済みとして殺されることのないように、権力を手放せなくなってしまうのではと危惧し始める。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第75話「義挙」あらすじ

キョン・デスンの軍勢に囲まれてチョン・ギュンはついに命を落とし、間もなくソン・ユインも豚小屋に隠れていたところを見つかって処刑される。王室を守るための義挙だと報告し、明宗(ミョンジョン)からチョン・ジュンブ追討の王命を受けたキョン・デスンは、重房(チュンバン)会議を招集して義挙の大義を説明する。一方、皇帝の衣服に身を包み、まさに出陣しようとするイ・ウィミンだが、そこへキョン・デスンが挙兵し、王宮を掌握したという急報が届く。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第74話「立ち上がる時」あらすじ

ついに手を携えたキョン・デスンとホ・スンは、チョン・ジュンブ父子を倒し、さらにイ・ウィミンを斬ると誓いを立てる。一方、北界(プッケ)で挙兵の準備を進め、皇帝の衣服を着て上機嫌のイ・ウィミンは、挙兵を止めるためにキョン・デスンと内通したトゥドゥウルを問い詰める。そんな中、チョン・ギュンが疑い始めたことから、義挙の実行を急ぐキョン・デスンは、宿直中にソン・ユインと宴を楽しんでいたチョン・ギュンを襲撃する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第73話「深夜の謁見」あらすじ

チョン・ジュンブは深夜、全官僚を大殿(テジョン)の前に集めて明宗(ミョンジョン)に謁見を求め、チョン・ギュンとスアン姫の婚姻を認めなければ、王室に対抗せざるを得ないと脅しをかける。その様子を見ていたキョン・デスンは、朝廷の誰もチョン・ジュンブの横暴を止めようとしないと義憤にかられる。その頃、北界(プッケ)ではイ・ウィミンが、腐敗した王室と朝廷を倒すため、挙兵を宣言する。一方、チョン・ギュンは、ホ・スンにキョン・デスンの始末を急がせる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年05月01日

武人時代 第72話「婿の座」あらすじ

チョン・ギュンから反対派の始末を命じられたホ・スンは、キョン・デスンに挙兵を迫る。そんな中、スアン姫がチョン・ギュンとの結婚を決断したことで、明宗(ミョンジョン)はようやく王としての威厳を取り戻し、縁談を思いとどまる。一方、スアン姫と結婚して王室の盾となってくれるよう頼まれるが、固辞を続けるキョン・デスン。この動きを知ったチョン・ギュンは、なぜ自分を裏切るのかと、病床の恭睿(コンイェ)太后に迫るが、そこに明宗が現れる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月26日

武人時代 第71話「賄賂」あらすじ

チョン・ギュンはイ・ウィミンに送った使いの宮婢を引き出して恭睿(コンイェ)太后に迫り、これで縁談は承諾されたと浮かれるチョン・ジュンブは、明宗(ミョンジョン)に自身の土地を贈与する。そんな中、スアン姫はキョン・デスンに、海州(ヘジュ)一族の横暴を阻止してほしいと訴えるが、キョン・デスンはイ・ウィバンの轍を踏むことを恐れる。一方、イ・ウィミンのもとにはチェ・ブとチャソンが現れ、キョン・デスンのもとにも清州(チョンジュ)からオチョクの仲間がやって来る。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第70話「太后の謀反」あらすじ

官軍の襲撃により民が惨殺されたことに怒り、二度と王室や朝廷に騙されないと決意するイ・ウィミン。イ・ウィミンが謀反を起こしたら首を差し出すと宣言していたトゥ・ギョンスンは、自らイ・ウィミンに会いに行き、そこで事件の真相を知って激怒する。一方、恭睿(コンイェ)太后は自分の手紙が偽造されたことに衝撃を受け、チョン・ジュンブはこれを口実として、恭睿太后に縁談を決意させようとするが、ムン・グッキョムが公然と非難する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月24日

武人時代 第69話「偽造された手紙」あらすじ

チョン・ギュンの命令により、キョン・デスンの首を取りに来たホ・スンだが、キョン・デスンに打ち負かされる。チョン・ギュンはキョン・デスンとの結託を疑い、ホ・スンに毒を飲ませるが、その忠誠心に免じて解毒剤を与える。一方、チョン・ギュンは、恭睿(コンイェ)太后がイ・ウィミンと内通し、朝廷と軍部を倒そうとしている証拠を探る。イ・ウィミンは、恭睿太后の手紙に応じて都に進撃するが、チョルリョンで待ち伏せしていた兵に襲撃される。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第68話「運命の人」あらすじ

明宗(ミョンジョン)の次女、スアン姫に無礼を働くチョン・ギュンを咎めるキョン・デスン。恭睿(コンイェ)太后は激怒するが、明宗はチョン・ジュンブに遠慮して厳格な態度に出られない。キョン・デスンは、たとえ奸臣を倒しても、民を救えなければ自らも奸臣に成り下がってしまうと、挙兵に慎重な態度をとるが、清州(チョンジュ)が再び兵に襲われたことを知る。一方、イ・ウィミンは、自分が高麗(こうらい)を倒すと予言された安南国の王の末裔であることを、プヨンから知らされる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第67話「清州(チョンジュ)の反乱」あらすじ

民乱をそそのかしたとしてキョン・デスンを捕らえようとするチョン・ギュンを、キョン・デスンは清州(チョンジュ)に危害は加えないと約束させて追い返し、そんなキョン・デスンに恭睿(コンイェ)太后は興味を持つ。チョン・ギュンは左承宣(チャスンソン)として朝廷の一員になり、王女との縁談が持ち上がる。そんな中、イ・ウィミンの前に死んだはずのプヨンが姿を現し、一方の恭睿(コンイェ)太后は、チョン・ジュンブ一族を倒せば功臣にするとの約束を、イ・ウィミンに伝える。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月20日

武人時代 第66話「奪われた土地」あらすじ

チョン・ギュンはキョン・デスンに、清州(チョンジュ)の土地の半分を渡すというキョン・ジンの念書を示す。事審官(サシムグァン)として清州(チョンジュ)に赴いたキョン・デスンは、そこで亡き父が不正に奪っていた土地を民に返還するが、その土地を担保にしていたチョン・ギュン一派は力ずくで土地を奪い取る。キョン・デスンは民に、自らの土地は自ら守れと諭す。一方、北界(プッケ)では、酒を断って挙兵の準備をするイ・ウィミンのもとに、恭睿(コンイェ)太后の使いが密書を届けに来る。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第65話「復職」あらすじ

パク・チョニの戦死に憤慨したイ・ウィミンは、雲州(ウンジュ)の兵や民を皆殺しにするが、それを諫めるためプヨンが身投げしたと聞かされ、ようやく目を覚ます。時は流れて1178年。明宗(ミョンジョン)は側室たちと宴会に興じており、ホ・スンは気弱な王を倒して太子を擁立しようと考える。キョン・ジンは死去し、キョン・デスンは龍虎(ヨンホ)軍将軍として復職する。キョン・デスンはホ・スンと再会して握手を交わすが、私怨を晴らすための挙兵はしないと釘を刺す。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第64話「王と臣下」あらすじ

イ・ウィミンは雲州(ウンジュ)で懸賞金目当ての民に襲撃される。都に救援を求めるイ・ウィミンだが、依頼はチョン・ギュンに握りつぶされ、単身で延州(ヨンジュ)に向かったパク・チョニは戦死する。一方、民乱の再発を叱責する明宗(ミョンジョン)に反発し、チョン・ジュンブが武臣らと一斉に辞職したことにより、朝廷と軍部は機能不全に陥ってしまう。業を煮やした明宗は、チョン・ジュンブに再出仕を懇願して討伐軍を指揮させ、マンイ・マンソイの乱は鎮圧される。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月17日

武人時代 第63話「女の戦い」あらすじ

北界(プッケ)で残党討伐を命じられたイ・ウィミンは、西京(ソギョン)の民に兵糧米を施していたが、その兵糧米も底をつき、この窮状に無関心な朝廷を嘆く。民心を鎮めるために赦免されたマンイだが、その一方で討伐軍が鳴鶴所(ミョンハクソ)を襲撃し、マンイの母や民を皆殺しにしたと聞いて、再び立ち上がる。その頃、スンジュは、ミョンチュンに暴力を振るっていたところを恭睿(コンイェ)太后に見とがめられ、危うく王宮から追放されそうになるが、懐妊が発覚して許される。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第62話「民の声」あらすじ

朝廷との和親を決めるマンイに対して、礼山(イェサン)で民衆を率いるソン・チョンは徹底抗戦を主張する。礼山で民衆と共にいたキョン・デスンは、密偵と疑われて処刑されそうになるが、老人に助けられる。そんな中、マンイとマンソイ兄弟が降伏し、民の命を救ってくれるよう訴える。しかし、チョン・ジュンブは、彼らを都に引き留めている間、討伐軍を送って礼山の民を皆殺しにしてしまう。その暴虐ぶりにキョン・デスンは、怒りに震える。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月13日

武人時代 第61話「父子の反目」あらすじ

父チョン・ジュンブに対して、自分の出世を妨げていると暴言を吐くチョン・ギュン。チョン・ギュンは、老将軍たちに刺客を送ろうと企てるが、それを知ったチョン・ジュンブは、明宗(ミョンジョン)から賜った杖を折って、息子への思いを伝える。一方、明宗がスンジュの寝所を頻繁に訪ねるのに対抗して、恭睿(コンイェ)太后はミョンチュンを入宮させる。そんな中、官軍の兵糧攻めで困窮した民を救うため、チョ・ウィチョンが自決し、西京(ソギョン)の反乱は終結する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第60話「致仕と几杖」あらすじ

夫イ・ウィミンを追って西京(ソギョン)までやって来たチェ氏は、そこでプヨンと対面する。その頃、70歳で官職を引退する慣例である致仕の話を恭睿(コンイェ)太后から聞かされ、病に倒れたチョン・ジュンブ。朝廷ではその後任をめぐって議論が紛糾するが、ムン・グッキョムは民乱の収拾が先決と主張し、反乱軍に懐柔策を提示して和解を求める。一方、病から回復したチョン・ジュンブは、チョ宦官の入れ知恵によって明宗(ミョンジョン)から几杖を賜り、致仕を免れる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月10日

武人時代 第59話「マンイ・マンソイの乱」あらすじ

1176年、公州(コンジュ)鳴鶴所(ミョンハクソ)でマンイとマンソイ兄弟が反乱を起こし、公州の官庁を占領する。朝廷出仕の足がかりにするため、討伐軍の先鋒を志願するチョン・ギュンだが、それをチョン・ジュンブに阻まれ反発する。キョン・デスンは、ホ・スンを同志として信じていると言い残して都を離れ、討伐軍の暴挙を目の当たりにする。一方、トゥドゥウルはそんな民乱が黄龍を昇天させる黒雲になると言い、イ・ウィミンはプヨンと夫婦の契りを結ぶ。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第58話「国葬」あらすじ

捕らえられたプヨンを助けるため、チョ・ウィチョンのもとに連行されたイ・ウィミン。一度は勅書に応じて投降を決めたチョ・ウィチョンだが、使者の逃亡に激怒して、イ・ウィミンと手を結んで大義を示そうとする。一方、キョン・ジンは土地の権利書をチョン・ジュンブに捧げて息子の非礼を詫びるが、キョン・デスンはチョン・ギュンの蛮行を非難して牽龍行首(キョルリョンヘンス)の座を辞職する。そして1175年5月、廃王・毅宗(ウィジョン)の国葬が簡素に行われる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第57話「忠犬」あらすじ

チョン・ギュンはイ・ウィバンの財産を全て没収し、さらにイ・ウィミンの屋敷にも火を放ち、イ・ウィバンの妻チョ氏と娘の太子妃は仕方なく都を後にする。チョン・ジュンブは、海州(ヘジュ)出身の娘であるスンジュを養女に迎え、王宮に送り込もうと画策する。一方、横暴を重ねるチョン・ジュンブにへつらう父キョン・ジンに対して、キョン・デスンは反発を強め、父が設けたチョン・ギュンとの和解の席も、物別れに終わってしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月07日

武人時代 第56話「解毒の秘法」あらすじ

イ・ウィミンは、毒入りの酒を飲まされながらも、兵をなぎ倒して逃亡する。毒に倒れたイ・ウィミンのもとに、トゥドゥウルがプヨンという女性を連れて現れ、プヨンはイ・ウィミンの命を救う。一方、チョン・ジュンブの前に現れたイ・ジュニは、武人たちの横暴を忠告して自害する。太子妃の廃位に消極的な明宗(ミョンジョン)に対し、チョン・ジュンブは軍部出身の官僚を動員して圧力を加え、キョン・デスンはそんなチョン・ジュンブの専横に憤る。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第55話「太子妃追放」あらすじ

太子妃の追放を阻止したキョン・デスンだったが、チョン・ジュンブ親子との対立を避けたい父キョン・ジンの仕組んだ狂言で任務を離れていた隙に、チョン・ギュンの部下となったホ・スンによって、太子妃は王宮を追放されてしまう。チョン・ジュンブは私情に流される明宗(ミョンジョン)をたしなめる一方、恭睿(コンイェ)太后は明宗を奸臣に振り回される気弱な王と非難する。そんな中、軍部ではチョ・ウォンジョンが、イ・ウィミンの暗殺を密かに計画する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年04月03日

武人時代 第54話「迫害された一族」あらすじ

チョン・ジュンブは廃王の国葬を通じてイ・ウィバンを反逆者に仕立て上げ、太子妃を追放しようとする。一方、キョン・デスンは自身の秘密組織を解散させるが、それに納得できないホ・スンが、新たな首長となる。そんな中、チョン・ジュンブが朝廷の長である門下(ムナ)侍中(シジュン)に就任し、チョ・ウォンジョンが軍部の長となる。イ・リンは都を離れ、イ・ジュニは身を隠し、太子妃は恭睿(コンイェ)太后の目の前で、チョン・ギュンに追放されそうになる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第53話「謀反の証拠」あらすじ

イ・ウィミンが重房(チュンバン)に現れて斧鉞(ふえつ)を振るう。チョン・ギュンはイ・ウィバンがムビと共に王の暗殺を企てていたと主張し、証拠の毒入りの酒を見せられたイ・ウィミンは延州(ヨンジュ)に帰還するが、その途中でチョ・ウォンジョンの兵に襲われる。一方、チョン・ギュンは、キョン・デスンの同志のホ・スンを自分の部下に誘い込み、イ・ウィバンの残党処理を依頼する。そんな中、チョン・ギュンから冷たい言葉を浴びせられたイム氏が首を吊る。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第52話「野ざらしの遺体」あらすじ

イ・ウィバンの遺体を荷車に載せて帰還するチョン・ギュンの前をチョ・ウォンジョンが阻むが、反逆者になるか軍部の長の座に就くかと問われ、退却する。ムビはチョン・ギュンに、イ・ウィバンを殺せばイ・ウィミンが黙っていないと警告し、イ・ウィバンの遺体と引き換えにイ・ウィバンの謀反の証拠を渡して、都を後にする。一方、イム氏は、自分たちの仲を許してくれた恩人のイ・ウィバンを殺害したチョン・ギュンに深く失望する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月31日

武人時代 第51話「虎の最期」あらすじ

深手を負って逃亡するイ・ウィバンは、ムビが様子を見に行かせたオランに助けられるが、オランはチョ・ウォンジョンのもとに向かう途中で捕らえられてしまう。一方、ムビは恭睿(コンイェ)太后のもとを訪れ、チョ・ウォンジョンにイ・ウィバンの捜索を命じるよう依頼するが、チョ・ウォンジョンは、チョン・ジュンブに呼び出されて宴会に興じていた。大勢の兵に囲まれながらも最後まで奮闘するイ・ウィバンだが、ついに力尽きて倒れてしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第50話「大義を再び」あらすじ

イ・ウィバンの屋敷に侵入し、専横で国を危うくしていると批判するキョン・デスン。そんなキョン・デスンの動きを知ったチョン・ギュンは、イ・ウィバン排除のため手を結ぼうとするが、キョン・デスンはその提案を、大義でなく私怨によるものと一蹴する。そんな中、イ・ウィバンは、大義を再び叶えるために、今の王を廃してムビの息子を王位に就けようと決意するが、僧兵の訓練場を視察中、チョン・ギュンに刺されてしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月27日

武人時代 第49話「敗退」あらすじ

チョ・ギョンの気概が気に入ったイ・ウィバンは彼を追い返すが、その後も執拗に対決を求めるチョ・ギョンをついに斬首する。息子の死にチョ・ウィチョンと西京(ソギョン)軍は奮い立ち、イ・ウィバンの軍勢は大敗を喫してしまう。重房(チュンバン)での責任追及に、イ・ウィバンは軍権をチョン・ジュンブに引き渡す一方、兵糧米調達の名目で略奪を行い、抵抗した民を惨殺する。キョン・ジンの息子で牽龍行首(キョルリョンヘンス)を務めるキョン・デスンは、その惨状を嘆く。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第48話「出陣」あらすじ

イム氏の嘘の証拠を掴んだイ・ウィバンは、イム氏の寝所にチョン・ギュンを呼び出し、密通を問いただす。そんな中、チョ・ウィチョンの軍勢が都に向けて進撃してくる。進撃を止められなかった責任を追及する重房(チュンバン)決議に対して、鎮圧できなければ処罰を受けると誓って出陣したイ・ウィバンは、チョ・ウィチョンに深手を負わす。西京(ソギョン)まで追撃してきたイ・ウィバンに対し、チョ・ウィチョンの息子チョ・ギョンは直接対決を申し出る。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第47話「王妃の座」あらすじ

イ・ウィミンはキム・ジョンシムの軍勢に襲撃されたところを、トゥ・ギョンスンの援軍に助けられ、戦いにおける大義の必要性を痛感する。一方、イ・ウィバンは、街で妻を襲った暴徒を捕らえるため軍を動員するが、トゥドゥウルは民の迫害を止めるよう忠告する。そんな中、チョン・ジュンブは、王妃選定に関する回答を恭睿(コンイェ)太后に求めるが、心変わりした恭睿(コンイェ)太后がイ・ウィバンの一族の娘を王宮に入れたと知って、調査を開始する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月20日

武人時代 第46話「延州(ヨンジュ)入城」あらすじ

宣平(ソンピョン)王后の失言から、イム氏とチョン・ギュンの関係が知られてしまうが、かつて少し面識があっただけで、最近は会っていないと言いつくろう二人。危機感を覚えたチョン・ギュンは、イム氏の寝所に忍び込み、イ・ウィバンの暗殺を依頼する。一方、イ・ウィミンは西京(ソギョン)反乱軍を蹴散らして延州(ヨンジュ)城に入り、トゥ・ギョンスンは徳州(トクチュ)に留まって民に兵糧米を分け与える。イ・ウィミンは安北(アンブク)府に進撃するが、その途中で敵軍の奇襲を受ける。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月18日

武人時代 第45話「嫉妬」あらすじ

司令官の座を賭けて延州(ヨンジュ)を目指すイ・ウィミンとトゥ・ギョンスン。イ・ウィミンは、途中で苦戦を強いられながらも、延州で交戦中の反乱軍の背後に迫る。一方、イム氏が男と密通しているという噂を聞かされたイ・ウィバンは、背中に彫られた名前のことをイム氏に問いただすが、イム氏の涙にほだされる。そんなある日、恭睿(コンイェ)太后のもとをチョン・ジュンブとチョン・ギュンが訪れていたところへ、イ・ウィバンとイム氏がやって来る。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第44話「怒号」あらすじ

鎮圧軍の敗退に、イ・ウィバンは重房(チュンバン)に内通者がいるとして、西京(ソギョン)出身の武臣や兵士を皆殺しにする。独断的なイ・ウィバンに対してチョン・ジュンブは激怒し、無惨な殺戮にパク・チョニも非難の声を漏らす。イ・ウィバンは、イ・ウィミンとトゥ・ギョンスンを、チョ・ウィチョンの挙兵に唯一同調しない延州(ヨンジュ)に派遣する一方、新王妃にチョン・ジュンブの一族を迎えようとする動きに対抗して、自らの一族の娘を王宮に送り込もうとする。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第43話「チョ・ウィチョンの乱」あらすじ

チョ・ウィチョンの挙兵に対してイ・ウィバンは、重房(チュンバン)会議に参加するために名目上の武臣となったユン・インチョムを先鋒に立て、チョン・ギュンを副将として西京(ソギョン)に送る。そんな中、ムビから兄弟や妻以外は誰も信じるなと忠告されたイ・ウィバンは、先日暴動を起こした僧侶の残党チョンチャムに奇襲される。チョン・ギュンは、密かにチョンチャムを腹心に引き入れて出陣するが、チョルリョンを越える途中で伏兵に遭い、敵の矢を受ける。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第42話「太子妃」あらすじ

イ・ウィバンは武装した僧侶たちの暴動を鎮圧し、王室の保護下にあった寺院は激しい略奪に遭う。そんなイ・ウィバンに対して、トゥ・ギョンスンは権力をむさぼる一介の武臣にすぎないと非難の言葉を浴びせ、兄のイ・ジュニも泥酔してイ・ウィバンを侮辱する。一方、イ・ウィバンの娘は太子妃となって王室に嫁ぎ、イ・ウィバンは太子の義父の座を手に入れる。そんな中、チョ・ウィチョンが北界(プッケ)の民を集結させて、西京(ソギョン)で挙兵する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第41話「僧侶の暴動」あらすじ

イ・ウィミンの前に西京(ソギョン)留守(ユス)のチョ・ウィチョンが現れ、毅宗(ウィジョン)を殺害した反逆者として討とうとする。そんな中、イ・ウィバンは、反乱を初期の段階で鎮圧する方策として、武臣を地方官として派遣することを明宗(ミョンジョン)に提案し、その俸禄に充てるため寺院の財産を接収する。帰法(クィボプ)寺で官吏が僧侶に襲われ、その弾みで死去したのをきっかけに、イ・ウィバンは軍を率いて僧侶たちに弾圧を加える。これに怒った僧侶たちは、武装して都に迫る。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月08日

武人時代 第40話「真意」あらすじ

自分との信義を破るのかというイ・ウィミンに対して、なぜ自分を信じないのかと一喝するイ・ウィバン。イ・ウィバンは重房(チュンバン)会議を招集し、毅宗(ウィジョン)は我々が廃位させた王であり、イ・ウィミンは反乱の首謀者を処刑したのだと主張する。文臣のほとんどが朝廷を後にして、イ・ウィバンが軍の人事を掌握するなど、武臣たちの気勢は頂点に達し、騒がしい宴会に明宗(ミョンジョン)は安眠をも妨げられる。そんな中、イ・ウィバンの娘が太子妃に推薦される。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第39話「癸巳の乱」あらすじ

チョン・ジュンブは、今回の事件の処理をイ・ウィバンに一任するよう明宗(ミョンジョン)に進言する。イ・ウィバンは、反逆に内通した文臣らを大挙殺害し、またユン・インチョムらを呼び出して事件を防げなかった責任を問い詰める。そんな中、イ・ウィミンの前にチョ・ウォンジョンの軍勢が立ちふさがる。イ・ウィミンは、かつて牽龍(キョルリョン)軍に入った頃、イ・ウィバンに目をかけられた時のことを思い出しながら、密かにイ・ウィバンのもとへと向かう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月06日

武人時代 第38話「一夜の契り」あらすじ

離宮に呼ばれたイ・ウィバンを待っていたイム氏。出ていくなら自害すると脅すイム氏に、仕方なくイ・ウィバンは部屋で一夜を明かすことになる。恭睿(コンイェ)太后は明宗(ミョンジョン)にイ・ウィバンの毅宗(ウィジョン)殺害命令を不問に付すよう命じ、イ・ウィバンはチョン・ジュンブと父子の契りを結んで和解を果たす。一方、イ・ウィミンは、イ・ウィバンがチョン・ジュンブと和解し、自分の処刑を命じたと知って都に進撃するが、トゥ・ギョンスンが立ちふさがる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第37話「包囲」あらすじ

イ・ウィバンは、キム・ボダンの残党が反逆を企てていると言う名目で王宮を掌握し、王族や文臣たちを大挙して捕らえる。イ・ウィバンは重房(チュンバン)会議を招集するが、チョン・ジュンブはこれを無視して王宮を六衛(ユグィ)の軍勢に包囲させ、ムン・グッキョムはイ・ウィバンの暴挙を止めようと座り込みを開始する。その頃、イ・ウィミンは、自分を反逆者と見なす重房決議にイ・ウィバンも同意したと聞かされ、パク・チョニを都に向かわせる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第36話「廃王殺害」あらすじ

イ・ウィミンは東屋(あずまや)で別れの酒を交わし、斧鉞(ふえつ)の舞を披露した後、毅宗(ウィジョン)を暗殺する。同じ頃、キム・ボダンや内通を疑われたチェ宦官らも斬首される。イ・ウィミンが毅宗を殺害したとの知らせに、明宗(ミョンジョン)は暗殺の黒幕を明かそうと朝廷を開く。重房(チュンバン)ではイ・ウィミンの処刑とイ・ウィバンの辞職が決議され、悩むイ・ウィバンに対してムビは、武力に頼るようそそのかす。一方、帰京途中のイ・ウィミンは、ソン・ユインらの軍勢と衝突する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年03月01日

武人時代 第35話「黄龍の野心」あらすじ

キム・ボダンと内通した宦官が拷問され、再び朝廷が荒れたらと不安の声が上がる。イ・ウィバンは、自分に一言の相談もなしに事を進めるチョン・ジュンブや重房(チュンバン)の将軍らと反目を深めるが、そんなイ・ウィバンに対してムビは、重房に屈服するなと叱咤する。一方、毅宗(ウィジョン)から慶州(キョンジュ)を拠点に挙兵しようと誘われたイ・ウィミン。夢の中でトゥドゥウルから、己の野心をごまかすなと言われたイ・ウィミンが、毅宗と二人きりで対面する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第34話「徐羅伐(ソラボル)の記憶」あらすじ

チョ・ウォンジョンがキム・ボダンを捕らえて凱旋し、明宗(ミョンジョン)は乱の鎮圧に軍功を挙げた将軍たちに宴会を催す。一方、イ・ウィバンは、毅宗(ウィジョン)の処遇について態度を二転三転させるチョン・ジュンブを問いただす。そんな中、若い頃、兄と共に見せしめとして捕らえられ、父の懇願によってただひとり放免されたという、徐羅伐(ソラボル)での苦い思い出を回想するイ・ウィミンは、現地の豪族の投降を受けて、毅宗のいる官舎に火を放ち襲撃する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月27日

武人時代 第33話「殺害か護衛か」あらすじ

毅宗(ウィジョン)の暗殺を命じられたら、イ・ウィバンは反逆者の汚名をそそぐために易姓革命を起こすだろうと、恭睿(コンイェ)太后に脅しをかけるムビ。そんな中、暗殺指令に悩むイ・ウィミンは、黄龍になりたければ徐羅伐(ソラボル)に行けと言うトゥドゥウルの言葉を受けて、慶州(キョンジュ)(徐羅伐)に向かい、かつて自分に仕えていたブルと再会を果たす。一方、イ・ウィバンは、イ・ウィミンを慶州に派遣したことを報告するが、明宗(ミョンジョン)は毅宗の護衛のためかと問いただす。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第32話「暗殺指令」あらすじ

チョン・ジュンブはイ・ウィバンに、毅宗(ウィジョン)を殺害するしか手立てはなさそうだと相談するが、実行するのは難しいと悩む。チョ・ウォンジョンがキム・ボダンの軍勢に苦戦する一方、毅宗を処刑すべきだと考えた恭睿(コンイェ)太后も、イ・ウィバンに対して、娘を太子妃として迎える代わりに、毅宗の暗殺を要請する。イ・ウィバンはイ・ウィミンに毅宗の暗殺を指示し、その帰り道、トゥドゥウルはイ・ウィミンを見て、鶏林(ケリム)の王に挨拶すると言う。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第31話「廃王の挙兵」あらすじ

1173年8月、キム・ボダンが反乱を起こし、毅宗(ウィジョン)が巨済県(コジェヒョン)を脱出する。困窮していた民や武臣への反感の強い豪族らの歓迎を受け、毅宗は慶州(キョンジュ)に入る。毅宗を傷つければ逆賊になると、乱の討伐に及び腰な老将軍らを尻目に、チョ・ウォンジョンがキム・ボダン討伐の先鋒となる。チェ宦官らは反乱に加勢して武臣を追放した後、キム・ボダンも始末しようと画策するが、街中に檄文が張られたことで、イ・ジュニは朝廷に内通者がいると睨む。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第30話「玉蓮(オンニョン)寺の約束」あらすじ

イ・ウィバン一派の威勢はますます強まり、イ・ジュニはチョン・ジュンブ一派を排除しようとするが、イ・ウィバンは名分がないと言う。一方、イ・ウィミンは、イ・ウィバンから政治に足を踏み入れず、真の武人として生きて欲しいと言われる。その言葉をかみしめながら家に戻ると、トゥドゥウルと名乗る男から、玉蓮(オンニョン)寺の約束として八十斤の斧が届いている。そんな中、イム氏はチョン・ギュンと涙の別れを果たし、都を離れる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月22日

武人時代 第29話「色褪せる大義」あらすじ

キム・ボダンはイ・ジュニとムン・グッキョムの専横人事を弾劾し、イ・ウィバンの排除を明宗(ミョンジョン)に訴える。これに対しチョン・ジュンブは軍を動員して、キム・ボダン一派の保護を図るが、イ・ジュニは牽龍(キョルリョン)軍を使って彼らを力ずくで追い払う。明宗(ミョンジョン)はキム・ボダンらと共にイ・ジュニとムン・グッキョムも左遷するという、両成敗で決着をつける。その頃、イ・ウィミンの家に謎の男が立ち寄り、毅宗(ウィジョン)のもとにはキム・ボダンの部下が訪れる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第28話「人事掌握」あらすじ

明宗(ミョンジョン)はイ・ウィバンの辞職を却下し、夫人たちの収賄事件も不問に付す。恭睿(コンイェ)太后はイム氏をイ・ウィバンに引き合わせようとするが、イム氏は強要するなら出家すると言い出す。イ・ウィバンに同調する勢力が朝廷で力を強めていくのに対して、それに反発するキム・ボダンは反対勢力を集結させ、その後ろ盾となっているイ・ジュニとムン・グッキョムを弾劾する。そんな中、イ・ウィミンは、徐羅伐(ソラボル)の黄龍とつぶやく謎の男とすれ違う。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第27話「収賄事件」あらすじ

武臣の妻たちが賄賂授受の容疑で捕らえられる。イ・ウィバンは配下の武臣たちに怒りをぶつけ、見かねたイ・ウィバンの妻チョ氏が責任をかぶったことで事件は一段落するが、この機会に軍部の力を抑えたい明宗(ミョンジョン)は事件を朝廷で議論させ、武臣の排除に躍起になるキム・ボダンも同調する。イ・ウィバンは責任を負って辞職しようとするが、軍部全体に火の粉が降りかかることを憂慮したチョン・ジュンブが、イ・ウィバンの辞職に反対する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第26話「新たな権力闘争」あらすじ

友の犠牲により、ますます威勢の強まるイ・ウィバン。重房(チュンバン)会議では、イ・ウィバン派の新進将軍と、チョン・ジュンブ派の老将軍たちとの間で、権力闘争が激化する。一方、ムン・グッキョムは、明宗(ミョンジョン)が王権を強化するあまり、宦官の重用に走っていることを憂慮し、イ・ウィバンに対して武力を正義のために使ってくれるよう懇願する。恭睿(コンイェ)太后も、イ・ウィバンとの繋がりを確固たるものにするため、妹のイム氏を嫁がせようとする。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月16日

武人時代 第25話「さらば友よ」あらすじ

イ・ウィバンがムビを都に呼び寄せたという噂が朝廷で立ち、ムン・グッキョムは釈明に奔走する。そんな中、イ・ウィバンは、チョン・ジュンブの仲介を受けて、罠であることも厭わず、単身でチェ・ウォンとの和解の席に向かう。チェ・ウォンに対する信義を見せるイ・ウィバンだったが、そこへイ・ウィバンの護衛と称して、ソン・ユインの軍勢が奇襲をかける。裏切られたと誤解したチェ・ウォンは、奮闘の末、弓矢に倒れる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第24話「血の雨、再び」あらすじ

山中に陣取ったチェ・ウォンは、チョン・ギュンを追及するが、チョン・ギュンはうまく言い逃れ、イ・ウィバンとムビの密通を示唆する。ムビやチョン・ギュンの言葉に翻弄されたチェ・ウォンは、チョン・ジュンブのもとを密かに訪れて、イ・ウィバンとの和解を仲介してくれるよう求め、その席でイ・ウィバンを始末しようと画策する。一方のイ・ウィバンは、ムン・グッキョムに諭され、ムビとの情愛でイ・ゴを殺したのかと自責する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第23話「拉致されたムビ」あらすじ

チェ・ウォンはムビを捕らえてイ・ウィバンとの密通を追及するが、ムビは、自分を都に呼んだのはイ・ゴで、チェ・ウォンを反乱軍に誘い入れるための策略だったと、嘘の自白をする。ムビの失踪を知ったイ・ウィバンは、朝廷刷新と富国強兵を目指して明宗(ミョンジョン)の前で忠誠を誓うという約束も忘れて、ムビの行方を捜し回る。ムビを捕らえたのがチェ・ウォンだと知ったイ・ウィバンは、巡検(スンゴム)軍に乗り込むが、牢獄からムビの姿は消えていた。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第22話「分かち合えぬ権力」あらすじ

挙兵に失敗し、権力闘争に敗れたイ・ゴは、イ・ウィバンの前で自ら命を絶つ。自分の手で盟友を死に追いやったことを嘆くイ・ウィバンは、ムビの家で酒に溺れる日々を送る。一方、イ・ゴの死を受けて、邪魔者が一人消えたと安堵するチョン・ジュンブは、さらにチェ・ウォンをけしかけてイ・ウィバンを排除しようと企む。ソン・ユインからムビが都にいると聞かされたチェ・ウォンは、巡検(スンゴム)軍を引き連れて、ムビの屋敷に踏み込む。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月10日

武人時代 第21話「加冠(カグァン)式の日の反乱」あらすじ

イ・ゴは自分の敗北を潔く認め、イ・ウィバンはイ・ゴと劇的な和解を果たして、遅れてやって来たチェ・ウォンと三人で酒を酌み交わす。王子ワン・スクの加冠(カグァン)式の日取りが決まり、イ・ウィバンは儀式を取り仕切る宣花使(ソナサ)として、和解の証拠にイ・ゴを推薦する。しかしイ・ゴは、一命を取り留めたスヘに再会し、また市場でムビの姿を見かけたというヒョンソの証言に、再び忠義軍を結集して、加冠(カグァン)式の席で挙兵することを決意する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月06日

武人時代 第20話「竜馬(りゅうめ)のたてがみ」あらすじ

チェ・ウォンはイ・ウィバンに、かつて若い頃に三人で盟友を誓い合った時の証である竜馬(りゅうめ)のたてがみを見せながら、イ・ゴが謀反を起こしても命は奪うなと訴える。その頃、金(きん)の使臣の襲撃に失敗した忠義軍は全滅し、スヘとヒョンソは手傷を負って敗走する。敗戦を知ったイ・ゴは憤慨するが、キム校尉(キョウィ)と父親に諭されて心が揺れ動く。一方のチェ・ウォンは、イ・ウィバンのもとに怒鳴り込み、イ・ゴは自分が守ると宣言する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第19話「使臣襲撃」あらすじ

お飾りの王の立場を嘆く明宗(ミョンジョン)に対して、側近のチェ宦官は宦官を重用するよう進言し、一方の朝廷では、太子の冊封に先立って、王子ワン・スクの加冠(カグァン)式が準備される。チョン・ジュンブが各軍の将軍らを動員して、イ・ゴの動向に目を光らせる中、帰国する金(きん)の使臣一行が、スヘとヒョンソの忠義軍による襲撃を受ける。しかし、使臣の護衛に当たっていたイ・ウィミンとトゥ・ギョンスンは、敵軍の待ち伏せを察知して、罠を張っていた。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第18話「密通」あらすじ

弥勒寺(ミルクサ)で再会したイ・ウィバンとムビは、互いの愛情を確かめ合うが、ムビの姿を目撃して二人の密通を確信したスヘは、それをイ・ゴに伝える。イ・ゴからムビの所在を聞かされたチェ・ウォンは、ムビを捕らえようと弥勒寺(ミルクサ)に踏み込むが、ムビは発見できなかった。イ・ゴに騙されたと思ったチェ・ウォンは、イ・ゴにイ・ウィバンと和解するよう忠告する。一方、チョン・ジュンブはイ・ウィバンに、イ・ゴ排除に向けて協力を求める。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第17話「刺客」あらすじ

イ・ゴは各軍の中郎将(チュンナンジャン)を呼んで金(きん)との戦争を主張するが、イ・ウィバンは重房(チュンバン)で決議するべきことだと怒鳴り込む。そんな中、金(きん)の使臣の宿所に刺客が忍び込む。その刺客を牽龍(キョルリョン)軍に入れたのがチェ・ウォンと知ったイ・ウィバンは、イ・ゴの家にいたチェ・ウォンを追及する。一方、金(きん)の使臣は、毅宗(ウィジョン)は転地療養中という高麗(こうらい)側の主張に、ようやく納得する。その頃、イ・ウィミンと会ったムビは、毅宗(ウィジョン)を残したまま巨済県(コジェヒョン)を後にする。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第16話「幻の勅書」あらすじ

金(きん)から待望の使臣が到着するが、使臣が持ってきたのは明宗(ミョンジョン)の即位を承認する勅書ではなく、毅宗(ウィジョン)に譲位の理由を尋ねる書状であった。チョン・ジュンブは、金(きん)も戦争を望んでいるわけではないとして、戦争を主張するイ・ゴに警戒を強めるが、ご機嫌取りのために明宗(ミョンジョン)が準備した宴会にも、使臣は仮病を使って欠席する。そんな中、イ・ウィバンの命令でムビを迎えに行ったイ・ウィミンだが、そこには既にスヘが刺客を送り込んでいた。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年01月30日

武人時代 第15話「十八子為王」あらすじ

イ・ゴの父から息子の過ちを許すよう懇願されたイ・ウィバンはイ・ゴと和解し、軍部に不和が生じているという文臣の指摘も、猛然と否定する。そんな中、李(イ)氏が王になるという意味を込めた「十八子為王」の童謡が広まる。チョン・ジュンブはこれをイ・ウィバンかイ・ゴの仕業と睨み、またその息子チョン・ギュンは、イ・ゴの家に怪しげな僧侶が出入りしていることと、イ・ウィバンの家にムビの息子らしき子がいることを突き止める。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第14話「謀反の動き」あらすじ

イ・ウィバンの命令を受けて開国寺(ケグクサ)に向かったイ・ウィミンだが、罠にはまって1000人いた精鋭軍は全滅し、イ・ウィミンのみ、トゥ・ギョンスンの援軍でかろうじて生還する。重房(チュンバン)会議ではこの事件が取り沙汰され、謀反の兆候があったと主張するイ・ウィバンと、あくまでしらを切り通すイ・ゴとが再び衝突する。その頃、キム・ボダンは武人同士の不和に乗じて毅宗(ウィジョン)の復位を計画し、流刑中の毅宗(ウィジョン)のもとに部下を派遣する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年01月28日

武人時代 第13話「易姓革命」あらすじ

イ・ゴはイ・ウィバンに、新しい王朝を開く易姓革命を持ちかけるが、イ・ウィバンは今の時点で革命を起こせば、金(きん)に攻められ民心を失う結果になると、たしなめる。一方、金(きん)から何とか明宗(ミョンジョン)の即位を承認する勅書の約束を取り付けて帰国したユ・ウンギュに、右諫議大夫(ウガニデブ)キム・ボダンは、金(きん)の兵力を借りて武臣政変を鎮圧すべきと言う。そんな中、イ・ゴの動向を偵察していたオランは、開国寺(ケグクサ)の私兵養成現場でスヘに見つかってしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第12話「卑屈外交」あらすじ

高麗(こうらい)の宗主国にあたる金(きん)から毅宗(ウィジョン)の誕生日を祝う使者がやって来るが、毅宗(ウィジョン)の廃位を知って引き返す事件が起こり、朝廷は金(きん)との外交摩擦を避けるため、毅宗(ウィジョン)は廃位でなく病気による譲位であると言い繕う。こうした卑屈な外交に憤慨したイ・ゴは、かねてから私兵を養成していた僧侶のスヘとヒョンソのもとを訪れる。折しも、民心収拾のため、寺院の不正に対する徹底調査が始まると、スヘはイ・ゴに新たな王朝を開くようそそのかす。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第11話「一等功臣」あらすじ

暗殺計画を見抜いていたイ・ウィバンの反撃で、ハン・スンの計画は失敗に終わり、イ・ウィバンから入れ知恵されたイ・ゴは、毅宗(ウィジョン)とつるんでいた悪徳文臣らを事件の黒幕に仕立て上げて、独断で処刑してしまう。こうしたイ・ゴの暴走に対して文臣らの反発が強まる中、チョン・ジュンブはイ・ゴの不満を抑えるため、イ・ゴとイ・ウィバン、および自身の三人に、一等功臣である壁上(ピョクサン)功臣の位を与えるよう、恭睿(コンイェ)太后に勧める。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第10話「重房(チュンバン)会議」あらすじ

武臣の政権運営にともない、各軍の大将軍による武臣の最高合議機関・重房(チュンバン)会議が、すなわち国家の意思決定の場となった。重房(チュンバン)を取り仕切るチョン・ジュンブは、その場で決まった廃王・毅宗(ウィジョン)とムビの流刑を、重房(チュンバン)の総意として恭睿(コンイェ)太后に承認させる。一方、王の面前や議場で声を荒げ、粗暴な振る舞いの目立つイ・ゴに不快感を示す大将軍ハン・スンは、イ・ウィバンとイ・ゴの和解の宴席を設け、その場で二人を暗殺しようと企む。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第09話「新たな朝廷」あらすじ

大寧侯(テリョンフ)が王位に就けばかえって国に混乱を来すというチョン・ジュンブの説得に、イ・ウィバンはついに王印を渡して翼陽侯(イギャンフ)の擁立に同意する。こうして翼陽侯(イギャンフ)が19代王・明宗(ミョンジョン)に即位し、チョン・ジュンブが参知政事(チャムジジョンサ)に就任するなど、武臣たちが朝廷の重職を占めるようになった。一方、衛尉卿(ウィウィギョン)となったイ・ゴは、大寧侯(テリョンフ)擁立の意志を翻したイ・ウィバンが、ムビと密通しているとの疑いを強め、その部下のイ・ウィミンを捕らえようとする。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第08話「大寧侯(テリョンフ)か翼陽侯(イギャンフ)」あらすじ

ソン・ユインとイ・ゴ両軍の間で戦闘が始まるが、イ・ゴは翼陽侯(イギャンフ)を人質にとる。一方、イ・ウィバンは、我が子を王位に就けようという野心を持つムビを自宅にかくまうが、大寧侯(テリョンフ)が王位に就けば武臣たちは処罰されるだろうというムビの言葉に揺れ動く。そんな中、チョン・ジュンブは六衛の軍を動員して、イ・ウィバンを討とうとするが、既にイ・ウィバンが六衛の将軍配下である中郎将を味方につけていたため、奇襲は失敗する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第07話「一触即発」あらすじ

恭睿(コンイェ)太后は王室の安全のため、チョン・ジュンブの要求通り翼陽侯(イギャンフ)を新王に擁立し、チョン・ジュンブはすぐさまソン・ユインに翼陽侯(イギャンフ)の屋敷を警護させるが、この決定に不満を抱いたイ・ウィバンは、先手を打ってイ・ゴに翼陽侯(イギャンフ)邸を包囲させ、屋敷前は一触即発の緊張が走る。一方、末子のフィと共に弥勒寺に隠れていたムビは、兵士に見つかって連行されるが、ムビのもとに向かっていたイ・ウィバンとイ・ウィミンに助けられる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第06話「新王擁立」あらすじ

王宮に戻ってきたイ・ゴは、チョン・ジュンブ暗殺の邪魔をしたとしてイ・ウィミンを処罰するが、イ・ウィミンを解放したイ・ウィバンは、イ・ゴと険悪になる。そんな中、チョン・ジュンブは、気が弱く自身の言いなりにできる人物として、翼陽侯(イギャンフ)を新王に擁立しようとする。一方、誤解を解いて和解したイ・ウィバンとイ・ゴは、高麗(こうらい)を導く強力な君主として大寧侯(テリョンフ)を新王にと考えていたが、チョン・ジュンブの動きを知って激怒する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第05話「王印の行方」あらすじ

チェ・ウォンは、ソン・ユインら老将軍を、王印を隠した犯人として捕らえてしまうが、ムビの侍女オランから王印を受け取っていたイ・ウィバンは、彼らを解放する。一方、王印が行方不明だと知った恭睿(コンイェ)太后は、密かに毅宗(ウィジョン)のもとに手紙を送るが、その手紙は武臣たちの手に落ちてしまう。そんな中、キム・ドンジュンの軍勢を鎮圧して帰郷の途に就くチョン・ジュンブは、イ・ウィバンの裏切りを知ってイ・ゴらを捕らえようとする。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第04話「挙兵の大義」あらすじ

兵士たちを前にイ・ウィバンは、毅宗(ウィジョン)の血書を見せながら、自分たち武臣が挙兵するに至った理由を説得し、武臣同士の衝突は回避される。そんな中、キム・ドンジュンが兵を引き連れて王宮に向かっているとの知らせが入ると、チョン・ジュンブは自ら制圧に出向き、宿営地の奇襲に成功する。チョン・ジュンブ不在の中、イ・ウィバンは太子たちを人質にとって、恭睿(コンイェ)太后に新王の擁立を求め、廃位された毅宗は王宮から追放される。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第03話「廃位」あらすじ

イ・ウィバンは、自身をだまし討ちにしようとした毅宗(ウィジョン)に廃位を迫り、部屋に軟禁する。チョン・ジュンブは、毅宗が将軍たちも含めて始末しようとしていたと聞かされると、毅宗の廃位を決意。廃位に反対する官僚を惨殺し、ユン・インチョムら元老や恭睿(コンイェ)太后に廃位を承認させる一方で、血気にはやって暴走するイ・ウィバンらを牽制するために、大将軍ソン・ユインの軍勢を王宮に呼び寄せて、イ・ウィバンの軍勢と対峙させる。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第02話「王宮制圧」あらすじ

普賢院(ポヒョノン)で挙兵したイ・ウィバンは、巡検(スンゴム)軍散員(サノン)チェ・ウォンと結託して、王宮の制圧に向かう。非常事態に気づいた毅宗(ウィジョン)の寵姫ムビは、王印を持って密かに王宮を脱出する。一方、チョン・ジュンブは毅宗を連れて王宮に戻り、事態の収拾を図ろうとするが、それに対してイ・ウィバンは、義挙が単なる反乱になってしまうと言って反対する。そんな中、毅宗は宦官たちを使ってイ・ウィバンらをだまし討ちにしようとするが、失敗してしまう。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。

武人時代 第01話「武人たちの怒り」あらすじ

1170年、高麗(こうらい)。18代王・毅宗(ウィジョン)は文臣たちと酒色に溺れる日々を送り、その陰で武臣たちは虐げられてきた。毅宗の気まぐれに付き合わされたあげく、屈辱を受けた上将軍チョン・ジュンブは、かねてから不満を募らせていた牽龍行首(キョルリョンヘンス)イ・ウィバンと散員(サノン)イ・ゴの意見を受け入れ、挙兵を敢行。普賢院(ポヒョノン)に到着したところで、毅宗の取り巻きの文臣たちを皆殺しにし、堕落の元凶である奸臣ハン・レを毅宗の目の前で殺害する。

以前・以後のあらすじは、武人時代 韓国ドラマデータベースから見れます。