【スポンサードリンク】

« 福寿草 | メイン | 僕らのイケメン青果店 »

2013年01月02日

僕の彼女は九尾狐 第16話「運命の100日」あらすじ(最終回)

倉庫部屋にアルバムを取りに来たミホとテウンは鉢合せ、ミホの尻尾は消え続け今も死に向かっている現状を知り、テウンは嘆き悲しむ。トンジュの元へ戻ったミホはテウンに狐玉を渡してほしいと頼む。トンジュはテウンに「狐玉に残りの命を吹き込めばミホが助かる」とウソを言うと、テウンは何のためらいもなく狐玉を飲み込んだ。二人の愛が本物だと認めたトンジュは、テウンに真実を告げ二人の前から姿を消す。ようやくテウンとミホは、現実を受け入れ誰にも邪魔をされずに一緒にいられる。しかしミホが消えてしまう100日目まで残りわずかだった…。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第15話「明かせない本心」あらすじ

ミホとテウンが別れて1ヵ月、ミホはパク・ソンジュとしての人生を始め、トンジュとの結婚を決めていた。ある日、愛犬と散歩に出たテウンは公園で偶然ミホと再会する。ミホが九尾狐<クミホ>の能力を失っている事に気付き、尻尾を確かめるためミホにつきまとう。今の状態を知られたくないミホは、なんとかテウンを振り切る。一方、パン監督と叔母のミンスクの結婚が決まる。叔母につきあって式場の下見に出かけたテウンはそこでミホとトンジュに鉢合わせする。ミホから結婚式の招待状を渡されるが、テウンはミホに渡すつもりで婚約指輪を用意していたのだった。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第14話「さようならミホ」あらすじ

100日目にどちらかが死ぬ事実を受け入れられないテウンは50日が経った今日、狐玉をミホに返すと言い出す。一か八かの賭けであるが、死ぬのも生きるのもその時は二人一緒だと心に決めていた。テウンはミホに口づけし狐玉を返すと、気を失い倒れ込む。病院で意識を戻すが、しばらくの間二人は実家で過ごす事になる。そんなある日、ミホに異変が起こる。目が青くなり、テウンの「気」を求めるようになる。ミホを心配するテウンはトンジュに救いを求めるが、彼の口から55日目に5本目の尻尾がなくなれば、やはりミホは100日目に死んでしまうと聞かされる。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第13話「究極の選択」あらすじ

テウンを守るため自分が死ぬ事を決めたミホであったが、トンジュから「人間は愛のために死んだりしない、たとえミホが死んでもすぐ忘れ去られてしまう」と聞かされ不安になる。中国ロケから一時帰国しているテウンを試すが、不安は募る一方だった。ミホは、テウンと中国へ発つため空港で彼を待っているとトンジュが現れ、テウンは現れないと告げられる。ミホはトンジュに言われるがまま日本行きを承諾するが、隙を見て空港の外へ逃げ出す。するとそこにはテウンがいた…。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第12話「私がお前を守る」あらすじ

テウンの思いを知り嬉しくてたまらないミホは、テウンとずっと幸せに暮らす「人生計画」を立て、楽しい日々を過ごしていた。そんなある日、ビル工事のために木が切り倒され、その町の木に住んでいた鬼が人間界に出てくる。少年の姿をした鬼は狐玉を狙ってテウンに襲いかかり、テウンは間一髪の危機を獣医師のトンジュに救われる。そしてトンジュから「狐玉を抱き続けているとミホが死ぬ」と教えられる。一方、ミホは鬼から「100日間狐玉を抱えた人間は、玉を取り出した後死ぬ」と聞かされる。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第11話「好きだから平気」あらすじ

狐玉を傷つけられ意識を失ったミホは、高所から落ちてしまう。やがてミホは意識を取り戻すが、目を青く光らせヘインに襲いかかる。テウンが身を挺してミホの怒りを静めるため彼女を抱きしめると、ミホは我に帰る。ミホはクミホである自分を好きになってもらうのは間違いだったと悟る。テウンはそっけないミホに憤りながらも、彼女の指輪を必死に探した。ようやくミホへの想いに気付いたテウンは、いつか一緒に行こうと思っていた聖堂に行く。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第10話「ヘインの嫉妬」あらすじ

正体を他言しないかわりに姿を消せとヘインに言われたミホは、テウンに電話でしばらく姿を消すと告げる。テウンはヘインがミホの正体に気付いた事を知り、ついにミホに本心を伝える。ミホは姿を消す事をやめ、ヘインに「放っておいてほしい」と頼みにいく。ヘインは交換条件としてミホにアクション演技だけの代役を務めるよう持ちかけ、そして自身も映画の主役の座をつかむ事に成功する。勢いづくヘインは撮影初日、テウンが油断したスキを狙い大きな行動に出る。その時、ミホは…。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第09話「ミホの秘密」あらすじ

祖父のプンが倉庫部屋へ突然現れ、テウンは家へ連れ戻されてしまう。一人になったミホは突如激痛に襲われ、9本の尾を出し痛みに耐えるが、ミホの体から1本の尾が消える。それはクミホの気が徐々に消えて行く証であった。この時、よろめいた拍子にビデオカメラのスイッチが入り、ミホの苦しむ様子が録画されてしまう。一方、テウンは病院で再検査をする事になる。偶然にもビデオに録画された映像を見たヘインはミホの正体を怪しみ始める。ヘインはテウンの検査を口実にミホを病院に呼び出し、検査を受けさせ正体を暴こうとする。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第08話「歩み寄る心」あらすじ

人魚姫の本当の結末を知って悲しむミホに、テウンは「自分の言ったことだけ信じろ」と言う。テウンは内心ミホを人間のように感じ、女性として意識し始めていた。ミホはトンジュから「今のままでは役に立たない存在だ」と言われ“お金”を稼ぐことを決め、テウンに内緒で働き始める。そしてある日、ミホはテウンの好きなものを買ったと意気揚々とプレゼントを差し出す。テウンは驚きながらもプレゼントのお礼にミホに花束を贈り、少しずつだがお互いの心が通い始めていた。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第07話「交際宣言!」あらすじ

屋上から飛び降りたミホの様子が気になるテウンは、ヘインに「今はミホと離れられない」ときっぱり告げる。飛び降りた際、小さな傷を負ったミホは怪我をしたり、疲れやすい体になっていた。快適な共同生活を送るためのルールを決め、ミホをアクションスクールの管理人に任命し、仕事を言い渡す。ミホは人間扱いされたことに喜び、そのことをトンジュに報告する。ミホはトンジュからプレゼントされた『人魚姫』の絵本を読み、人魚姫の姿と自分を重ねていた。しかし、物語を知るテウンは絵本の結末を破り取ってしまう。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第06話「もしかして恋?」あらすじ

テウンは映画に出演するため、狐玉を100日間胸に抱えてミホの「彼氏」になることにする。すっかり恋人気分のミホと、狐玉のために「恋人ごっこ」を受け入れたテウンの間には、意識の差があった。二人で道を歩いているとテウンの見知らぬおばさんと親しげに話したり、見知らぬ男性から電話がかかってきたり、いつの間にかミホが築いた人間関係や、街の男達のミホに向ける熱い視線にテウンは戸惑うのだった。ある日、テウンと一緒に大学へ行ったミホは、パン監督に出くわし全速力で逃げるが、今までにない激しい動悸に襲われる。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第05話「彼女になりたい!」あらすじ

テウンはミホが狐玉と共に去り、クミホから解放されたことに喜ぶ。映画の出演と事務所からのスカウトもあり、浮かれ気分のテウンは事故に遭う。幸い軽い怪我で済んだが、以前、崖から落ちた際の大怪我の影響で、アクション映画の出演はあきらめるよう言い渡される。狐玉の恩恵を痛感したテウンはミホを捜し始める。一方、ミホはトンジュから自分の血が入った赤い瓶と狐玉の入った青い瓶を渡され、人間になるか三神閣へ戻るかのどちらかを選ぶよう告げられる。倉庫部屋へ戻ったミホは偶然テウンと再会し、100日間、狐玉を胸に入れてほしいと頼むが…。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第04話「クミホの恋心」あらすじ

テウンは警察に捕まったパン監督を助け、オーディションに再チャレンジして役を掴む。喜んで倉庫部屋へ帰る途中、ヘインと偶然鉢合わせしたテウンはミホとの関係を責められる。どうしていいか分からないテウンは街へ酒を飲みに行く。一方、ミホはトンジュから彼の血と100日間人間の「気」を吸った狐玉があれば、人間になれると教わる。ミホはテウンがその「気」を注いでくれる存在になってくれるかどうか、本人から聞き出そうと帰りを待っていた。そこへ泥酔状態のテウンが帰ってくる。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第03話「涙の狐雨」あらすじ

テウンはミホとの仲を誤解され、憧れの先輩ヘインとの間に不協和音が生じる。ミホはテウンの中に狐玉が入っている限り、玉が傷つくから他の女と情を交わしてはいけないと忠告する。ある夜、ミホの驚異的なジャンプ力をパン監督が偶然目撃する。「これぞ長年求めていたリアルアクションだ」と、準備中の映画の主演女優をミホにしようと心に決める。オーディションを受けられず、うんざりしたテウンはミホを連れて遊覧船へ。そして怖がるミホを一人船に置き去りにする。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第02話「クミホが友達?」あらすじ

謎の女が現れた。満月の光のもと9本の尻尾を見たテウンは、彼女が九尾狐<クミホ>だと理解する。テウンはクミホについて大学の図書館で調べるうちに、寺で自分が9本の尻尾を描いてしまったことで、クミホを絵からこの世に出してしまったことを悟る。親友のビョンスに恋人同士と誤解され、とっさに彼女の苗字は「ク」で名前が「ミホ」だと言ってしまったことで、クミホは「ミホ」と名乗ることになる。一方、クミホを追う謎の獣医師トンジュは、クミホと一緒にいる相手がチャ・テウンであることを突き止め、彼の大学までやって来ていた。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

僕の彼女は九尾狐 第01話「運命の出会い」あらすじ

アクション俳優を目指すチャ・テウンは幼い頃に両親をなくし、祖父と叔母の三人で暮らしていた。大学の授業料を使い込むなど、祖父にとってテウンは手のかかる孫だった。そんなテウンをスパルタ式予備校に送り込もうとするが、テウンは祖父の目を盗み逃げ出してしまう。人里離れた場所に着いたテウンは寺の住職に助けられ、携帯電話で叔母に連絡を取ろうとする。しかし、電波の入りが悪く、寺をさまよっている内に三神閣へ足を踏み入れてしまう。そして電池の切れた携帯から謎の女の声が聞こえ、掛け軸の狐の絵に9本の尾を描けと命じられる。

以前・以後のあらすじは、僕の彼女は九尾狐:韓国ドラマあらすじ極から見れます。