【スポンサードリンク】

« 美男<イケメン>ですね | メイン | 美男<イケメン>スター誕生 »

2013年02月22日

美男<イケメン>バンド 第16話「旅立ち」あらすじ(最終回)

新しいチャンスを前に、また一つになることが出来るかもしれないということに喜ぶ「眼球浄化」。後先考えずただお互いが好きで、ただ音楽が好きで始めたバンド「眼球浄化」。果たして「眼球浄化」として再び共に舞台の上に上がることができるだろうか?一方スアが父親と中国に発つと聞き迷ったジヒョクは、勇気出してスアを手に入れようと決心するが…。果たして「屋根裏部屋カップル」の運命は?そして「眼球浄化」の運命は?

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年02月16日

美男<イケメン>バンド 第15話「孤独の深さ」あらすじ

ヒョンスを手放すために意図的に悪役を演じるジヒョク。そのせいでヒョンスは自然と本格的な芸能活動を始めるが…。すでにキョンジョンは再びプサン・チャガルチ市場の魚屋で、ドイルとハジンは各々ビリヤード場と演技塾で各自の時間を過ごし始める。 「眼球浄化」の痕跡が全てなくなってしまい、ジヒョクが心配で全員気持ちが落ち着かない。ギターまで燃やしてしまったジヒョクは果たしてどこに消えたのか?

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年01月30日

美男<イケメン>バンド 第14話「それぞれの思い」あらすじ

スアを守るため、傷つけないため、別れることを決心したジヒョク。スアもジヒョクの芸能活動のために別れることを誓う。果たして屋上カップルはこのまま別れることになるのか?一方、ジヒョクはヒョンスの成功のために、ヒョンスと違う道を行こうとするが、これを知らないヒョンスはジヒョクを誤解する。本格的にデュエット活動を始めることになったヒョンスとイェリムは、芸能界最もホットなカップルとして人気を独占するが、「眼球浄化」は解散危機に陥る…。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年01月23日

美男<イケメン>バンド 第13話「不信」あらすじ

ジヒョクが「彼女がいる。」と明らかにしたことで、「眼球浄化」の記者会見場はざわざわし始め、ジヒョクとスアの同居説は手のほどこしようもなく広まる。各種スキャンダルはもちろんメンバー自身がお互いを信じることができない中で、最悪の危機を迎えることになった「眼球浄化」。果たして「眼球浄化」はロックキムが予言した通り女とお金のために解散することになるのか?

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

美男<イケメン>バンド 第12話「真っ向勝負」あらすじ

「眼球浄化」が野心に充ちるように準備したシングル。だが、録音スタジオに登場したプロデューサーはスンフンであれこれと「眼球浄化」の実力を指摘し、「眼球浄化」は爆発寸前。さらに、スンフンとヘリが兄弟だという事実を知って驚く「眼球浄化」。契約書のためにやむを得ずスンフンとの作業を継続しようとするが、スンフンは「眼球浄化」の録音スタジオにわざわざスアを招く。これを見たジヒョクはスアとスンフンの仲を誤解し、録音スタジオを飛び出すが…。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

2013年01月09日

美男<イケメン>バンド 第11話「縮まらない距離」あらすじ

歌謡番組にライブで登場した「眼球浄化」。ベースのトラブルなどハプニングも続いたが、何とか無事に切り抜け番組では1位を獲得する。その後、メディアに対してそつない対応のできるヒョンスばかりに仕事が舞い込み、ヒョンスだけが一人、仕事で地方へ行く。ジヒョクはそんなヒョンスに申し訳ないと思いつつも、冷たい言葉を投げてしまう…。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

2012年12月26日

美男<イケメン>バンド 第10話「待ち望んだ舞台」あらすじ

喧嘩に巻き込まれた「眼球浄化」はHRエンターテインメントで説教を受け、外出禁止、個人行動禁止、スケジュール厳守というメンバーたちにとって受け入れがたい制裁に加え、携帯電話まで押収されるという状況に追い込まれる。それを知らないスアは連絡が途絶えたジヒョクのことを心配するのだった。一方、ロック・キムは「眼球浄化」特別管理のために謎のマネージャーを連れてくる。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

2012年12月21日

美男<イケメン>バンド 第09話「俺たちの音楽」あらすじ

ジヒョクから突然告白された後、お互いの気持ちを確認したスアとジヒョク。だが幸せな時間もつかの間、スアは屋根裏部屋に一人ぼっちで残ることになる。眼球浄化が合宿所生活をすることになったからだ。かといって、企画会社の規則をまともに守るわけがない自由奔放な眼球浄化。手に負えず担当マネージャーを一人、二人と入れ替えるが…。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

2012年12月12日

美男<イケメン>バンド 第08話「団結と分裂」あらすじ

“気に入った奴だけを育てる”という大型企画会社HRエンターテインメントが提案した契約書を、ヘリの目の前でビリビリに破ってしまったジヒョク。 結局、「眼球浄化」はヘリの前で改めてきちんと演奏を披露し、「眼球浄化」 5人全員の実力を認めさせることにするが…。果たして眼球浄化はメンバー全員分の契約書を手に入れることが出来るだろうか?

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

2012年12月08日

美男<イケメン>バンド 第07話「1人で戦うな」あらすじ

月の光の下屋上でキスしたスアとジヒョク。ぎこちない空気が漂い…二人とも自分たちの感情を紛らわしただけ…のはず。あの夜を境にスアはジヒョクを避け始める。そんなスアの本心を確かめたいジヒョク。一方、スンフンはスアに「10年間友達以上恋人未満」から抜け出すために男としてスアの側にいたいと自分の気持ちを告白するが…果たしてスアの心は?

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

2012年11月22日

美男<イケメン>バンド 第06話「贈りたかったプレゼント」あらすじ

ロックフェスティバル本戦に進出した眼球浄化は、空から自分たちを見守っているビョンヒのために「ストロベリーフィールズ」との2度目の対決に命をかけ、より一層猛練習をする。特にヒョンスはギターの強烈なサウンドが不足しているという審査評価から一人練習に没頭する。一方、スンフンはロックフェスティバル予選で眼球浄化が2位、自分たちが4位だったという事実に衝撃受け、何かと自分と関わりを持つジヒョクが気になってしまう。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

美男<イケメン>バンド 第05話「守りたいもの」あらすじ

練習室バトルを諦め、自分たちに背を向けてまでスアを助けたジヒョクを全く理解できない眼球浄化。ジヒョクはなぜそうしたのか・・?一方、練習室バトルでは勝ったが、スアと消えてしまったジヒョクが気になるスンフンと「ストロベリーフィールズ」のメンバー達。そんな中、ついにロックフェスティバル予選結果が発表される。なんと眼球浄化が全国2位で予選通過、本戦進出が決定する。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

2012年11月12日

美男<イケメン>バンド 第04話「バトルとミューズ」あらすじ

ビョンヒの最後の夢であるロックフェスティバルに「眼球浄化」が参加するための必須条件は、実力だけでなく「学生」という身分も。メンバー全員が学校に残らなければならないため、ジヒョクはスンフンにプライドを捨ててまで懇願する。一方で学校側は「眼球浄化」を追い出すために厳しい制度でメンバーを退学させようとする。さらにロックフェスティバルに「ストロベリーフィールズ」も参加することとなり、「眼球浄化」と「ストロベリーフィールズ」の間には妙な緊張感が漂う。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

美男<イケメン>バンド 第03話「ダチの遺志」あらすじ

目の前でビョンヒを失った衝撃と悲しみに陥った「眼球浄化」は、その悲しみからなかなか抜け出せずにいた。中でもジヒョクはビョンヒからかかってきた電話を取ることが出来なかった罪悪感に苛まれる。学校、バンド全てを放棄し、外に一歩も出ないジヒョクに電話がかかってくる。ビョンヒが「眼球浄化」のためにこっそりと用意したスペシャルサプライズ計画の正体が明らかになるのだった。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

美男<イケメン>バンド 第02話「引けない勝負」あらすじ

制服も持っていない状態で何も考えずにチョンサン高校に転校した「眼球浄化」のメンバー達。彼らが勢いよく校門に足を踏み入れた瞬間、学生たちはもちろん先生、警備員まで「眼球浄化」に対する反感を露骨に表わす。とは言え、バンドの練習室が必要な「眼球浄化」はチョンサン高の校内にある練習室を使うことを計画する。 だがそこはチョンサン高校イチのバンド「ストロベリーフィールズ」が独占的に使っていた。練習室をめぐって「眼球浄化」と「ストロベリーフィールズ」が激しくぶつかり始める。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

美男<イケメン>バンド 第01話「運命のミューズ」あらすじ

ゲチ町最高のスターバンド「眼球浄化」。
彼らの公演を見るために集まった女の子たちは、小学生から大学生まで様々…それこそ年齢不問、絶大な人気を誇っている。「眼球浄化」のメンバーはトンネ高に通う高校生だが、再開発による学区改編で韓国でも有数の上位校チョンサン高校にやむを得ず転校しなければならない状況に置かれてしまう。

以前・以後のあらすじは、美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート〜 韓国ドラマデータベースから見れます。