【スポンサードリンク】

« 狂気の愛 | メイン | 結婚してください!? »

2012年10月28日

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第16話あらすじ(最終回)

とうとうユンもクサンテクが人間ではなかったことに気づき、クサンテクに刃を向ける。しかし、ちょうどそこに県監が例の文書を持ってユンを逮捕するが、県監はユンの莫大な財産と引き換えに、ユンを釈放する。財産を全て奪われ、正気を失ったユンは、クサンテクを手助けするチョヌを殺し、占い師からもらったトラの頭がい骨の剣でクサンテクを追い込むが、再び現れたヨニに返り討ちに遭う。両親を亡くし、取り残されたたチョオクは、ヨニのふりをして、クサンテクと共に過ごすのだが…。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第15話あらすじ

ヤン夫人は、占い師から奪い取った秘密の粉を使って、皆の前でクサンテクの正体を暴こうとするが、チョヌに邪魔をされてしまう。一方、ユンはそれどころではなく、ヨニを殺したことが書いてある念書を取り返すために奔走するが、実はその文書はヤン夫人から県監に渡っていた。我慢が限界に達したユンは、ヤン夫人を問い詰めるが、返ってクサンテクを殺すよう、説得される。ヨニを殺してしまった罪悪感とヤン夫人の要求に混乱し、ユンはヤン夫人を刀で刺してしまう。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第14話あらすじ

心臓を刺されてしまったヨニの魂はチョオクの体から離れ、再びチョオクの魂が戻ってしまった。ヤン夫人はクサンテクがチョオクを刺したとユンに訴えるが、チョオクの体からは傷は見つからず、ユンはクサンテクを家に呼び戻す。ヤン夫人は占い師から満月の日までにクサンテクを家から追い出すよう忠告を受ける。満月の日までに追い出すことができず、ヤン夫人は狐の姿に変わったクサンテクから脅迫される。ちょうどその頃、ユンはヨニは自分が殺したという念書が県監に渡ってしまったため、その文書を取り戻そうとしていた。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第13話あらすじ

ヤン夫人はチョオクの魂が戻るよう、ヨニを縛って御払いをする。ちょうどそこにユンがやってくるが、ヨニはユンに殺されたことを突如思い出し、無我夢中でユンを刀で刺してしまう。錯乱するヨニを見て途方にくれるヤン夫人は、ある日、満月にヨニの心臓を刺せば、再びチョオクの魂が体に戻ることができるというチョオクの魂の叫びが聞こえ、何とか娘の魂を戻そうとする。そんな中、ヨニは以前から慕っていたジョンギュにチョオクとして会いに行くが、ジョンギュもヨニの魂にようやく気づくのだった。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第12話あらすじ

クサンテクはようやくチョオクの体にヨニの魂が宿っていることに気づき、燃え盛る納屋からヨニを助け出す。狐の姿のクサンテクを見て、ヨニは母親も人間ではなかったことを知る。親子の絆を確かめ合ったふたりは、ユンのもとから逃げ出そうとするが、ヨニは頭の中でチョオクの叫び声が聞こえ、逃げ出すことができずにユンに捕まってしまう。仕方なくユン宅に戻ったクサンテクは占い師と偶然鉢合わせてしまい、ふたりは決着を着けることになる。そして、ヤン夫人はチョオクの魂をとり戻すため、祈祷師にお願いに行くが…。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第11話あらすじ

チョオクはトラの肝臓ではなくヨニの肝臓を食べたことに気づき、ヨニの幻に毎日うなされるようになる。ある日、成仏できないヨニはチョオクの体に魂を宿す。ヨニは、クサンテクに姿はチョオクでも魂はヨニだと説得するが、クサンテクは理解をしてくれない。我が子を殺された復讐を果たそうするクサンテクは、チョオクのことを許すことができず、納屋にチョオクを呼び出して火を放つ。一方、ユンは占い師が釈放されたことを聞きつけ、殺すよう家来に命じるが、逃げられた上に命を狙っていることに気づかれてしまう。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第10話あらすじ

1ヵ月後−。ユンは狩りの最中に白い獣に襲われるが、偶然にもクサンテクに助けられる。ユンはクサンテクを再び殺そうとするが、以前の記憶がないクサンテクに気づき、家に呼び戻して面倒をみることにする。ちょうどその頃、県監は失踪していた占い師を見つけ出し、ユンの秘密を暴こうと画策していた。ヤン夫人は記憶を失ったというクサンテクを怪しみ、何とか追い出そうと策を練る。ユンは、クサンテクに対するヤン夫人のひどい仕打ちを見て、ヤン夫人に家から出て行くよう命じる。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第09話あらすじ

ユンに捕まってしまったヨニは、殺された挙句、肝臓を取り出されてしまう。クサンテクもようやく山中でヨニを見つけるが、すでにヨニは息絶えた後だった。一方、チョオクは元の元気な姿に回復し、ヨニの肝臓とは知らず両親からは虎の肝臓を食べて病気が治ったと説明をうける。クサンテクは、ユンにだまされていたことに気づき、県監と話しているユンの元に乗り込み、ヨニを殺したことを問い詰める。執拗に追うクサンテクに対し、ユンは逆に彼女を崖に追い込み、クサンテクは谷へと身を投げてしまう。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第08話あらすじ

占い師が、ユン自らの手でヨニを殺すよう告げたとき、そこに県監が現れ、ヨニは何とか占い師の住み家から逃げ出す。クサンテクは沈められた池の中でヨニの鈴を見つけ、池から脱出してヨニを捜しに行く。一方、ギョンジュもヨニの身を案じて山中にヨニを捜しに行くが、父親の県監に見つかって捕らえられてしまう。ヨニは、追いかけてくるユンの頭を石で殴って逃げ出すが、その後、再びユンに見つかってしまう。崖から落下しそうになるところを助けてもらったヨニは、諦めてユンと共に占い師の住み家に戻ることになる。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第07話あらすじ

占い師からヨニを連れてくるよう告げられたヤン夫人は、ヨニを無理やり連れ出し、占い師のもとへと向かう。不穏な空気を察したヨニは何とかヤン夫人から逃げ出し、ギョンジュの父親の県監のもとに行き事情を話すが、取り合ってもらえない。日々、衰弱するチョオクは亡き伯父に呼ばれて、あの世へ連れて行かれそうになる。ユンとヤン夫人が何とか元の世界に連れ戻すが、ユンは亡き伯父にヨニの命を代わりに差し出すことを約束する。家に戻ったユンは、怖がるヨニに薬をかがせて意識を失わせ、占い師のもとへと向かう。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第06話あらすじ

ギョンジュはヨニのために池で蓮の花を取ろうとし、池に落ちてしまう。ヨニはギョンジュを助けるために、九尾狐の姿に変わるが、それをギョンジュに見られてしまう。一方、チョオクの病状は悪化するばかり。ユンは何とか娘ふたりを助けたいと願うが、成す術がない。そんな中、街中で見かけた隣村の医者の教えにより、“万年参王”という薬を探しに行く。クサンテクとヨニがユン家を離れようした晩、突然、あの怪しい男が屋敷を訪れてクサンテクを襲う。力を封じ込める札を貼られたクサンテクは、池に沈んでしまうのだが…。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第05話あらすじ

ヤン夫人の企みにより、ヨニは見知らぬ男たちに襲われ、さらにはクサンテクを追う怪しげな男も現れて命を狙われてしまう。しかし、ちょうどそこにユンとユンの下で働くチョヌが駆けつけ、ヨニは無事、難を逃れる。クサンテクはヤン夫人を激しく非難するが、ヤン夫人は寝込んでいる娘のために死に装束を縫うよう、ヨニに泣いて頼み込む。ヨニはチョオクのためと受け入れるが、実は、ヤン夫人はチョオクの命を救うには、チョオクの供え物となるヨニに自身の死に装束を作らせるよう、占い師から告げられていたのだった。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第04話あらすじ

クサンテクは、ヨニを元の体に戻すために牛の肝臓を食べさせようとするが、ヨニは嫌がって食べようとしない。ちょうどそこにユンが駆けつけ、クサンテクはヨニの姿を見られないよう、崖から身を投げる。クサンテクは一命を取り留め、結局、ユンからの求婚を受け入れる。クサンテクとヨニのことが気に入らないチョオクの母親ヤン夫人は、ある日、召使の者に頼んでヨニを追い出してしまう。ところが、ヤン夫人は偶然にも占い師からユンへの手紙を見つけ、ヨニがチェオクの奇病を治すカギとなる子供だということを知る。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第03話あらすじ

ユンはクサンテクに求婚するが、クサンテクはそれを受け入れられないでいた。チョオクは、父親だけでなく慕っているギョンジュさえもがヨニに優しいことが許せない。そこで、憎い相手に飲ませれば、好きな相手の心を取り戻すことができるキツネの血の漢方薬を無理やりヨニに飲ませる。生死をさ迷うヨニに、クサンテクはキツネの“珠”を飲ませて一命を取り留める。しかし、直後に怪しい男が屋敷に侵入し、ヨニに白い粉をかけて逃げ去った。すると、体が獣のように変わり、ヨニは自分が普通の人間ではないことに気づく。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第02話あらすじ

ユンには奇病を持っている娘チョオクがいるが、ある占い師から、チョオクと同じ誕生日の子供を見つければ奇病は治ると告げられていた。ヨニがチョオクの前に姿を現すと、なぜか目が開かなかったチョオクの目が元どおりになる。ユンはクサンテクにチョオクの看病を命じ、ふたりはユンの家で働くことになる。しかし、実は占い師のお告げとは、チョオクと同じ日に産まれ、ちょうど3か月後に10歳を迎える子供の肝臓を食べれば奇病が治る、という恐ろしいものだった。ヨニはちょうど3か月後に10歳を迎えようとしていた。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。

九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 第01話あらすじ

クサンテクは美しい女性の姿をした九尾狐。真面目な人間と10年間を共にすると、狐から人間になれるため、クサンテクは木こりと結婚し、ヨニという娘を産んだ。ところが、10年まであと1日というときに、木こりはある約束を破り、クサンテクは人間になれなくなってしまう。ある日、ヨニは傷ついた母親を助けるために宝石をお金に換えようとするが、盗品と見抜かれてしまい、ふたりとも役所に連れられてしまう。厳しい尋問を受けるが、ちょうどそこに両班(ヤンバン)のユン・ドゥスが現れ、ふたりは助けられる。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝〜愛と哀しみの母〜 韓国ドラマデータベースから見れます。