【スポンサードリンク】

« 龍の涙 第158話「ミン氏の最期」あらすじ | メイン

2015年05月26日

龍の涙 第159話「太宗の雨」あらすじ(最終回)

大妃(テビ)が亡くなって2年、バンウォンは中風(ちゅうふう)の上に皮膚病も患って表舞台には姿を現さなくなっていた。忠寧(チュンニョン)は自ら国政を執り、集賢殿(チッピョンジョン)を強化して学者たちの育成を図るなど順調に泰平の世を築いていたが、ここへきて深刻な干ばつに見舞われていた。干ばつは過去に自分が犯した罪のせいだと考えたバンウォンは、この世で最後の善行として、病身をおして過酷な雨乞いの儀式を行う…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/35613