【スポンサードリンク】

« 龍の涙 第157話「対馬へ」あらすじ | メイン | 龍の涙 第159話「太宗の雨」あらすじ(最終回) »

2015年05月25日

龍の涙 第158話「ミン氏の最期」あらすじ

朝鮮軍は対馬征伐に成功し、島首 宗貞盛(そうさだもり)を捕らえる。軍の凱旋にバンウォンが喜んでいる頃、長く寝ついていたバングァがついに帰らぬ人となる。倭寇を討伐して国境も安定し、忠寧(チュンニョン)もしっかりと国を導いているのを見て、自分の時代の終焉を感じ取るバンウォン。自らも中風(ちゅうふう)を患っていたが、それを隠して大妃(テビ)の療養先へ向かう。枕元で過去の許しを請うバンウォンに、大妃は…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/35611