« 2015年03月 | メイン | 2015年05月 »

2015年04月27日

帝王の娘スベクヒャン 第69話あらすじ

ミョンノンから再び戦いに行くと告げられたソルランは、心配のあまり密かに戦場に向かう。
大勝を果たして凱旋(がいせん)したミョンノンは、チンムの活躍を武寧(ムリョン)王に報告し、チンムは王族の身分を回復した。
後日、チンムを訪ねたミョンノンは、自分とチンムがすり替えられた事実と、太子の座をチンムに譲る意向を伝える。真実を知ったチンムは武寧王に剣を向けて逆上するが、武寧王が幼いころからの自分の肖像画を大切に持っていたことを知り、泣き崩れた。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第68話あらすじ

瀕死(ひんし)の重傷を負ったチンムに、武寧(ムリョン)王は自らの血を飲ませて助けようとする。王の必死な態度に疑問を抱いたミョンノンは、チンムが何者なのか、王の内官に訪ねた。すると、チンムは武寧王の子で、ミョンノンの父は東城(トンソン)王だと聞かされる。自分とチンムがすり替えられていたという真実に、衝撃を受けるミョンノン。
ソルヒの死罪を求める声が高まる中、ソルランは戦時中の混乱を避けるという名目で、ソルヒを監禁することにする。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第67話あらすじ

ミョンノンの無事を祈り、戦場に送り出すソルラン。
一方、チンムが王位に就くことを諦め切れないソルヒは、高句麗(コグリョ)の将軍ウルミルと手を結び、戦場でのミョンノンの拠点を高句麗軍に密かに教えた。ミョンノンが奇襲攻撃を受け、行方も分からないという知らせに、百済(ペクチェ)の王宮は騒然となる。
そんな中、いまだに自分が王女だと錯覚するソルヒは、偽の王女だと以前から知っていたというチンムともみ合いになり、チンムを剣で刺してしまう。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第66話あらすじ

ソルランこそが本物の王女であると、トリムが武寧(ムリョン)王に告げようとしたその時、高句麗(コグリョ)軍が侵攻したとの知らせが舞い込んでくる。ミョンノンは先鋒(せんぽう)として出陣することを志願した。
一方、王女の身分を剥奪されたソルヒだったが、自分が王女だと錯覚しての奇行が目立つようになっていた。
そんな中、謹慎中のチンムを訪ねたソルランは、自分がクチョンを殺したと自覚していないチンムの態度に、疑問を抱き始める。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第65話あらすじ

ついに武寧(ムリョン)王から、本物のスベクヒャンではないことを追及されたソルヒ。言い逃れようとするソルヒだが、ソルランの証言に動揺し、ナウンがすでに死んでいることを口走ってしまう。ソルヒは王女スベクヒャンの地位を剥奪されるが、辛うじて王宮にとどまることは許され、プヨンという名を与えられる。
一方、ソルランこそが真の王女であることに気付いたトリムだったが、ソルランはミョンノンへの思いがゆえに、本物の王女だと名乗り出ないという。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第88話あらすじ

カビが生えていた服を警察に届けた被害者は、実はイ弁護士から金をもらって嘘の証言をしていた。しかしジュンスの誠意に感動して、BYグループの幹部の前で事実を告白することに。そして、ついにジュンスは挙式の日を迎える。新婦であるドヒは、新郎ジュンスが作ったドレスに身を包んでバージンロードを歩いて行く。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第87話あらすじ

コン妹弟のサプライズがきっかけで、ジュンスはドヒに正式にプロポーズをする。母親の形見のネックレスをもらったドヒは、プロポーズを承諾して結婚式を早めることに。一方、ジュヨンはヒョンソクの心を取り戻そうと、出会った頃以上にしつこくヒョンソクを追い回すが、罪悪感にかられているヒョンソクは冷たくあしらい続ける。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第86話あらすじ

悪質なネット上の噂に対抗するために、ドヒは新聞記者とインタビューをしてジュンスとの過去を全て話す。そして翌日、その記事がネット新聞に掲載されるとBYグループの全社員が2人の関係について知ることに。コン妹弟達は、そんな2人の結婚を祝うためにサプライズを用意する。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第85話あらすじ

過去の殺人事件を再審した結果、ジュンスは無罪判決を受ける。これにより、これまでジュンスを苦しめてきた殺人前科者というレッテルが剥がれることとなり、ジュンスは勿論のことヒョンソクが心から安堵する。そしてヒョンソクは弁護士事務所を開業し、 金を儲けるためではなく、貧しい人を助ける弁護をしようと決意する。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第84話あらすじ

ドヒが許してくれることを願いながら、ジュンスはBJで忠実な部下として働いていた。そんな中、イ弁護士がBYグループの大株主となる。そして緊急会議を開いてドヒの本部長解任案を提出するが...

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第83話あらすじ

工事現場の建物の上から落ちそうになったジュンスは、ヒョンソクのおかげで命拾いをする。おそろいのブレスレットを拾おうとしてジュンスが死ぬところだったと知ったドヒは、ジュンスのことを許すことはできないが新しく関係を築き直す決意をする。そしてジュンスはBYグループに履歴書を出しに行き、ドヒの判断で正社員として再び勤務することに。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第140話「追い詰められるイ・スクポン」あらすじ

太子妃は実父であるキム・ハルロに、太子 譲寧(ヤンニョン)の外出を門衛に口止めするよう頼む。その頃、狩り先にいるバンウォンはイ・スクポンが軍部内に派閥を作っていることを暗に咎め、兵曹判事(ピョンジョパンソ)の任を解く。ポン・ジリョンの訃報を聞いた譲寧は、弔いの酒宴を開いて一晩中飲み明かし、さらにならず者や芸妓を宮殿に連れ込んで浮かれ騒ぐ。そこへ話を聞いた王妃が踏み込み…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第139話「ポン・ジリョン自害」あらすじ

太子 譲寧(ヤンニョン)とポン・ジリョンが内禁衛将(ネグミジャン)らに捕まった。しかし譲寧はバンウォンの哀願にも頑なに心を閉ざし反省の色を見せない。バンウォンは憂さを晴らすため、イ・スクポンと大君(テグン)たちを連れて狩りに出ることに。しかしそれには別の目的もあった。一方、済州島(チェジュド)への流刑を言い渡されたポン・ジリョンは、運命の相手と心に決めた譲寧から引き離されたことに絶望し…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第138話「非常警戒令」あらすじ

非常警戒令が発令された。官僚たちは夜中にも関わらず宮殿へ駆けつけるが、イ・スクポンだけはある意図から欠席した。バンウォンは集まった官僚らを解散させ、政丞(チョンスン)だけを大殿(テジョン)に呼んだ。史書の記述方法についてハ・リュンに脅しをかけるためだ。太子 譲寧(ヤンニョン)もポン・ジリョンと逢い引きしていて召集に来なかった。激怒したバンウォンは内禁衛将(ネグミジャン)ら兵士たちを街に放ち…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2015年04月20日

帝王の娘スベクヒャン 第64話あらすじ

チェファを殺害したという事実を知り、激怒した武寧(ムリョン)王は、チンムに向かって剣を振り上げる。しかし、チンムの思いを聞いた武寧王は、これまでチンムが味わってきた孤独に気付き、泣き崩れた。武寧王はチンムに謹慎を命じて事件の収拾を図るが、一方のソルランは追及の手を緩めようとしなかった。
そんな中、ソルランは、王女がミョンノンの手柄を阻止するため、キムンとの同盟を妨害しようと画策していたという事実を知る。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第63話あらすじ

東城(トンソン)王殺害の罪が暴かれることを恐れたへ・ネスクが、チェファのことも殺した、と証言したマックム。それを受け、以前からチェファ殺害について調べを進めていたミョンノンは、その件に関わったであろうとして捕らえていた刺客を、王女に引き合わせた。彼らを見た王女は、その者たちが母を殺した犯人だ、と証言する。すると、ソルランは、彼らがチンムの部下であることを明かした。武寧王がチンムに問いただすと、チンムはチェファの殺害を認め…。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第62話あらすじ

王女の侍女ナウンが謎の失踪を遂げたと知った武寧(ムリョン)王は、王女を呼びナウンの行方を尋ねるが、真相は分からずじまいだった。
一方、チェファの侍女だったマックムを訪ねた王女は、ヘ・ネスクが自分を陥れようとしていると訴えてマックムの同情を買い、協力を求める。
そんな中、王宮で民の訴えを審理する行事が開かれた。その場に現れたマックムは、ヘ・ネスクがペク・カを扇動して東城(トンソン)王を殺害させたと、武寧王に証言する。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第61話あらすじ

両親を殺した黒幕がチンムであると知ったソルランは、より確かな証拠を手に入れるため、チンムの屋敷を訪れる。そこでピムンの紋章を発見したソルランは、チンムが疑わしいことをミョンノンに告げるが、ミョンノンは兄弟同然に育ったチンムを疑うことに対して、慎重になっていた。
友と信じていたソルランが自分を探っていることを知り、激怒するチンム。焦ったチンムは、配下の刺客を遠くに逃がそうとするが、それを察知したミョンノンは…。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第60話あらすじ

クチョンは、チンムからもらった数珠をソルランに渡し、その数珠の持ち主が家族のかたきであることを伝えると、息を引き取った。
ソルランは王宮に戻り、王族の事件を調査する闡庇司(チョンビサ)の職に就く。クチョンを襲った刺客の正体を探るソルランだったが、クチョンが残した数珠の持ち主がチンムであることを知り、困惑する。
そんな中、武寧(ムリョン)王は、自分に手紙を渡した男の正体が、チェファの夫であるクチョンだったと知る。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第82話あらすじ

過去の事件の取り調べが終わり、ヒョンソクは無罪で釈放されることに。しかし罪悪感により検事を辞めたヒョンソクは工事現場で仕事を始める。ジュンスも一緒に工事現場で働き始めたが、ある日現場の建物の上でドヒとおそろいのブレスレットを落としてしまう。それを拾おうとしてジュンスも一緒に落ちそうになり...。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第81話あらすじ

自首したヒョンソクは、留置所に入れられて取り調べを受けていた。ジュンスはそんなヒョンソクがいたたまれず、警察署に泊りこみで付き添うことに。そんな中、ジュンスはドヒにこれからも愛していく自信がないと告げられる。殺人者であるジュンスを受け入れて愛したドヒにとって、今回の嘘は裏切りとしか解釈できなかった。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第80話あらすじ

血の繋がらない弟のために、殺人の罪を被って10年間服役したジュンス。その事実を知ったジンジュとヒョンソクは、幼い頃ジュンスにひどい仕打ちをしたことを思い出し、申し訳ない気持ちでいっぱいになる。そしてヒョンソクは、兄の人生を取り戻すために事実を受け止める決意をして、自首をすることにする。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第79話あらすじ

事件の記憶を全て思い出したナリだが、自分が真実を告げればヒョンソクの人生を潰してしまうと考えて何も話すことができない。そんな態度を不審に思ったヒョンソクは、病院でナリに催眠治療を施してもらう。そして、ジュンスは殺人を犯していないこと、ギョンテを殺したのは自分だったことを知ってしまう。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第78話あらすじ

過去の殺人事件でジュンスが被害者を3回刺したとことを思い出したドヒは、ジュンスに正当防衛の可能性があると考えて調査を始める。それをヒョンソクに伝えたところ、3回も刺したことを知らなかったヒョンソクは...そんな中、ナリはドラマの撮影中、高校生のケンカのシーンを目撃する。その時、立てかけてある板から釘が飛び出しているのを見て、過去の殺人事件の記憶を全て思い出す。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第137話「チョ・ヨンムとアン氏」あらすじ

アン氏と一夜をともにしたチョ・ヨンムだが、アン氏が実は大殿(テジョン)の尚宮(サングン)であると知って頭を抱える。王様の女を寝取ったことになってしまったのだ。バンウォンは、史書を編さんしているハ・リュンに、王室の名誉が傷つくことは書かないように警告が必要と考える。そして太子や大君(テグン)も含めた全官僚に非常召集をかけるが、その頃譲寧(ヤンニョン)は宮殿の外でポン・ジリョンと会っていた…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第136話「慶会楼の扁額」あらすじ

太子 譲寧(ヤンニョン)のあまりの達筆ぶりにバンウォンは譲寧を見直し、今までの放蕩もすべて水に流す。譲寧は官僚たちの前でも慶会楼(キョンフェル)の扁額を書き、絶賛の言葉を浴びる。ポン・ジリョンは仁川(インチョン)に追放された。しかし護送の兵たちが帰ると、賜った絹を捨て、漢陽(ハニャン)に向けて歩き出す。政丞(チョンスン)3人が妓楼で飲んでいると、アン氏という女性が挨拶に現れる。チョ・ヨンムは彼女が独身と知り…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第135話「太子の座を捨てる決心」あらすじ

父からムチで打たれた太子 譲寧(ヤンニョン)だが、かえって吹っ切れた気持ちで太子の座を捨てる決意を王妃に語るのだった。そんな中、太子妃の懐妊が判明した。譲寧が身内への仕打ちに不満を抱いていると知ったバンウォンは、ミン・ムフェ、ミン・ムヒュルを大殿(テジョン)に呼び出す。慶会楼(キョンフェル)という楼閣が完成した。扁額の文字を譲寧に書いてほしいという官僚の求めを聞き、バンウォンは…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第134話「ボン・ジリョンを宮殿に呼び寄せる」あらすじ

バンウォンから禁足を命じられた太子 譲寧(ヤンニョン)は、ポン・ジリョンを宮殿の中に呼び寄せることに。バンウォンの2人の側室が王妃に挨拶に来るが、とうに夫に愛想を尽かしている王妃は、嫉妬どころか逆に彼女らを哀れむのだった。譲寧を見張るチェ内官(ネグァン)の密告により、ポン・ジリョンらが宮殿に入ったことがバンウォンに露見する。反省のない譲寧の態度に激怒したバンウォンは…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第133話「カン王妃の墓を破壊」あらすじ

バンウォンは、イ・ソンゲの位牌堂にカン王妃ではなく自分の実母であるハン氏の位牌を祭らせることを官僚に指示する。カン王妃の祭祀は取りやめ、墓にある石像も撤去して石橋に作り変えさせることに。朝鮮王朝建国の歴史も、時期尚早なのは承知のうえで編さんを始めるよう命じる。一方、ポン・ジリョンと一夜を過ごした太子 譲寧(ヤンニョン)は、宮殿へ戻るなり大殿(テジョン)に呼びつけられ…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2015年04月13日

帝王の娘スベクヒャン 第59話あらすじ

狩りをしていた武寧(ムリョン)王を襲撃したクチョンだったが、「王が愛する母を殺すはずがない」というソルランの言葉を思い出し、攻撃をやめて武寧王に手紙を渡す。そこには、王女が偽者であるという事実が書かれていた。しかし手紙が雪の上に落ちてにじみ、本物の王女の正体は王には伝わらなかった。
一方、王を襲った刺客を捕らえて手柄を立てたいチンムは、その刺客がクチョンだとは知らずに襲撃する。クチョンは、チェファを殺した黒幕がチンムだと気付き…。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第58話あらすじ

ついに再会を果たしたソルランとクチョン。しかし、そこにキムンの追っ手が現れ、捕らえられたソルランはスニムンの前に差し出される。だまされたと激怒するスニムンに、ソルランは、百済(ペクチェ)との和平がキムンのためになることを誠心誠意説明した。百済からはミョンノンも駆けつけ、心動かされたスニムンは、ついに百済との同盟を承諾する。
ミョンノンと帰途についたソルランだったが、そっと抜け出してクチョンのもとへと向かう。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第57話あらすじ

盗賊を討伐することを条件に、キムンは百済(ペクチェ)と同盟を結ぶ。キムンに潜入していたピムンが帰国する中、スニムンに気に入られているソルランは、すぐに百済に戻ることができなかった。
一方、武寧(ムリョン)王の暗殺を諦めたクチョンは、高句麗(コグリョ)の刺客から足を洗い、百済を去る。
チンムを王位に就けるため、ミョンノンの活躍を快く思わないソルヒは、スニムンに密偵の存在をほのめかすことで、同盟を破談にさせようとたくらんでいた。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第56話あらすじ

武寧(ムリョン)王からの親書に憤慨するスニムンを、何とかなだめようとするソルラン。強情な態度を必死でいさめるソルランの姿に、スニムンは亡き妹の姿を重ねていた。
そんな中、ソルランは、家族を殺した盗賊を討伐してほしいと、スニムンに願い出た。ソルランはスニムンを外に連れ出し、盗賊に襲われて悲惨な暮らしを強いられている民の姿を見せた。現状を目の当たりにしたスニムンは、親書の返事を武寧王に送り届ける。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第55話あらすじ

王女として武寧(ムリョン)王のそばにいるソルヒの姿を見て、クチョンは驚がくする。
一方、スニムンの亡くなった妹への強い思いを知ったソルランは、妹のように舞を踊り、スニムンの心をつかむことに成功した。そこに、武寧王の親書を携えたミョンノンがやって来る。ソルランの舞に見入り、ミョンノンのことを出迎えようともしないスニムン。王宮に入り自らスニムンを探していたミョンノンは、スニムンがソルランの手を取り、親しげにする様子を目にし…。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第77話あらすじ

会長に呼び出されたジュンスは、ドヒの前から消えるようにと言われる。しかしジュンスは、消えることはできないが許可が下りるまでドヒとは会わないと告げる。それを聞いたドヒは、会長に直談判しに行くことに。一方、ジュヨンはヒョンソクのことが忘れられずに酒びたりな日々を過ごしていた。そんなある日、酔った状態で家に帰るつもりが無意識に検察庁の前まで行ってしまい...

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第76話あらすじ

別人の様に態度が急変したジュヨンに対して、ドヒやジンジュは怒りを抑えられない。又、会長やジュヨンの父親も政略結婚は認めないと断固反対する。唯一、イ弁護士の財力に目が眩んだインスクが大賛成するが...そんな中、別れを突き付けられたヒョンソクは、どうしてもジュヨンに対する未練を捨てられずに苦しんでいた。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第75話あらすじ

原点に立ち返るため、ジュンスは再び市場で荷物運びの仕事を始める。一方、ジュヨンはヒョンソクが殺人に関与した事実を伏せるため、イ弁護士と結婚することを承諾する。 気持ちが変わったと嘘をついてヒョンソクに別れを突き付けたジュヨンは、その日の夜にイ弁護士と結婚すると家族に宣言する。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第74話あらすじ

殺人の前科があることを、自ら会長に打ち明けたジュンス。それを知った会長は衝撃を受けてジュンスの海外研修を取り辞めたあげく、会社を辞めるように促す。一方イ弁護士はジュヨンに、ジュンスが起こした殺人事件の分析表を見せる。そこには、ジュンス一人では殺人を犯せないという物質的な証拠が記されていた。もう一人の犯人がヒョンソクだと確信したジュヨンは...

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第73話あらすじ

交際を反対されて追いつめられたジュヨンは、インスクの了承を得ずに入籍しようとヒョンソクに提案するが一蹴される。そんな中、ジュンスは会社で会長に呼ばれて、ドヒとの結婚を勧められる。衝撃を受けたジュンスは、これ以上過去を隠してはおけないと思い、殺人の前科があることを自分から打ち明けてしまう。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第72話あらすじ

ジュンスとドヒを引き離すために、ドヒの父親はジュンスがイギリスに研修に行った後、南アフリカに行けと指示する。一方、監視員を説得してヒョンソクに会いに行ったジュヨンだが、その姿をまた何者かに携帯で写真を取られ、インスクに送られてしまう。インスクはジュヨンに、ヒョンソクと別れないならば一緒に死ぬと言い渡す。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第132話「太子、ポン・ジリョンに出会う」あらすじ

ミン兄弟は、あの世で会ったら恨みを晴らす、とバンウォンに遺言を残して服毒自殺した。
バンウォンは王妃の代わりとする新たな側室を輿入れさせるが、婚礼の儀に参列した官僚たちは、自害したミン兄弟や傷心のあまり寝込んでいる王妃のことを考え、浮かない顔だ。その頃、宮殿の外でならず者たちと遊んでいた太子 譲寧(ヤンニョン)は、街の旅籠(はたご)でポン・ジリョンという芸妓と出会う。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第131話「自決命令」あらすじ

大殿(テジョン)に集まった政丞(チョンスン)たちに、バンウォンは臺諫(テガン)からの上書をもとにミン兄弟を極刑に処すと宣言。自害の王命を下し、毒薬と絹のひもを携えた内禁衛将(ネグミジャン)たちを済州島(チェジュド)に送る。
知らせを聞いた王妃は大殿に駆け込み、誰のお陰で王になれたのかと威圧的な態度で命令を撤回させようとする。王妃の常軌を逸した剣幕に、バンウォンは王妃の廃位を提案し、議政府(ウィジョンブ)で議論させるが…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第130話「ミン兄弟 済州島へ」あらすじ

ミン兄弟は、ミン・ジェの葬儀が終わるやいなや済州島(チェジュド)に送られる。父の非道さにやりきれない思いの太子 譲寧(ヤンニョン)は、師匠たちを無理やり巻き込んで、東宮殿(トングンジョン)で乱痴気騒ぎを始める。密告を受けたバンウォンが東宮殿に踏み込むと、譲寧はミン兄弟の処罰に対する不満をぶつける。国のため、太子のために心を鬼にして下した決断を当の太子が理解しないことに焦れたバンウォンは…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第129話「ミン・ジェの弔問」あらすじ

ミン・ジェが亡くなったが、バンウォンの目を恐れる官僚たちは罪人を出したミン家への弔問を控える。ミン・ジェと親しいハ・リュンと、ミン兄弟の無実を公言するイ・ジソンだけが弔問に訪れた。官僚たちは2人の行為を重く見て、処罰するよう上書することに。弔問に来たバンウォンはミン兄弟に反省の言葉を求めるが、ミン・ムジルが恨み言を漏らしたため、2人を見限り…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第128話「イ・ファ死亡」あらすじ

大君(テグン)たちの懇願と都承旨(トスンジ)の説得に負けたバンウォンは、ミン兄弟を一時的に都に呼び戻す。
彼らの処罰を担当したイ・ファは、議政府(ウィジョンブ)の会議で2人を許すべきではないと強く主張。興奮して席を立つが、そのまま胸を押さえて倒れあっけなく死亡する。一夜明けても帰らない太子 譲寧(ヤンニョン)を心配し、王妃は人を出して捜させる。その頃、ミン・ジェは戻ってきた息子たちに意外な言葉をかけ…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第127話「ミン・ジェ危篤」あらすじ

とうとうイ・ソンゲが逝去した。バンウォンは過去を悔やみ、金泥(きんでい)の写経を捧げるなど、誠意の限りを尽くす。
一方ミン・ジェは病身をおして幾度もイ・ソンゲを追悼したため、無理がたたって危篤状態に陥ってしまう。見舞いに駆けつけた王妃は、ミン・ジェが息子たちの名を呼ぶのを聞き、バンウォンに弟を流刑地から呼び戻し、父の最期を看取らせてやるよう直談判するが…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2015年04月06日

帝王の娘スベクヒャン 第54話あらすじ

チンムに連れられて王宮の見物にやって来たクチョンは、王宮内の構造や王の移動経路をくまなく把握する。
一方、密偵としてキムンに潜入しているソルランは、スニムンに首をつって死んだ妹がいることを知る。
そんな中、荷車に忍び込んで王宮に潜り込んだクチョンは、見張りの兵士を捕らえて入れ替わることに成功した。そして、武寧(ムリョン)王に近付き、切りかかろうとしたその時、王が王女を呼んだ。王女の顔を見たクチョンは、体が凍り付き…。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第53話あらすじ

キムンに潜入したソルランは、「カヒ」という名で寝殿の女官となり、スニムンに接近することに成功する。
一方、侍女ナウンの態度は日に日に大きくなり、ソルヒへの侮辱もエスカレートしていた。
そんな中、我慢の限界に達したソルヒは、とうとうナウンを殺害してしまう。その現場に居合わせたチンムは、ぼう然とする王女の体についた血を拭き取った。そして、ナウンが王室の金を盗んで失踪したことにするよう、王女に助言する。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第52話あらすじ

実の兄妹であるという真相が明かされてミョンノンが傷つくことを恐れたソルランは、密偵としてキムンに行くことを決意する。
出発の日、ソルランは、ソルヒの正体が発覚することを懸念しながら百済(ペクチェ)を後にした。
一方のソルヒは、これで真相を知る者はいなくなったと安堵(あんど)する。しかし、侍女ナウンに、ソルランこそが本物の王女だと指摘され、武寧(ムリョン)王への口止め料を要求される。ソルヒは、側近の突然の裏切りに、窮地に陥っていた。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第71話あらすじ

1年間の海外研修に出発する日が近づくジュンスは、残された時間を惜しむように暇さえあればドヒや弟妹達に会いに行く。一方インスクは、ジュヨンとヒョンソクを別れさせるために、ジュヨンに監視員をつけてヒョンソクに会いに行けないようにする。家で携帯も没収されたジュヨンは...

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第70話あらすじ

ドヒが室長から総括本部長に昇進することになる。これはドヒの父親がジュンスに、ドヒとの立場の差を分からせようとして提案したものだった。一方、インスクの目を盗んでヒョンソクに会いに行ったジュヨン。しかし、2人で親しげに話しているところを何者かが携帯で撮影し、匿名でインスクに送る。ジュヨンの交際相手が貧しい家庭の検事だと知ったインスクは、直接ヒョンソクに会いに行き娘と別れるようにと言い渡す。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

おバカちゃん注意報 第69話あらすじ

殺人事件の再審を要求するために、ヒョンソクは再度調査を始めた。それを知ったジュンスは、ドヒと前に進むために過去を掘り返さないでほしいとヒョンソクに頼む。一方、海外研修に行くジュンスを安心させるために、チョルスと母親は一時的にジンジュの家に戻ることにする。

以前・以後のあらすじは、おバカちゃん注意報:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

オーロラ姫 第80話あらすじ(最終回)

ロラとソリに息子ムビンが授かり、グクとアンナは孫の面倒を見ながら幸せな毎日を送っていた。
そんなある日、シモンが、ジャモンとデパートへ行くと、トイレで子どもを連れたロラに遭遇する。すると、その子どもは、ママとうり二つだった。
ロラがママの子を隠していたのではないかと疑ったシモンは、ロラを呼びつける。DNA鑑定をしてほしいというシモンの頼みを、ロラが断ったことで、ムビンがママの子だと確信したシモンだったが…。

以前・以後のあらすじは、オーロラ姫:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

オーロラ姫 第79話あらすじ

3人の米国への移住計画は、ロラの策略だと思い込んでいるシモンは、直談判をするため、酔ってソル家に乗り込む。ソリの世話係にするためにママを育てたのではないと、ソリの父に因縁をつけるシモン。そこに、ママが事故に遭い、ケガをしたとの連絡が入った。病院に駆けつけたシモンの目に入ってきたのは、傷だらけで横たわるママの姿だった。
ママがこの世を去ったことを受け入れられないシモンは、ママの寝室で自殺を図る。

以前・以後のあらすじは、オーロラ姫:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

オーロラ姫 第78話あらすじ

ミモンから紹介したい人がいると言われたシモンは、それが意中のカメラマン、ペク・トとも知らず、妹を冷やかす。
米国へ出発する日を迎えた、ソリとロラとママ。しかし運悪く、空港でママとロラのツーショット写真をファンに撮られ、ネットにアップされてしまう。その記事を偶然目にした三姉妹は、出国をやめさせようとママに電話をするが、つながらない。空港に駆けつけたシモンたちは、ソリとロラとママの前に、怒りの形相で現れた。

以前・以後のあらすじは、オーロラ姫:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第126話「イ・ソンゲの最期」あらすじ

イ・ソンゲは再び危篤になる。バンウォンは太子 譲寧(ヤンニョン)が明(みん)から戻るまでもちこたえてもらおうと、出家の際に行われる燃臂(ヨンビ)という儀式をする。一方ミン・ジェも重篤な状態にあるが、流刑にされた息子たちの行く末が気がかりで、死ぬに死ねない心境でいた。譲寧はイ・ソンゲの息があるうちに戻ってきた。イ・ソンゲは一瞬 意識を取り戻して明の様子を聞くが、再び昏睡状態に…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第125話「太子、皇帝と謁見 忠寧結婚」あらすじ

中風(ちゅうふう)が再発したイ・ソンゲは、生死の境をさまよう。死ぬ前に何とか三男 忠寧(チュンニョン)の結婚式を見せようと、忠寧の結婚準備が急ぎで進められる。明の永楽(えいらく)帝と謁見した太子 譲寧(ヤンニョン)は、朝鮮に過度な要求をしないよう直言し、皇帝の脅しにも屈せず堂々と渡り合う。一方イ・ファが領議政(ヨンイジョン)を辞任した。後任の領議政に任命されたハ・リュンだったが…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第124話「太子、明へ」あらすじ

バンウォンは譲寧(ヤンニョン)が自分に反抗していると気づき、頭を抱える。一方、流刑にされた息子たちの命を救いたいミン・ジェは、彼らをさらに遠方へ飛ばすよう上書する。バンウォンは2人をそれぞれ別の遠地へ送ることに。外国に行き見聞を広めさせるため、バンウォンは譲寧を使臣として明(みん)に送る。そして孝寧(ヒョリョン)が婚礼を挙げているところへ、急報が入った

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

天使の罠 第103話「絶望と欲望」あらすじ(最終回)

自らが起こした事故で記憶を失った母タルリョの姿に、犯した過ちの大きさを思い知ったテジョンは、ついに自首をする。
ジソクは、母親であるジュリア代表とともに、渡米することを決心する。ジュリア代表は、ジソクを引き留めるよう、ぎりぎりまでソニュを説得するが…。

以前・以後のあらすじは、天使の罠:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

天使の罠 第102話「復讐の代償」あらすじ

全てが終わったことを報告するため、ソニュはジニュの納骨堂を訪れる。
一方、移送中に警察署から逃走したテジョンは、自分を陥れたソニュに復しゅうしようとしていた。そして納骨堂から出てきたソニュに向かって、猛スピードで車を走らせる。
その時、目の前にタルリョが飛び出して来て…。

以前・以後のあらすじは、天使の罠:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

天使の罠 第101話「暴かれた罪」あらすじ

テジョンのエル食品会長就任式の日、過去の罪が全て暴かれたテジョンは、ついに逮捕される。
エル食品が次期会長人事で揺れる中、ジュリア代表は、自分と一緒にアメリカに来ないか、とジソクに提案する。
そんな中、ソニュはジソクを思い出のレストランに呼び出した。

以前・以後のあらすじは、天使の罠:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2015年04月01日

帝王の娘スベクヒャン 第51話あらすじ

チェファがよく歌っていた歌を、口ずさむソルラン。そこに武寧(ムリョン)王が通りかかり、なぜその歌を知っているのか尋ねるが、ソルランは自分が本物のスベクヒャンであることを王に告げられない。
そんな中、王女は自ら宝飾品を売って飢えに苦しむ民にかゆをほどこし、人々の歓心を買う。そんなソルヒをなおも許すことができないソルラン。しかし、百済(ペクチェ)から去らないとミョンノンに真実を話すかもしれない、というソルヒの言葉にソルランは…。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第50話あらすじ

ソルランはチェファの縫った産着を持って、ソルヒの部屋を訪ねた。王女になるために家族を裏切ったとソルヒを問い詰め、今すぐ事実を公表するというソルラン。しかし、真実を明かせばソルランとミョンノンが実の兄妹ということが周囲に知れ渡る、というソルヒの言葉に、ソルランは戸惑いを隠せない。
そんな中、トリムはソルランにキムンへの密偵を任せようとする。しかし、ソルランは百済(ペクチェ)を離れることはできないと言う。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第49話あらすじ

マックムに会ったソルランは、自らをチェファの無実を調査する役人だと偽って、マックムから話を聞き出そうとする。ソルランに心を許したマックムは、加林(カリム)までソルランを連れて行くことに。
ペク・カの屋敷跡に到着すると、マックムは、チェファが託したものが埋まっているという木の下を掘り始めた。そこには、チェファが縫った産着が埋められていた。そして、ついにソルランは、自分こそが武寧(ムリョン)王とチェファの間に生まれた王女だと知る。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第48話あらすじ

ついにマックムを知る者に会ったソルランは、マックムが現れる場所と日時を聞き出すことに成功する。
一方、チンムもまた、マックムの行方を捜し始めていた。
そんな中、ヘ・ネスクとトリムは、女官の一人がつけていた黒玉の指輪に王女が関心を示したことについて詳しく聞きだそうと、王女の侍女・ナウンを懿花園(ウィファウォン)に呼びつけた。ナウンは、黒い指輪は王女のもので、さらに何かを依頼するために王女が裏で人を雇った、と証言する。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第47話あらすじ

サドの遺品の中にあった黒玉の指輪の出所を調べ始めたトリムは、同じ指輪を10個作らせ、それを女官たちに配った。
王女とチンムが親しく話しているのを目撃した武寧(ムリョン)王は、チンムを呼びつけ、王女とは二度と個人的に会ってはならないと言い渡す。しかし、武寧王の厳しい態度に反発したチンムは、王女を利用して王位に就こうと決意する。
一方、ソルヒは、サドに与えた黒玉の指輪を女官が着けているのを知り、トリムのもとを訪れた。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

帝王の娘スベクヒャン 第46話あらすじ

太子妃には良家の娘がふさわしいと考え、ミョンノンへの思いを断ち切ろうとするソルラン。しかし、本気ならばたとえ身分の合わない女性であっても反対しない、という武寧(ムリョン)王の言葉を受けて、ミョンノンは自分の思いをソルランに伝え、ソルランもまた、ミョンノンに対して自分の本当の気持ちを告白した。
一方、ソルランがペク・カの使用人だったマックムのことを、秘密裏に調べていたことを知ったソルヒは、衝撃を受ける。

以前・以後のあらすじは、帝王の娘スベクヒャン:韓国ドラマあらすじ極から見れます。