【スポンサードリンク】

« 龍の涙 第65話「八つ裂きの刑」あらすじ | メイン | 龍の涙 第67話「開京遷都」あらすじ »

2015年01月12日

龍の涙 第66話「バングァの息子が出家」あらすじ

バンウォンは功臣たちに開京(ケギョン)遷都の案を話し、開京では功臣たちを重用し、政治体制も刷新して団結を図ると告げる。まだ権力奪回を諦めていないバンガンは、イ・ソンゲに取り入るため息子のメンジョンを会いに行かせる。一方バングァは側室の子供たちを離れに移し、仏門に帰依させたバングァだったが、ミン氏がまだ彼らを警戒していることを知ると…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/34193