【スポンサードリンク】

« 百年の花嫁 第20話「めぐり逢い」あらすじ(最終回) | メイン | 根の深い木 第12話「継言山」あらすじ »

2014年12月31日

根の深い木 第11話「人体解剖」あらすじ

イ・ドは、カリオンを呼び出して酒を酌み交わし、発音の原理を探るために遺体の口とのどを解剖してほしい、と依頼する。
そんな中、北方からイ・バンジの使いがトルボクを訪ねて来る。しかし、トルボクと話す間もなく、密本(ミルボン)の一味に殺害されてしまう。
その後、カン・チェユンは、イ・バンジが密本の初代本元チョン・ドジョンの護衛武士だったことを知る。バンジはドジョンが死んだ日の夜、「密本之書(ミルボンジソ)」を持って姿を消したのだった。
一方、カリオンと名乗っていた、密本の第3代本元チョン・ギジュンは、全国から会員を集めて決起集会を開くが、元老たちから活動に加わる条件として、「密本之書」を求められる。

以前・以後のあらすじは、根の深い木:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/34125