【スポンサードリンク】

« 雪の女王 第11話「ドックの秘密」あらすじ | メイン | 雪の女王 第13話「運命の約束」あらすじ »

2014年03月19日

雪の女王 第12話「あかされた正体」あらすじ

兄にハン・テウンという親友がいたことを知り、彼に興味を抱くボラ。ゴヌはボラのため、テウンについて調べていくうちに、ついにドックがテウンであることを突き止めてしまう。ドックはその事実を認めつつも、硬く口止めするのだった。一方のボラもテウンの消息を知るため、兄の同級生だったジヘを訪れる。テウンに会いたいと願うボラに、全ての事情を知るジヘは、苦しみ続けている彼を探さないでほしいと頼むしかないのだった。ちょうどその時、ジヘを訪ねようとしていたドック。ジヘの機転でなんとかボラとの対面は免れたものの、その夜、ジムに戻るとボラからの急な電話で呼び出される。酔いつぶれた彼女は、今日テウンという人に会ったのだと言う---。

以前・以後のあらすじは、雪の女王 韓国ドラマデータベースから見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/30416