【スポンサードリンク】

« 雪の女王 第10話「悲しい嘘」あらすじ | メイン | 雪の女王 第12話「あかされた正体」あらすじ »

2014年03月19日

雪の女王 第11話「ドックの秘密」あらすじ

ドックに振られたボラは、傷心のあまり体調を崩していた。家政婦の娘、ドンナムはそのことをドックに知らせるが、顔すら見せようとしない。平静を装い、課題の論文に取り組むドック。その質の高い論文は教授を驚かせ、後日行われる学内のセミナーで発表することを勧められる。教授を訪れたその日、ドックは、ジョンギュの好きだったバッハの演奏会を訪れ、そこで偶然ボラに出会う。黙ったまま見つめ合う二人。耐え切れず飛び出したボラは、追いかけてきたドックに、好きになったことは少しも後悔していないと告げる。一方、別れてもボラが気になるゴヌは、兄の親友だったという「ハン・テウン」について調べ始めていた---。

以前・以後のあらすじは、雪の女王 韓国ドラマデータベースから見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/30415