【スポンサードリンク】

« 雪の女王 第01話「運命の出会い」あらすじ | メイン | 雪の女王 第03話「母の消息」あらすじ »

2014年03月19日

雪の女王 第02話「すずらんの花言葉」あらすじ

時は2006年、ハン・テウンは本名を捨て、ハン・ドックと名乗りボクシングジムに通っている。友人のチュンシクの見舞いに訪れたドックは、病院でボラという女性が自殺をほのめかして取り乱している場面に出くわす。自殺したいなら頚動脈を切れ、というドッグの言葉にボラは冷静さを取り戻す。その後、チュンシクは退院し、デパートの靴屋で販売員として働いていたが、客として来ていたボラを怒らせたためクビにされてしまう。彼女はそのデパートの会長令嬢だったのだ。その一件に怒ったドックは直訴に向かうが、お嬢様のわがままに巻き込まれるはめに。美人で気高くもどこか危うげで寂しそうなボラ。そんな彼女をドックは次第に放っておけなくなっていく--

以前・以後のあらすじは、雪の女王 韓国ドラマデータベースから見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/30406