【スポンサードリンク】

« 福寿草 第70話「密会の真相」あらすじ | メイン | かぼちゃの花の純情 第54話「ミンスとジュンソン」あらすじ »

2013年10月12日

どれだけ好きなの 第66話あらすじ(最終回)

取調べ中のマンボクは、16年前の船舶事故についても供述し、長年抱えた胸のつかえが下りた。
そのころ、ピルドゥは体が砕けるほどの激痛と死への恐怖に襲われ、家族らはピルドゥに最期の時が迫っていることを悟っていた。その後、ピルドゥは、莞島(ワンド)の妻の墓前で静かに息を引き取る。
数年後、刑期を終えたマンボクは妻に支えられ社会に復帰した。ソ家は念願だった一戸建てに引越し、オクシムはドンス夫婦と平穏な日々を過ごしていた。

以前・以後のあらすじは、どれだけ好きなの 韓国ドラマデータベースから見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/24932