【スポンサードリンク】

2015年05月26日

龍の涙 第159話「太宗の雨」あらすじ(最終回)

大妃(テビ)が亡くなって2年、バンウォンは中風(ちゅうふう)の上に皮膚病も患って表舞台には姿を現さなくなっていた。忠寧(チュンニョン)は自ら国政を執り、集賢殿(チッピョンジョン)を強化して学者たちの育成を図るなど順調に泰平の世を築いていたが、ここへきて深刻な干ばつに見舞われていた。干ばつは過去に自分が犯した罪のせいだと考えたバンウォンは、この世で最後の善行として、病身をおして過酷な雨乞いの儀式を行う…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2015年05月25日

龍の涙 第158話「ミン氏の最期」あらすじ

朝鮮軍は対馬征伐に成功し、島首 宗貞盛(そうさだもり)を捕らえる。軍の凱旋にバンウォンが喜んでいる頃、長く寝ついていたバングァがついに帰らぬ人となる。倭寇を討伐して国境も安定し、忠寧(チュンニョン)もしっかりと国を導いているのを見て、自分の時代の終焉を感じ取るバンウォン。自らも中風(ちゅうふう)を患っていたが、それを隠して大妃(テビ)の療養先へ向かう。枕元で過去の許しを請うバンウォンに、大妃は…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第157話「対馬へ」あらすじ

シム・オンは渡された毒薬を飲み命を絶ったが、恨み多きパク・ウン一族とは今後婚姻関係を結ばないようにと遺言を残す。その頃、広州(クァンジュ)の譲寧(ヤンニョン)は妓楼通いにも飽き、監視の目を盗んで全国行脚に出ることに。譲寧が姿をくらましたと聞いたバンウォンは全国に触れを出して探させる。折しも朝鮮はひどい干ばつに見舞われ、忠寧(チュンニョン)は対応に苦慮していた。民の窮状を見た譲寧は…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第156話「譲寧、広州を抜け出す」あらすじ

シム・オンは渡された毒薬を飲み命を絶ったが、恨み多きパク・ウン一族とは今後婚姻関係を結ばないようにと遺言を残す。その頃、広州(クァンジュ)の譲寧(ヤンニョン)は妓楼通いにも飽き、監視の目を盗んで全国行脚に出ることに。譲寧が姿をくらましたと聞いたバンウォンは全国に触れを出して探させる。折しも朝鮮はひどい干ばつに見舞われ、忠寧(チュンニョン)は対応に苦慮していた。民の窮状を見た譲寧は…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

龍の涙 第155話「シム・オンの末路」あらすじ

強い王権を示して王の地位を盤石にしたいというバンウォンの考えから、忠寧(チュンニョン)は仕方なく王妃の家族の身分を奴婢に落とすよう王命を下す。明(みん)から戻ってくる途中で捕らえられ、都に連行されてきたシム・オンは、早速ユ・ジョンヒョンらから尋問される。罪を真っ向から否定したシム・オンは拷問を受けるが、拷問を主導しているパク・ウンは夜中にバンウォンのもとへ向かい…。

以前・以後のあらすじは、龍の涙:韓国ドラマあらすじ極から見れます。